グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > プレスリリース

プレスリリース

2017.12.08
「大腸分泌系上皮細胞の可塑性による新たな組織再生・腫瘍発生機構を解明」【岡本隆一 教授】
2017.12.07
「小児の難治性腫瘍 神経芽腫におけるDNA損傷修復機構の異常を発見し、PARP阻害剤オラパリブによる治療の可能性を示しました。これを受けて難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にオラパリブ錠の安全性を確認する第Ⅰ相試験を世界で初めて実施します。」【高木正稔 准教授】
2017.12.04
「自己炎症性疾患の原因となるインフラマソーム活性化を制御する新たな分子機構の発見」【鈴木志穂 助教、鈴木敏彦 教授】
2017.12.04
「超分子構造ポリマーを利用したライソゾーム病治療薬の開発」【田村篤志 助教、由井伸彦 教授】
2017.12.01
「発達期病態が脊髄小脳失調症の発症後予後に関与する」【岡澤均 教授】
2017.11.24
「“エレクトロニクスフリー”な人工膵臓を開発」【松元亮 准教授】
2017.11.21
「口腔EBウイルス陽性高悪性度B細胞腫瘍は予後良好であることを証明」【山本浩平 助教】
2017.11.17
「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の新たな病態メカニズムの解明」【小川佳宏 教授】
2017.11.08
東京医科歯科大学歯学部附属病院「超高齢社会を支える歯科衛生士をもっと現場に!」
2017.11.07
東京医科歯科大学発バイオベンチャー 「株式会社ブレイゾン・セラピューティクス」の設立について
2017.10.26
「遺伝子改変マウス(Sox10-Venusマウス)を用いた簡便なオリゴデンドロサイト(OPC)分化解析手法の開発」【赤澤智宏 教授】
2017.10.24
「グルコース濃度に応答して血中から脳内に薬剤を届けるナノマシンを開発」【横田隆徳 教授】
2017.10.18
「炎症性腸疾患発症感受性が高い新たなモデルマウスを樹立」【木村彰方 教授】
2017.10.18
「バセドウ病の再発を高精度に予測する新しいバイオマーカーを発見」【橋本貢士 准教授】
2017.10.17
「多発性骨髄腫治療薬のボルテゾミブは腎臓の線維化を抑制する」【森崇寧 助教】
2017.10.12
「免疫賦活化効果を高めた核酸を用いたワクチンの開発」【位髙啓史 教授】
2017.10.12
「フルオロアルケンの簡便合成を実現」【細谷孝充 教授】
2017.10.11
「複雑なジアリールエーテル類の新しい合成法の開発」【細谷孝充 教授】
2017.09.20
「鼓膜の発生過程が従来の理解と異なることを発見」【武智正樹 テニュアトラック助教】
2017.09.20
「なぜニューロンは増えないのか?」【味岡逸樹 准教授】
2017.09.13
東京医科歯科大学医学部附属病院 がん患者の血液サンプルのみによる73のがん網羅的遺伝子検査を国内で初めて実施。痛みのない迅速ながん医療に一助
2017.09.08
「世界初、宇宙空間でμg から1g を可変できる実験環境"MARS"が完成」【浅原弘嗣 教授、篠原正浩 講師】
2017.08.31
「胎生期栄養環境が肝臓の絶食応答に影響を及ぼすことを発見」【佐藤憲子 准教授】
2017.08.29
「日本人における咽頭扁桃、口蓋扁桃の気道占有率(年齢区分別横断調査)」【石田宝義 助教、小野卓史 教授】
2017.08.28
「矯正歯科治療において歯の移動の新たな鍵となる細胞を同定」【森山啓司 教授、中島友紀 教授】
2017.08.24
「筋萎縮性側索硬化症に似た症状をグリア細胞の異常が引き起こす機序を解明」【田中光一 教授】
2017.08.16
「日本人に多い上大静脈起源の心房細動の遺伝的リスク因子を世界で初めて同定」【江花有亮 講師】
2017.08.10
「小頭症・小脳脳幹部低形成 (MICPCH)を伴う発達遅滞の包括的解析」【稲澤譲治 教授】
2017.08.04
「概日リズムや運動を制御する神経細胞内で働く遺伝子を同定」【仁科博史 教授】
