日本学生支援機構

日本学生支援機構

わくわく保育園前掲示板

日本学生支援機構の奨学金

○日本学生支援機構の奨学金(貸与)


日本学生支援機構の奨学金は、貸与奨学金で経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。奨学金貸与終了後は、返還の義務が生じ、必ず返還しなくてはなりません。返還が滞ると法的手続により返還残額を一括で返していただくことになりますので、家庭の経済状況やあなたの人生・生活設計に基づき、十分考慮のうえ申込みをしてください。

詳細については、4月初旬に全学メールにて通知しておりますので、見落としのないようご注意ください。
※貸与奨学金(返済必要) https://www.jasso.go.jp/shogakukin/about/taiyo/index.html
※奨学金貸与・返還シミュレーション https://simulation.sas.jasso.go.jp/simulation/
※申込みのてびき(奨学金案内) https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/tebiki/index.html
※よくある質問 https://www.jasso.go.jp/faq/shogakukin/index.html
 

日本学生支援機構の奨学金(給付)

給付型奨学金について

2020年4月から高等教育の新しい修学支援制度が始まりました。
本制度は、以下2つの支援が受けられます。

1.給付型奨学金(原則返還が不要な奨学金)
2.授業料等の減免(授業料と入学金の免除または減額)

本制度の支援対象となるためには、まず日本学生支援機構の給付型奨学金に申請し、採用されることが必要です。
当該年度に授業料免除の申請を予定している学部学生の方は、必ず新制度について確認の上、本奨学金の申請をおこなってください。採用時に決定する給付型奨学金の支援区分により授業料等の減免額も決まります。
 
授業料免除等への申請手続きの詳細は、別途お知らせします。
※授業料免除 https://www.tmd.ac.jp/campuslife/exemption/
 

当該給付奨学金の申請の詳細についても、4月初旬に全学メールにて通知しておりますので、希望する学生は必ず指定した申請期間内に申請を行なってください。 
※給付奨学金(返済不要、学部学生対象)https://www.jasso.go.jp/shogakukin/about/kyufu/index.html
※進学資金シミュレーター、給付奨学金シミュレーション https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/document/shogakukin-simulator.html

※給付奨学金案内 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/tebiki/daigaku_etc.html
※よくある質問 https://www.jasso.go.jp/faq/shogakukin/index.html
   

ご不明な点等がございましたら以下にメールにてご連絡ください。学籍番号、所属(学部、学科、専攻)、学年、氏名をメール本文に記載して、メールタイトルは「学籍番号_氏名_JASSO奨学金問合せ_学部」としてください。
学籍番号と氏名の箇所には、申請者自身の情報を記載してください。

application_ssu(at)ml.tmd.ac.jp
※(at)は@に置き換えて下さい。
  

令和3年長野県茅野市において発生した土石流にかかる給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年9月7日)

令和3年8月11日からの大雨による災害にかかる給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年8月16日)

台風第9号から変わった温帯低気圧に伴う大雨による災害にかかる給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年8月11日)

静岡県熱海市における大雨に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年7月5日)

島根県松江市における大規模火災に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年4月6日)

令和3年新潟県糸魚川市における地滑りに係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年3月8日)

令和3年栃木県足利市における大規模火災に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年3月2日)

令和3年福島県沖を震源とする地震に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年2月15日)

令和3年1月7日からの大雪による災害に係る給付奨学金家計急変採用及び貸与奨学金緊急採用・応急採用について(2021年1月8日)

奨学生の募集について

募集種類
※詳細については、別途学内メールでお知らせしますのでご確認ください。
各種採用 募集内容 実施時期
①予約採用 学部学生で、進学前に高等学校等で申し込みをし、すでに採用候補者として決定している場合は、入学後速やかに「採用候補者決定通知」の写し(写真)を学生支援事務室学生支援総括係(kousei.adm(at)mi.tmd.ac.jp ※(at)は@に置き換えてください)にメールに添付して提出し、所定の手続きを行ってください。大学院学生に対する予約採用は実施しておりません。
奨学生採用候補者が行う手続き 
 
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/yoyaku/yoyakukouhosha/index.html
4月上旬…進学届提出(パソコン入力)
 
②定期採用 募集については、全学メールで通知しています。例年4月中旬を目途に学内の申請受付けを行います。募集の詳細と提出様式等については、各学生がHPを確認、ダウンロードのうえ、申請期間内に学生支援事務室学生支援総括係に提出してください。原則的に、期日を経過したものは受理しませんので、ご注意ください。 
※申込みのてびき(奨学金案内) https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/tebiki/index.html
4月中旬…申請受付
7月中旬の振込予定
③緊急・応急採用 家計支持者の失職、破産、会社の倒産、病気、死亡等、又は、火災、風水害等による家計急変のため、緊急に奨学金貸与の必要が生じた場合、対象となる制度です。申請対象、申請の条件等、詳細は以下のホームページをご確認下さい。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/kinkyu_okyu/index.html 
申請を行う前に学生支援事務室学生支援総括係(kousei.adm(at)mi.tmd.ac.jp ※(at)は@に置き換えてください)にメールしてください。
随時申請受付
奨学金の種類 利子 区分 貸与月額
第一種奨学金 無利子 学部 自宅通学者:20,000円、30,000円、45,000円から選択
自宅外通学者:20,000円、30,000円、40,000円、51,000円から選択
大学院 修士課程:50,000円、88,000円から選択
博士課程:80,000円、122,000円から選択
第二種奨学金 有利子 学部 2万円から12万円までの間で1万円単位で額を選択
大学院 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択

