「ヒト体外潰瘍性大腸炎モデル作成により、腸上皮再生因子の同定に成功」【土屋輝一郎准教授】

「ヒト体外潰瘍性大腸炎モデル作成により、腸上皮再生因子の同定に成功」【土屋輝一郎准教授】

「 ヒト体外潰瘍性大腸炎モデル作成により、腸上皮再生因子の同定に成功 」
― 炎症性腸疾患に対する腸上皮移植・再生医療に期待 ―

プレスリリース通知資料

  • 「 ヒト体外潰瘍性大腸炎モデル作成により、腸上皮再生因子の同定に成功 」
  • 論文情報

    掲載誌:Journal of Crohn’s and Colitis

    論文タイトル:Schlafen 11 is a novel target for mucosal regeneration in Ulcerative Colitis

    DOI:https://doi.org/10.1093/ecco-jcc/jjab032