2017.08.02
「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」【石川俊平 教授】
2017.08.02
「オートファジーが腸上皮幹細胞維持と腸再生に必要不可欠なことを発見」【樗木俊聡 教授】
2017.07.31
「自家滑膜幹細胞の半月板損傷を対象とする医師主導治験」開始のお知らせ【関矢一郎 教授】
2017.07.27
難治性小児悪性固形腫瘍患者を対象にPARP阻害剤オラパリブ錠の安全性を確認する医師主導治験(第Ⅰ相試験)を開始します 【高木正稔 准教授】
2017.07.14
「東京医科歯科大学とヤマハ株式会社が医療分野での包括連携協定を締結」
2017.07.14
「3つの異なる置換基を有するホスフィンオキシド類の合成法の開発」【細谷孝充 教授】
2017.07.07
「エイズウイルスの感染成立に重要な宿主タンパク質を発見」【武内寛明 助教、山岡昇司 教授】
2017.07.06
「損傷した肝細胞を排除する仕組みを発見」【仁科博史 教授、宮村憲央 助教】
2017.07.06
「侵襲性歯周炎患者における「NOD2」遺伝子変異の同定」【和泉雄一 教授、田中敏博 教授】
2017.07.06
「間葉系幹細胞の新鮮純化可能な細胞表面マーカーを同定」【赤澤智宏 教授】
2017.07.05
「食欲を抑え、熱産生を高めて末梢組織の糖利用を促進する神経細胞を発見」【小川佳宏 教授】
2017.06.23
「がん転移に深くかかわる上皮間葉転換を制御するマイクロRNAの機能を解明」【稲澤譲治 教授】
2017.06.19
「マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明」【小野卓史 教授、中島友紀 教授】
2017.06.14
「オートファジー細胞死の生体での役割」【清水重臣 教授】
2017.06.09
「まれな原発性免疫不全症に対する造血幹細胞移植の有効性と問題点を解明」【森尾友宏 教授】
2017.05.17
「がん悪化や炎症を主導するマクロファージの源となる細胞を発見」【樗木俊聡 教授 】
2017.05.10
脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場の開発【味岡逸樹 准教授】
2017.04.26
「人工知能を用いた病理画像解析で国際コンペティションで入賞」【石川俊平 教授】
2017.04.20
「塩分負荷が腎臓の近位尿細管細胞のインターフェロンγ誘導性の免疫応答を抑制する」【蘇原映誠 准教授】
2017.04.20
「インフルエンザウイルスを高感度かつ選択的に検出する導電性プラスチックの開発」【合田達郎 助教】
2017.04.18
「骨格筋の形成・肥大にNa-K-Cl共輸送体(NKCC)が関与」【内田信一 教授】
2017.04.18
「心房細動に関わる新しい遺伝子マーカ―を同定」【田中敏博 教授】
2017.04.13
「皮膚から採取可能な線維芽細胞の眼球壁への移植により、近視進行を抑える」【吉田武史 講師】
2017.04.10
「細胞間コミュニケーションを制御する新しい分子メカニズムを解明」【白壁恭子 准教授】
2017.03.30
「血圧制御因子WNK4が脂肪組織では脂肪細胞の分化を制御する」【内田信一 教授】
2017.03.28
「急性リンパ性白血病におけるL-アスパラギナーゼ投与時のオートファジー作用の解明」【稲澤譲治 教授】
2017.03.28
「新たな研究手法開発によりがん抑制microRNA-34aの標的遺伝子を同定」【浅原弘嗣 教授】
2017.03.24
「異なる2つの神経難病、筋萎縮性側索硬化症と脊髄小脳変性症に共通した全く新しい治療標的を発見」【石川欽也 教授】
2017.03.17
「既存の薬剤が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に有効であることをマウスにおいて確認」【小川佳宏 教授】
2017.03.15
「肝臓内の細胞間接着・接触が糖代謝異常を引き起こすメカニズムを発見」【小川佳宏 教授】
2017.03.10
東京医科歯科大学、分野別QS世界大学ランキング2017 歯学分野で日本第1位、世界第3位の高評価 医学分野でも日本第4位の高い評価
