プレスリリース

「スーパーエンハンサーを標的とするmiRNAを用いた核酸抗癌薬の可能性」【稲澤譲治教授、玄泰行助教】

公開日:2021.08.05
「スーパーエンハンサーを標的とするmiRNAを用いた核酸抗癌薬の可能性」

ポイント

  • 核酸抗癌薬のシーズとしてマイクロRNA※1 miR-766-5pを同定しました。
  • miR-766-5pはスーパーエンハンサー※2の活性を制御するCBPおよびBRD4を標的とし、その活性を抑制することでMYCの発現を癌細胞特異的に抑制しました。
  • miR-766-5pは希少難治癌であるNUT正中線癌の※3ドライバーBRD4-NUT融合タンパクの発現を抑制しました。
  • マウス治療実験モデルにおいてmiR-766-5pの局所投与は複数の癌細胞の腫瘍成長を抑制しました。
  • miR-766-5pを用いた新規核酸抗癌薬開発への応用が期待できます。
  東京医科歯科大学・難治疾患研究所・分子細胞遺伝分野の玄泰行助教、稲澤譲治教授らの研究グループは、miR-766-5pがスーパーエンハンサー活性の抑制を介してMYCの発現を癌細胞特異的に抑制し、抗腫瘍効果を発揮することを見出しました。この研究は文部科学省科学研究費補助金 (18H02688, 19K07709)などの支援のもと遂行され、その研究成果は、米国癌学会(American Association for Cancer Research, AACR)の機関誌の一つである国際科学誌Cancer Research (キャンサーリサーチ)に、2021年8月5日にオンライン版で発表されました。

プレス通知資料全文

  • 「スーパーエンハンサーを標的とするmiRNAを用いた核酸抗癌薬の可能性」
  • 論文情報

    掲載誌: Cancer Research
    論文タイトル:miR-766-5p targets super-enhancers by downregulating CBP and BRD4
    DOIhttps://doi.org/10.1158/0008-5472.CAN-21-0649