奨学生の継続手続きについて (毎年12月~1月)

 当該奨学生は、翌年度の奨学金継続の意思等を確認するため、毎年「継続願」を提出する(パソコン入力する)必要があります。この継続願を提出しない場合は翌年度4月からの奨学金が打ち切りとなりますので、十分にご注意ください。全学メールでご案内しますので、必ず確認して下さい。

 また学業成績不振と判断された場合も廃止となりますので、普段から学業成績維持・向上に努めてください。

(継続願はスカラネット・パーソナルからのパソコン入力となります。登録がお済みでない方は、
 こちらから登録してください。)

奨学金継続願の提出(入力)方法

異動(休学、留年、退学等)が生じる場合は、必ず事前に学生支援事務室学生支援総括係にメールでお知らせください。メールを受信した後、必要な手続きをお知らせします。もしこの連絡がなく振込に該当しない月に奨学金が振り込まれた場合は、その分のJASSOへの一括返戻が生じます。
学籍番号、所属(研究科、課程/学部、学科、専攻)、学年、氏名をメール本文に記載して、メールタイトルは「学籍番号_氏名_JASSO奨学生_異動」としてください。学籍番号と氏名の箇所には、申請者自身の情報を記載してください。
kousei.adm(at)ml.tmd.ac.jp
※(at)は@に置き換えて下さい。
 

各種届出様式

奨学生等説明書類

返還のてびき

奨学生採用候補者(学部)関係書類

奨学金返還の在学猶予手続きについて

 大学・大学院で日本学生支援機構の奨学金を貸与されていた方、また辞退や留年により貸与終了後も在学される方が、在学中に返還の猶予を受けるためにはスカラネットパーソナルから「在学届」を提出(パソコン入力)しなければなりません。

 在学届を提出しない場合は、貸与終了月から6ヶ月後に返還が始まりますので十分にご注意ください。
 
本学の学校番号が不明な方は、学籍番号、所属(研究科、課程/学部、学科、専攻)、学年、氏名をメール本文に記載して、以下のアドレスにご連絡ください。
application_ssu(at)ml.tmd.ac.jp
※(at)は@に置き換えて下さい。
 
※在学猶予 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/houhou/zaigaku_yuyo.html#negaide
 

スカラネット・パーソナル

「スカラネット・パーソナル」とは、奨学金を受けている方や、奨学金を返還している方が、現在の自分自身の奨学金に関する情報や登録されている内容を閲覧したり、転居・改姓・勤務先変更等の届出ができる機構の情報システムです。
(閲覧できる情報については、下記の表をご覧ください。)

継続願の提出もスカラネット・パーソナルにて実施するようになりました。
奨学金の貸与を受けている方は、必ず登録してください。


ログイン時に奨学生番号を入力することになりましたので、ご注意下さい

スカラネット・パーソナルへの新規登録はこちら
スカラネットで確認できること
貸与中の場合 返還中の場合
•奨学金情報
 奨学生番号、貸与期間、貸与月額、貸与総額(予定)
•貸与明細
 貸与終了までの予定や休停止などの履歴
•金融機関情報
 金融機関名、名義人氏名
•保証情報
 保証制度(「機関保証」または「人的保証」)
•返還情報
 奨学生番号、返還総額(元金)、返還残回数、返還残額(元金)、現在請求額
•金融機関情報
 金融機関名、名義人氏名
•保証情報
 保証制度(「機関保証」または「人的保証」)
•申請用紙ダウンロード(減額返還願・返還期限猶予願)

返還免除申請

  •  大学院第一種奨学金の貸与を受けた学生で、当該年度中に貸与が終了する学生を対象に「特に優れた業績による返還免除制度」が実施されています。この制度は、貸与期間中に特に優れた業績をあげた者を本学で推薦し、日本学生支援機構が認定した場合に、当該奨学金終了者の3割程度が奨学金の全額または半額の返還が免除されるというものです。

     返還免除候補者の選考においては、課程の趣旨・目的や学生の専攻分野に係る教育研究の特性に配慮し、大学院における教育研究活動等に関する業績、及び専攻分野に関連した学外における教育研究活動等に関する業績に基づいて、審査を行います。

     本学では、1月中旬を目途に申請期間を設けております。申請方法・申請締切等は、12月中旬~下旬頃に全学メールで通知し、併せて当ホームページに提出様式等を掲載しますので、対象となる者は各自確認を行ってください。提出締切後に提出された申請は、理由の如何にかかわらず一切受け付けません。

     その他本件に関するお問い合わせは、学生支援事務室学生支援総括係[ application_ssu(at)ml.tmd.ac.jp ※(at)は@に置き換えて下さい]までメールにてお願いいたします。学籍番号、所属(研究科、専攻、分野)、学年、氏名をメール本文に記載して、メールタイトルは「学籍番号_氏名_JASSO奨学金返還免除問合せ」としてください。学籍番号と氏名の箇所には、ご自身の情報を記載してください。
     
     
    ※特に優れた業績による返還免除 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/saiyochu/gyosekimenjo/index.html