2017.03.10
東京医科歯科大学がWorld’s Best Small Universities 2017(世界最高の小規模大学ランキング)で日本第1位、世界第17位に選出
2017.03.01
「がんが生体内で治療抵抗性を獲得するメカニズムを解明」【田中真二 教授】
2017.02.27
「肝がん変異遺伝子ARID2による発がんメカニズムを解明 」【田中真二 教授】
2017.02.24
「強固な炭素ー炭素結合の開裂を経る合成中間体「アライン」発生法の開発」【細谷孝充 教授】
2017.02.07
「癌再発に深く関わる癌幹細胞が診断薬5-ALAによる検出を免れる特性を発見」【田賀哲也教授 椨 康一助教】
2017.02.03
「Y染色体遺伝子Zfy1、Zfy2の精子形成における相補的で多段階にわたる機能を解明」【淺原弘嗣 教授】
2017.01.30
「転写因子Mkxの歯根膜における機能解明」【浅原弘嗣 教授】
2017.01.17
「希少細胞である好塩基球によるアレルギー誘導の謎が解けた!」【烏山一 教授】
2017.01.11
「35日間の長期飼育で骨や筋肉の量が顕著に減少」【浅原弘嗣 教授、篠原正浩 講師】
2017.01.04
「マクロファージがつくる不飽和脂肪酸が、炎症を収めるのに重要であることを発見」【大石由美子 准教授】
2016.12.22
「水素イオンセンサーを用いて生体膜のバリア性を評価する新手法の開発」【合田達郎 助教】
2016.12.09
「エクソソーム中のマイクロRNAを介したがん転移機序の解明」【稲澤譲治 教授】
2016.12.07
「2つの新たな原発性免疫不全症:TNFAIP3変異による自己免疫性リンパ増殖症候群とIKZF1変異による自己免疫疾患を伴う無ガンマグロブリン血症を発見」【森尾友宏 教授】
2016.11.29
「腎臓において尿濃縮に重要な水チャネルをWnt5aが活性化する」【内田信一 教授】
2016.11.25
「発生初期の器官形成の鍵となる組織の分化に必要な代謝経路の解明」【仁科博史 教授】
2016.11.18
「オートファジーによる中心体数制御」【清水重臣 教授】
2016.11.11
「タンパク質合成の場であるリボソームを2つの作用で制御する遺伝子を発見」【大島茂 助教】
2016.11.11
「潰瘍性大腸炎の体外モデル作成に成功」【土屋輝一郎 准教授】
2016.10.28
「摂りすぎたカリウムを腎臓がすぐに尿に排出する仕組みを発見」【内田信一 教授】
2016.10.28
「アレルギー炎症を引き起こす新たな鍵分子を発見」【山西吉典 講師】
2016.10.25
「自己免疫疾患全身性エリテマトーデス(SLE)の発症抑制メカニズムの解明」【鍔田武志 教授】
2016.09.30
「放射線による細胞死を抑制する新たなメカニズムを解明」【清水重臣 教授】
2016.09.23
「紫外線処理によるチタンの抗酸化能力を発見」【上野剛史 講師】
2016.09.23
「ハンチントン病の新しい治療薬シーズを発見」【岡澤均 教授】
2016.09.14
「印刷技術の応用により異る種類の細胞を積層化して移植することに成功」【岩﨑剣吾 講師】
2016.09.13
「ハンチントン病の新しい治療戦略を開発」【岡澤均 教授】
2016.08.26
「家族性パーキンソン病PARK17の病態に神経終末からのドーパミン放出機能障害が関与」【渡瀬啓 准教授】
2016.08.25
「アルツハイマー病の新たな抗体治療に道をひらく」【岡澤均 教授】
2016.08.17
「細胞内のタンパク質を分解する新しい仕組みGOMEDを発見」【清水重臣 教授】
2016.08.17
「インプラント周囲炎の原因となる細菌群集構造を解明」【竹内康雄 助教】
2016.08.16
「椎間板線維輪の恒常性を維持する遺伝子とその分子メカニズムの解明」【浅原弘嗣 教授】
2016.08.12
「RpA1を用いて小脳失調症モデルマウスの治療に成功」【岡澤均 教授】
2016.07.25
「マイクロ波単一光子の高効率検出を実現」【越野和樹 准教授】
2016.07.20
東京医科歯科大学 平成29年度入学者選抜要項、および平成30年度入試から導入の特別選抜概要を合わせて公表
