グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部分床義歯補綴学分野

部分床義歯補綴学分野

義歯(ぎし)の研究,教育,臨床で,人々の幸せを創り出します.

・絶えず研究を行い,新しい知識と臨床技術を創出し,人と未来の役に立ちます.

・学習する人が中心の授業を行い,教育内容を常に改善し,頼れる医療者を送り出します.

・患者さんが生活の豊かさ,心のゆとりを得られるよう,お手伝いします.

分野一覧からも当分野の概要がご覧いただけます.
Short summary of the Removable Partial Prosthodontics is presented here in English.

来院される方へ

補綴(ホテツ)系分野の一つである「部分床義歯補綴学」は主に歯学部付属病院3階の「義歯外来」で診療を行っております.

医局員は全員が診療に従事しています.2019年4月からの外来担当医はこちらをご覧ください.
歯学部付属病院の場所:キャンパスマップの#5歯科棟北です.
診療日と時間:歯学部付属病院のご案内をご覧ください.

部分入れ歯に関するQ&A

部分入れ歯をお使いの方が,日頃抱えていらっしゃる疑問に対して,Q&Aでお答えいたします.
こちらからご確認ください.



本学歯学部,QS世界大学ランキングの歯学分野で世界第6位の高評価(2020年3月)

英国の世界大学評価機関のクアクアレリ・シモンズが発表しているQS世界大学ランキングは,世界で最も広く使われている大学評価指標の一つで,教員の評価,卒業生に対する評価,教員数,論文の被引用数,留学生数などを基に決められます.2020年3月に発表された最新版で,本学歯学部は世界第6位の高評価を得ました.

本学歯学部は,今後さらに質の向上に努めてまいります.

歯科医療関係者,学生の皆様へ

Web 懇談会(2020年3月29日)(NEW!!)

新型コロナウイルスの影響で,対面式の会議ができないため,当分野ではZoomを用いたミーティングを行っています.

3/29(日)は年度内最後の日曜日でした.
食後の時間に有志参加で,懇親会を開いてみました!

10名以上が参加した懇親会でしたが,全員のマイクが入っていると上手く会話が成り立たない,など,普段のお店を借りての懇親会のようにはなかなかいかないものの,普段では味わえない不思議な雰囲気で,コーヒーを飲んだり,音楽を聴いたりと,リラックスした1時間を共有しました!

来年度もしばらくは,医局会,新人研修などは全てオンラインで行います.

対面でない味気無さは否めませんが,一致団結してこの難局を乗り越えて行きたいと思います.

新しい論文:部分床義歯治療における口腔関連QOLの臨床的最小重要度

Myint Oo KZ, Fueki K(C), Yoshida-Kohno E, Hayashi Y, Inamochi Y, Wakabayashi N.
Minimal clinically important differences of oral health-related quality of life after removable partial denture treatments.

部分床義歯治療における口腔関連QOLの臨床的最小重要度(K Zin Myint Oo, 笛木賢治)

Journal of Dentistry. 2019

商業誌での特集 (New!!)

デンタルダイヤモンド 2020年4月号

当分野助教の和田が巻頭特集にて,部分床義歯の基本的事項について解説しております.

巻頭特集
『パーシャルデンチャー 温故知新』 (和田淳一郎)
(記事より引用)
近年、インプラントを利用したパーシャルデンチャーやノンメタルクラスプデンチャーが注目を 集めているが、長期予後のためにはパーシャルデンチャーにおける症例の捉え方と設計の基本を身につけておくことが重要である。
本特集では、残存歯の保護を念頭におき、設計の基本を振り返りながら、さまざまな欠損形態に対応するために必要な考え方や前処置のコツ、印象採得や咬合採得のポイントなどについて解説いただく。

過去の特集はこちらから.

続・歯と噛み合わせの物語(2020.02.03)

 本分野OBの藍 稔先生のコラムです.第11回は前回に引き続き,咬合湾曲についてのお話です.

 無歯顎者におけるクリステンセン現象に対して,先人たちがいかにして臼歯部が離開しないような方策を講じてきたかについて触れつつ,Spee湾曲と似て非なる調節湾曲について考察されています.

第11回 咬合湾曲考 その3(2020年02月03日掲載)

 前回は発掘された江戸時代以前の頭蓋骨側貌写真を計測し、矢状的な咬合平面の傾斜や咬合湾曲の生成に上顎骨の退縮が関係する可能性を指摘した。ただ、資料が少なく、またその規格精度が明らかでないことからこの調査は一つの試みとして、決定的な結論は示さず、今後の正確な調査が必要であるとした。
 そこでこの問題は措くとして、ここでは補綴における咬合平面と咬合湾曲の再建について考えてみることにする(つづく)。

 本コラムはこちらからどうぞ.

 また,日本補綴歯科学会誌10巻(2018)3号において,藍先生の総説が掲載されております.こちらも是非,ご一読いただければと思います.

