利益相反

利益相反

利益相反Web申告システム(学内専用)

利益相反Webシステムへはこちらからログインできます。
はじめてご利用される方は利用ガイドをご覧ください。
(システムの「申告者メニュー用」からもダウンロードできます)

利益相反申告の種類と方法

①定期申告(全研究者対象)
研究者(教員・研究員)の方は、毎年5月31日までに、当年度(予定を含む)のご自身の利益相反状況を申告してください。

②厚労科研費・AMED(代表・分担)
厚労科研費・AMEDの交付決定を受けた方(代表・分担問わず)は、交付決定後速やかに、当年度(予定を含む)のご自身の利益相反状況を申告してください。(この申告は厚労省・AMEDの指針に基づくものです)

③④臨床研究(③人指針に基づく臨床研究・④治験)
人指針に基づく臨床研究(倫理審査委員会で審査をうける臨床研究)・治験(治験等審査委員会で審査をうける臨床研究)は、申請後速やかに、研究責任者が倫理審査申請システムの当該課題のメニューから利益相反状況を申告してください。利益相反が存在する場合には、分担研究者全員の利益相反自己申告が必要です。利益相反申告が倫理審査委員会・治験等審査委員会の審査予定月の利益相反申告スケジュールに間に合わなかった場合は、倫理審査委員会・治験等審査委員会の審査が次月以降に遅れることになりますので、ご注意ください。

⑤臨床研究(臨床研究法対象)
臨床研究法の対象となる臨床研究(特定臨床研究等)は、利益相反申告システムを用いて、研究者全員の利益相反状況を申告し、事務局(統合研究機構事務部)の確認を受けたのち、利益相反管理計画を認定臨床研究審査委員会に提出してください。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.tmd.ac.jp/tmd-research/rule/COI_clinical-trial-act/index.html
種別 対象者 申告時期 申告方法
①定期申告 全研究者 最低年1回
(5月末まで)
利益相反システムから
下図(左)①
②厚労/AMED 研究費交付を受けた研究者 交付決定時 利益相反システムから
下図(左)②
③人指針に基づく臨床研究 研究責任者 審査申請後すぐ 倫理審査システムから
下図(右)
(COIがある場合のみ)
研究分担者
(COIがある場合のみ)
研究責任者からの依頼後
利益相反システムから
下図(左)③
④治験 研究責任者
研究分担者
審査申請後すぐ 利益相反システムから
下図(左)④
⑤臨床研究法に基づく臨床研究 研究責任者
研究分担者
審査申請時に必要 利益相反システムから
下図(左)⑤

利益相反申告システムの申告メニュー

倫理審査申請システムの申告開始画面
(倫理審査委員会へ申請した臨床研究は研究責任者がここから利益相反申告を行ってください)

2021年度利益相反申告スケジュール

2020年度より、利益相反にかかる申告がWEBシステム化されました。申告種別に応じて、以下のスケジュールにより、申告していただくようにお願いいたします。(各申告種別の詳細説明は後述しますが、これらは独立しています。必要に応じてそれぞれ個別に申告が必要ですので、ご注意ください。)
  定期申告
(全研究者対象)
厚労科研費・AMED
(代表・分担)
臨床研究
(倫理審査委員会・
 治験等審査委員会対象)
臨床研究
(臨床研究法対象)
2021年
4月
定期申告期間
※追加・変更があれば
随時申告してください
毎年度の交付決定後、
速やかに申告してください
4月1日 随時申告内容の
確認依頼を受け付けます
2021年
5月
定期申告期間
※追加・変更があれば
随時申告してください
5月6日
2021年
6月
※追加・変更があれば
随時申告してください
  6月1日  
2021年
7月
※追加・変更があれば
随時申告してください
7月1日
2021年
8月
※追加・変更があれば
随時申告してください
  8月2日  
2021年
9月
※追加・変更があれば
随時申告してください
9月1日
2021年
10月
※追加・変更があれば
随時申告してください
  10月1日  
2021年
11月
※追加・変更があれば
随時申告してください
11月1日
2021年
12月
※追加・変更があれば
随時申告してください
  12月1日  
2022年
1月
※追加・変更があれば
随時申告してください
1月4日
2022年
2月
※追加・変更があれば
随時申告してください
  2月1日  
2022年
3月
※追加・変更があれば
随時申告してください
3月1日

お知らせ

2020年4月1日
 倫理審査委員会・治験等審査委員会に関する臨床研究利益相反申告の移行期間が終了しました。利益相反委員会・治験等審査委員会に審査申請をされる場合は、WEBシステムから利益相反自己申告を行ってください。
 なお、WEBシステム化以前に「臨床研究利益相反自己申告書」(各部局様式)を提出し、承認された過去の研究課題の内容変更申請については、現行のシステムが非対応であるため、しばらく「臨床研究利益相反自己申告書」(各部局様式)により利益相反自己申告を行っていただきます。将来的に、利益相反承認済みの過去の研究課題についても、WEBシステムによりあらためて新規申告していただくことにより、全研究課題をWEBシステムにより管理する予定です。

2020年1月21日
 倫理審査委員会・治験等審査委員会に関する臨床研究利益相反申告がWEBシステムに新たに収載されました。
 今後、利益相反委員会・治験等審査委員会に審査申請をされる場合は、WEBシステムから利益相反自己申告を行ってください。
 「臨床研究利益相反自己申告書」(各部局様式)は3月末で廃止となり、4月以降はWEBシステムでの利益相反申告がない研究は倫理審査委員会・治験等審査委員会での本審査に進めません。

2018年4月26日
 2018年度利益相反自己申告を平成30年5月30日までに完了してください。

2018年4月10日
 臨床研究法が適用されないヒト対象の医学系研究に係る利益相反自己申告について(通知)

2019年4月10日
 臨床研究法における利益相反管理 登録マニュアル(Ver.3.0版)を公開しました
 

通知文書

利益相反アドバイザーへの相談

外部への公表事項

その他利益相反に関する資料等

第3回「臨床研究の倫理と利益相反に関するワークシップ」文部科学省主催(平成20年12月16日開催の抜粋資料)