2016.07.15
「原発性免疫不全症の新しい原因遺伝子を同定」【今井耕輔 准教授】
2016.07.15
「DNAメチル化制御による筋肉の再生メカニズムを解明」【浅原弘嗣 教授】
2016.07.08
看護教育担当者・看護管理者向けシンポジウム 「院内教育が変える!教育担当者の成長が生み出す施設の未来」 東京医科歯科大学にて7月15日(金)に開催
2016.07.08
「ヒトiPS細胞を用いたB型肝炎ウイルスの感染培養系の開発に成功」【朝比奈靖浩 教授】
2016.07.04
「腱・靭帯が骨化する病態を解明」【淺原弘嗣 教授】
2016.06.21
「異常な細胞の除去を誘導する新たな仕組みの解明に成功」【仁科博史 教授】
2016.06.21
「炭素―フッ素結合の変換を経る含フッ素化合物の新しい合成法を開発」【細谷孝充 教授】
2016.06.09
「血液の固まりやすさを電気で計測」【笹野哲郎 准教授】
2016.06.08
「近視の子供が将来病的近視により失明するリスクがあるかどうか眼底検査で診断できる」【大野京子 教授】
2016.06.07
「世界初、MR磁気センサアレイで心臓の活動測定と可視化に成功」【川端茂徳 教授】
2016.05.31
「膵臓がん発症の早期段階にタンパク質分解酵素複合体の活性化が必要であることを発見」【田中真二 教授】
2016.04.12
「骨硬化性骨幹端異形成症の原因遺伝子を発見」【中島友紀 教授】
2016.04.07
「女性不妊の原因となる母体側の重要分子の同定」【金井正美 教授】
2016.04.04
「がんの浸潤・転移を制御するハイプシン経路の分子機構の解明」【稲澤譲治 教授】
2016.03.25
東京医科歯科大学、分野別QS世界大学ランキング2016 歯学分野で日本第1位、世界第6位の高評価 医学分野でも国内第4位の高い評価
2016.03.23
「世界初、手術が不要の注射による簡便な顎骨造成をマウスで成功」【青木和広 准教授】
2016.03.02
「疾患ゲノム情報に基づくマイクロRNAスクリーニング手法を開発」【岡田随象 講師】
2016.02.26
東京医科歯科大学がTop 100 universities with the best student-to-staff ratio (世界最高の学生/教員比率大学ランキング)で日本第2位,世界第7位に選出
2016.02.24
「運動に応答する腱の遺伝子メカニズムの解明」【浅原弘嗣 教授】
2016.02.22
東京医科歯科大学が学部入学試験に新たな選抜方法として特別選抜 「推薦入試・国際バカロレア入試」と「帰国生入試」 を導入
2016.02.22
「脂肪の摂りすぎがなぜ動脈硬化を引き起こすのか、鍵分子を同定」【吉田雅幸 教授 】
2016.02.16
東京医科歯科大学が先天性肺胞蛋白症患児に対する造血細胞移植による治療に世界で初めて成功
2016.02.15
「変形性膝関節症の進行を抑えるのに滑膜幹細胞の定期的関節内注射が有効」【関矢一郎 教授】
2016.02.05
「歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明」【西村栄美 教授】
2016.01.29
「癌幹細胞が癌の根治から逃れる特殊能力について合成ポリマーを用いて解明」【田賀哲也 教授】
2016.01.26
東京医科歯科大学がWorld's Best Small Universities 2016 で日本第1位、世界12位に選出
2016.01.15
東京医科歯科大学はオークランド大学とDOHaD(成人病の発達期起源説)研究に関する共同セミナーを日本学術振興会二国間交流事業でニュージ―ランドにて開催
2016.01.08
「肝がん再発予防薬の作用メカニズムを解明」【小嶋聡一 連携教授、影近弘之 教授】
2015.12.24
「歯の原基を操作して歯の数を増やす技術開発に成功」【森山啓司 教授】
2015.12.16
クリスマス・イヴに45分間のサプライズ-東京医科歯科大学M&Dタワーが高さ100メートルのクリスマスツリーに
2015.12.09
12月12日(土)東京医科歯科大学にて、これからの臨床研究に貢献する日本初の会合が開催されます!