医局の風景

当分野では,新入局員への教育の充実を図り,様々な新人研修をおこなっています.


中心位における咬合器装着,顆路調整

本研修では,補綴治療において重要な手技である,中心位における咬合器装着に関連して必要なテクニック(中心位への誘導,咬合採得,フェイスボウトランスファー)に加えて,顆路調整を行うためのチェックバイト採得および咬合器の顆路調整を実習してもらいます.

その他,様々な研修を行っています!
詳しくは,若手医局員,研修中!をご覧ください

若手医局員によるエッセイ (New!!)

当分野への入局にご興味を持っていただいている先生,学生の皆様へ.また,OBOGの先生方へ.
医局やメンバーの雰囲気を感じて頂きたく,定期的に若手医局員の生の声をエッセイという形でお届けいたします!

日本人医局員
2020年02月19日 箱根駅伝とフィンランド(内倉慶一朗)

International Students
2020年03月31日 Study abroad, meet better yourself (Lyu Huaxin)

学会発表のお知らせ

日本補綴歯科学会第129回学術大会にて発表いたします

2020年6月26日(金)~28日(日) 於 福岡(福岡)
・課題口演
部分床義歯治療による客観的・主観的咀嚼能力向上の検出能力(発表者:林 葉子)

・一般口演・ポスター
患者の視点からみた部分床義歯治療に対する評価指標の重要度―大学病院の受診患者での検討―(発表者:稲用友佳)
口腔内スキャナによる部分欠損歯列データの部分的改変がデータの精確度に及ぼす影響(発表者:坂本一生)
部分床義歯治療における口腔関連QoLの臨床的有意性(発表者:K Zin MO)

更新履歴
2020.03.30 トップページおよび関連図書を更新いたしました.For International Studentsを新設いたしました.
2020.03.06 トップページおよび最新の発表を更新いたしました.
2020.02.19 若手医局員による“医局員便り” を更新いたしました.
2020.02.17 若手医局員,研修中!Join Us!!内に開設いたしました.
2020.02.03 トップページおよび藍 稔先生の 続・歯と噛み合わせの物語 を更新いたしました.
2020.01.31 トップページ,最新の論文大学院Graduate Courseを更新いたしました.
2020.01.30 トップページ,最新の発表および最新の論文を更新いたしました.
2020.01.26 トップページおよび同門会を更新いたしました.
2020.01.20 大学院およびGraduate Courseのページを更新いたしました.
2020.01.14 若手医局員による“医局員便り” およびThis is "student life" in our department!を更新いたしました.
2020.01.07 トップページおよび医局員を更新いたしました.
2019.12.16 トップページ,藍 稔先生の 続・歯と噛み合わせの物語およびThis is "student life" in our department!を更新いたしました.



(このホームページは,本分野のプロジェクトチーム(和田淳一郎,村上奈津子,蕗 陽子)が製作・更新しています)

当分野では,教員・医員・大学院生が様々な角度から欠損補綴治療の更なる発展のために日々研究に取り組んでおり,その成果を積極的に国内外の学会にて発表することで,外部の研究者の方々と意見交換を行い,更なる研究の進展と臨床への還元を目指しております.


2019年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


当分野への入局に関するご案内です.


歯学部歯学科,口腔保健学科,歯学部附属歯科技工士学校実習科,卒後研修などにおける,部分床義歯の講義・実習を担当しています.


歯学博士の取得を目指した,研究と臨床の指導を行っています.


現在の常勤と非常勤の医局員,および大学院研究生の一覧です。


部分床義歯補綴学分野では,すべての教員と医員がそれぞれ担当する研究課題に取り組んでいます.


当分野では,主に歯学部付属病院3階の「義歯外来」で診療を行っております.
ここでは特に,「部分床義歯」の診療の特徴についてご紹介いたします.


医局員は全員が診療に従事しています。
2019年4月からの外来担当医一覧です。


当分野の連絡先を掲載したします.


当分野は歯科補綴学(しかほてつがく)の中でも部分床義歯(ぶぶんしょうぎし)補綴を専攻する講座として,歯科補綴学第一講座,摂食機能構築学分野から引き継がれました.それまでの学術基盤に加えて,現代と未来の社会に適応する新しい補綴学の推進に取り組んでいます.ここでは,当分野の沿革を簡単にご紹介いたします.


メールで定期的なご連絡をお送りしています.希望される先生は,医局長までお名前をご記載の上,ご連絡ください.


当分野は歯科補綴学(しかほてつがく)の中でも部分床義歯(ぶぶんしょうぎし)補綴を専攻する講座として,歯科補綴学第一講座,摂食機能構築学分野から引き継がれました.それまでの学術基盤に加えて,現代と未来の社会に適応する新しい補綴学の推進に取り組んでいます.ここでは,当分野の沿革を簡単にご紹介いたします.