東京医科歯科大学 難治疾患研究所

ENGLISH

ニュース・トピックスNEWS / TOPICS

イベントEVENT

研究成果・プレスリリースFINDING / PRESS

「損傷ミトコンドリアがオートファジーで選択的に分解される作用機序を解明」【山野晃史 准教授】
東京医科歯科大学 難治疾患研究所機能分子病態学分野の山野晃史准教授と松田憲之教授の研究グループは、名古屋大学、東京都医学総合研...
「シャルコー・マリー・トゥース病のゲノム編集による治療法シーズを開発」【岡澤 均 教授】
東京医科歯科大学 難治疾患研究所神経病理学分野の岡澤均教授の研究グループは、京都大学・井上治久教授、京都府立医科大学・中川正法...
「膵がん幹細胞の生存環境を擬態するバイオ機能性ハイドロゲルの開発に成功」【椨 康一 講師】
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 幹細胞制御分野の室田吉貴助教、田賀哲也教授、椨康一講師の研究グループは、同大学大学院医歯学総合...
「原始線条形成制御因子としてセラミドを同定」【小藤智史 講師、仁科博史 教授】
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 発生再生生物学分野の小藤智史講師と仁科博史教授の研究グループは、神戸大学と国立医薬品食品衛生研...
「胎生期の造血幹細胞の増殖・維持に寄与する新規遺伝子の同定」【田賀哲也 教授】
東京医科歯科大学難治疾患研究所 幹細胞制御分野 メリグ ゲレル大学院生、田賀哲也教授と中村学園大学 栄養科学部 栄養科学科 信久幾夫教授...
「パーキンソン病原因タンパク質・αシヌクレインの新しい伝播様式」【岡澤 均 教授】
東京医科歯科大学難治疾患研究所 神経病理学分野の岡澤均教授の研究グループは、東京都健康長寿医療センターとの共同研究により、代表...
「PARK22 遺伝子変異によるパーキンソン病の発症メカニズムの解明」【清水重臣 教授、鳥居 暁 プロジェクト准教授】
東京医科歯科大学難治疾患研究所 病態細胞生物分野の鳥居 暁プロジェクト准教授、清水 重臣教授、順天堂大学大学院医学研究科神経学の佐藤...
「脂肪酸代謝を介した脳の修復メカニズムを発見 」【七田 崇 教授】
東京医科歯科大学難治疾患研究所 神経炎症修復学分野の中村 朱里大学院生、酒井 誠一郎助教、七田 崇教授らと、東京大学大学院医学系研究...
「オートファジー活性測定が可能な蛍光試薬の開発」【清水重臣 教授】
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 病態細胞生物学分野の桜井一助教と清水重臣教授の研究グループは、オートファジー進行度を可視化でき...