2015.12.01
「骨粗鬆症の要因となる新しい骨代謝制御の仕組みの解明」【野田政樹 教授】
2015.11.26
東京医科歯科大学が日本で初めて設置が認められた国際共同学位(ジョイント・ディグリー)プログラムをチュラロンコーン大学(タイ王国)と開始
2015.11.26
東京医科歯科大学が東京医科歯科大学が日本で初めて設置が認められた国際共同学位(ジョイント・ディグリー)プログラムをチリ大学及びチリ大学関連病院と開始
2015.11.25
「南米チリ共和国との国際医療協力について」【河野辰幸 教授】
2015.11.24
「座薬として投与可能な核酸医薬の開発」【横田隆徳 教授】
2015.11.13
「潰瘍性大腸炎の日本発の新治療薬をオールジャパン体制で開発」【渡辺守 教授】
2015.10.05
東京医科歯科大学とP5(株)が、ゲノム情報に基づいた予防医療の実現を推進
2015.10.02
「運動中の突然死に関連する新たな遺伝子の同定」【古川哲史 教授】
2015.09.11
「マウス組織に投与した低分子化合物の濃度分布測定に成功」【寺田純雄 教授】
2015.09.02
東京医科歯科大学、犯罪精神医学領域の研究・教育体制を整備 ― 国内大学唯一の犯罪精神医学専門チーム ―
2015.08.19
「光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術を開発」【中田隆夫 教授】
2015.08.12
「がんの浸潤・転移にかかわる上皮間葉転換(EMT)を促進するマイクロRNA(miR-544a)の発見」【稲澤譲治 教授】
2015.08.11
「第3の核酸医薬の『ヘテロ2本鎖核酸』の開発」【横田隆徳 教授】
2015.08.07
産業革新機構の出資による東京医科歯科大発ベンチャー 「レナセラピューティクス株式会社」の設立について
2015.08.07
「マイクロRNA-634によるミトコンドリアを介したアポトーシス経路の活性化と化学療法の増強効果」【稲澤譲治 教授】
2015.07.31
「世界初、空気圧駆動型内視鏡ホルダーロボット発売」【川嶋健嗣 教授】
2015.07.27
東京医科歯科大学「医科歯科大ジュニア医学教室」 プレス向け公開のお知らせ
2015.07.15
「飢餓により誘導されるオートファジーに伴う“細胞内”アミロイドの増加を発見」【岡澤均 教授】
2015.07.01
「国内初 第二種再生医療等提供計画書の届出が受理」【関矢一郎 教授】
2015.07.01
「クローン病発症に関わる遺伝子が炎症を起こす原因細胞の生死を決めることを発見」【渡辺守 教授】
2015.06.18
「脊髄小脳失調症6型の進行に脳内免疫システムが関与」【渡瀬啓 准教授】
2015.06.02
「バセドウ病の発症を予測するバイオマーカーを同定」【岡田随象 講師】
2015.05.12
東京医科歯科大学、分野別QS世界大学ランキング2015 歯学分野で日本第1位、世界第6位の高評価
2015.04.30
「高効率を実現した遺伝子改変技術の開発」【田中光一 教授】
2015.03.26
東京医科歯科大学スポーツサイエンス機構 第1回教育プログラムの実施
2015.03.19
「世界初、小脳運動学習を定量的に評価するシステムを開発」【石川欽也 教授】
2015.03.17
「3D臓器形成遺伝子の同定に成功」【仁科博史 教授】
2015.03.16
東京医科歯科大学にてスーパーグローバル大学等事業フォーラム「医療系グローバル人材育成における大学の役割と取組」3月21日(土)に開催
2015.02.26
「自閉スペクトラム症などの病的な繰り返し行動を脳のグリア細胞の異常が引き起こす仕組みを解明」【田中光一 教授】
2015.02.23
東京医科歯科大学RU(リサーチユニバーシティ)推進機構が国際フォーラム「医療イノベーションにおける大学の果たす役割」を3月9日(月)に開催
2015.02.13
「DNA損傷応答を担う分子ATMが脂肪細胞の分化を制御し、糖の代謝を調節する」【高木正稔 講師】
2015.02.06
東京医科歯科大学が一般公開シンポジウム「国際基準に対応した医学教育認証制度の確立」を2月20日(金)に開催
2015.01.29
東京医科歯科大学医学部附属病院ヘリポート改修に伴う消防ヘリ連携訓練の実施
2015.01.21
健康長寿を育む歯学教育コンソーシアム 5大学共同キックオフシンポジウム東京医科歯科大学にて1月23日(金)に開催
2015.01.07
「アンジオテンシンIIによる血管収縮にオートファジーが関与」【内田信一 教授】
2014.12.16
「脊髄小脳失調症モデルマウスの遺伝子治療に成功」【岡澤均 教授】
2014.12.03
「うつ病の症状に似た行動異常を引き起こすグリア細胞群をマウスで発見」【相澤秀紀 准教授】
2014.11.26
「塩分感受性高血圧に関わるSPAKキナーゼの新規阻害物質を発見」【内田信一 教授】
2014.11.17
「画期的メカニズムの治療薬による、完治を目指せる関節リウマチ治療法の開発」【上阪 等 教授】
2014.11.12
「糖尿病、認知症など老化による病気に共通した発症のしくみを世界で初めて解明」【篠崎昇平 准教授】
2014.10.29
メディカルイノベーター養成に向けた合同公開フォーラム 「アカデミアにおけるメディカル・イノベーション-現状と課題-」 東京医科歯科大学にて12月16日(火)に開催
2014.10.29
東京医科歯科大学に株式会社ADEKAによる寄附研究部門「脱細胞化再生医療材料学研究部門」開設
2014.10.14
「母乳により脂肪の燃焼機能が発達する巧妙な仕組みを発見」【小川佳宏 教授】
2014.09.19
「肥満に伴う脂肪組織の線維化を招く鍵分子を発見」【菅波孝祥 特任教授】
2014.09.17
「アルツハイマー病の発症前・超早期病態を部分的に解明」【岡澤均 教授】
2014.09.10
「多発性嚢胞腎の増悪メカニズムを発見」【蘇原映誠 講師】
2014.08.27
「塩分摂取が高血圧に結びつくメカニズムを新たに解明」【蘇原映誠 講師】
2014.08.18
「2つのタンパク質が協働してRNAを認識する新しいしくみの解明」【黒柳秀人 准教授】
2014.08.18
「大腸に続き、小腸幹細胞の移植実験に成功」【中村哲也 教授】
2014.08.13
生命倫理研究センターが特別セミナー「米国における研究倫理審査委員会認証制度について」を8月21日(木)に開催
2014.07.29
「小頭症モデル動物の人為的脳サイズ回復に成功」【岡澤均 教授】
2014.07.29
「関節リウマチの発症リスクを決定するHLA遺伝子のアミノ酸配列を同定」【岡田随象 講師】
2014.07.17
本年10月に、「スポーツサイエンス機構」を設置し、現役トップアスリート「室伏広治氏」を教授として招へい
2014.06.04
「赤血球からミトコンドリアが除かれるメカニズムを解明」【清水重臣 教授】
2014.05.12
「難治性スキルス胃がんの治療標的候補となる活性化遺伝子変異を同定」【石川俊平 教授】
2014.04.30
「PQBP1遺伝子変異が関与する知的障害の原因を解明」【岡澤均 教授】
2014.04.23
「胎生期の造血幹細胞の維持に関与する分子Sox17の発見」【信久幾夫 准教授】
2014.04.03
国内初の国公私立5大学による大学院共同教育課程「共同災害看護学専攻」開講式(PDF)
2014.02.27
医学系大学産学連携ネットワーク協議会:medU-net 年次総会とフォーラムを3月3日(月)・4日(火)に開催(PDF)
2014.02.27
経済産業省「産学連携評価モデル・拠点モデル実証事業」報告会を3月3日(月)に開催(PDF)
2014.02.17
「ゲノムインプリント消去には能動的脱メチル化が必要である」【石野史敏 教授】(PDF)
2014.02.05
「糖尿病で血管再生能力が衰える原因を解明」【澤田直樹 特任講師】(PDF)
2014.02.04
「骨粗鬆症を抑制する新しい分子機能の発見」【野田政樹 教授】
2013.12.25
「神経幹細胞の自己複製を制御する仕組みを解明」【田賀哲也 教授】(PDF)
2013.12.12
「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の重症度を反映する病理組織マーカーの同定」【小川佳宏 教授】(PDF)
2013.11.06
クリスマス・イヴに45分間のサプライズ-東京医科歯科大学M&Dタワーが高さ100mのクリスマスツリーに(PDF)
2013.10.31
「脊髄小脳失調症の病態を制御する遺伝子を発見」【岡澤均 教授】
2013.10.30
「消化管寄生虫に対する生体防御の新たな仕組みを解明」【烏山一 教授】(PDF)
2013.10.29
東京医科歯科大学と国立環境研究所が一般公開シンポジウム「発達障害研究の最前線」を11月27日(水)に開催(PDF)
2013.10.17
「新しい遺伝子改変技術の応用による小さなRNAの欠損マウスの作成に成功」【浅原弘嗣 教授】(PDF)
2013.10.17
「3次元的実体顕微鏡システムによるマウス胎児発生の遺伝子発現データベースの構築」【浅原弘嗣 教授】(PDF)
2013.09.13
「過剰な免疫反応を抑制する
新たな樹状細胞のはたらきを発見」【樗木俊聡 教授】
2013.08.02
学際生命科学東京コンソーシアム(東京医科歯科大学・お茶の水女子大学・学習院大学・北里大学)が博士課程「疾患予防科学コース」を設置(PDF)
2013.07.22
国内初の国公私立5大学による大学院共同教育課程「共同災害看護学専攻」の開設(平成26年4月開設予定)(PDF)
2013.07.12
東京医科歯科大学・早稲田大学 学術交流に関する協定調印式およびシンポジウムのご案内(PDF)
2013.07.08
東京医科歯科大学、国内初となる先進の疾患バイオリソースセンターを設置発足記念シンポジウムを7月16日(火)に開催(PDF)
2013.05.08
「複数の神経変性疾患にまたがる共通病態(シグナル)を解明」【岡澤均 教授】
2013.04.26
「免疫の司令塔、樹状細胞の源となる細胞を発見」【樗木俊聡 教授】
2013.04.23
日韓国際交流プログラム「ソウル大学×東京医科歯科大学」の開催について(PDF)
2013.04.08
「骨との結合が3倍速くなるコーティング法を開発」【高久田和夫 教授】