グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部分床義歯補綴学分野

部分床義歯補綴学分野

義歯(ぎし)の研究,教育,臨床で,人々の幸せを創り出します.

・絶えず研究を行い,新しい知識と臨床技術を創出し,人と未来の役に立ちます.

・学習する人が中心の授業を行い,教育内容を常に改善し,頼れる医療者を送り出します.

・患者さんが生活の豊かさ,心のゆとりを得られるよう,お手伝いします.

分野一覧からも当分野の概要がご覧いただけます.
Short summary of the Removable Partial Prosthodontics is presented here in English.

来院される方へ

補綴(ホテツ)系分野の一つである「部分床義歯補綴学」は主に歯学部付属病院3階の「義歯外来」で診療を行っております.

医局員は全員が診療に従事しています.2019年4月からの外来担当医はこちらをご覧ください.
歯学部付属病院の場所:キャンパスマップの#5歯科棟北です.
診療日と時間:歯学部付属病院のご案内をご覧ください.

部分入れ歯に関するQ&A

部分入れ歯をお使いの方が,日頃抱えていらっしゃる疑問に対して,Q&Aでお答えいたします.
こちらからご確認ください.



本学歯学部,QS世界大学ランキングの歯学分野で世界第6位の高評価(2020年3月)

英国の世界大学評価機関のクアクアレリ・シモンズが発表しているQS世界大学ランキングは,世界で最も広く使われている大学評価指標の一つで,教員の評価,卒業生に対する評価,教員数,論文の被引用数,留学生数などを基に決められます.2020年3月に発表された最新版で,本学歯学部は世界第6位の高評価を得ました.

本学歯学部は,今後さらに質の向上に努めてまいります.

歯科医療関係者,学生の皆様へ

最新の論文


Kenji Fueki (C), Yuka Inamochi, Junichiro Wada, Yuki Arai, Atsushi Takaichi, Natsuko Murakami, Takeshi Ueno, Noriyuki Wakabayashi.

A systematic review of digital removable partial dentures. Part I: Clinical evidence, digital impression, and maxillomandibular relationship record.
デジタルRPDに関するシステマティックレビュー
Part 1: 臨床的エビデンス,デジタル印象採得および咬合採得

Journal of Prosthodontic Research. [Epub ahead of print, 2021 Jan 26]


Atsushi Takaichi, Kenji Fueki (C), Natsuko Murakami, Takeshi Ueno, Yuka Inamochi, Junichiro Wada, Yuki Arai, Noriyuki Wakabayashi.

A systematic review of digital removable partial dentures. Part II: CAD/CAM framework, artificial teeth, and denture base.
デジタルRPDに関するシステマティックレビュー
Part 2: CAD/CAMフレームワーク,人工歯,義歯床(髙市敦士,笛木賢治)

Journal of Prosthodontic Research. [Epub ahead of print, 2021 Jan 26 ]

都技生涯研修2020 全都講習会で発表いたしました

2021年2月7日(日) 10:00~17:00 (web開催)
・講演3「レーザー積層造形法による義歯フレームワーク製作の現在」(講師:髙市敦士)

東京都技工士会ホームページ

第24回日本歯科医学学術大会で発表いたします.

第24回日本歯科医学学術大会で発表いたします.
2021年9月23日(金)~9月25日(土)(web開催)
オンデマンド配信期間:2021年9月26日(日)~10月31日(日)17:00迄
・部分床義歯装着者の咬断,粉砕,混合能力を統合した新たな客観的咀嚼能力スケールの開発 (発表者:笛木 賢治)
・コロナ禍での歯科補綴学教育における遠隔オンライン反転授業の学習効果(発表者:稲用友佳)
・部分床義歯治療による客観的・主観的咀嚼能力向上の検出能力 (発表者:林 葉子)
第24回日本歯科医学会学術大会webページ 

日本補綴歯科学会第130回学術大会で発表いたします.

日本補綴歯科学会第130回学術大会で発表いたします.
2021年6月18日(金)~6月20日(日) (web開催)
・シンポジウム1 2021年6月19日(土)
「パーシャルデンチャーデジタル化への現状と課題」(座長:若林則幸,シンポジスト:笛木賢治)

・臨床リレーセッション2 2021年6月20日(日)
「欠損補綴における補綴装置と支台歯の選択」(座長:谷田部優,講師:和田淳一郎)

・部分床義歯装着者の咬断,粉砕,混合能力を統合した新たな客観的咀嚼能力スケールの開発  (発表者:笛木 賢治)
・歯科補綴学教育におけるデジタル・リモートでのアクティブラーニングの学習効果(発表者:稲用友佳)
・口腔内装置は睡眠時ブラキシズムから部分床義歯の支台歯を守れるか?パイロットRCT(発表者:内田博文)
日本補綴歯科学会学術大会webページ

日本補綴歯科学会第129回学術大会 課題口演優秀賞受賞(林 葉子)

2020年6月26〜28日にWeb開催された日本補綴歯科学会第129回学術大会において,当分野 林葉子が課題口演優秀賞(臨床エビデンス)を受賞いたしました.

【演題名】
部分床義歯治療による客観的・主観的咀嚼能力向上の検出能力(演者:林 葉子)

〜課題口演(臨床エビデンス)について〜
食力向上による健康寿命の延伸を目指し,口腔機能障害,全身疾患や栄養,超高齢社会など,現代日本の歯科医療が直面している問題についての臨床エビデンスやメカニズムに関する研究,既存のあるいは新規に開発した補綴歯科の検査および治療法のアウトカム(成果,結果,ゴール,エンドポイントなど)を系統的にかつ定量的に評価する研究,臨床疫学研究の中から,学会プログラム委員会において,事前抄録をもとに各カテゴリーから優秀な 3 演題ずつを選考します.選考された演題の筆頭演者はファイナリストとして課題口演の演者となります.審査委員は学会当日各カテゴリーから特に優秀な 1 演題を選出し,課題口演優秀賞を授与します.

日本補綴歯科学会第129回学術大会 シンポジウム(座長:谷田部優先生,山下秀一郎先生)

2020年6月26〜28日にWeb開催された日本補綴歯科学会第129回学術大会において,当分野・臨床教授の谷田部優先生がシンポジウムの座長を務めました.

【シンポジウム】
欠損歯列における咬合再構成―欠損をどう診て,どのようにアプローチするか―」(座長:谷田部優先生,山下秀一郎先生,演者:兒玉直紀先生,倉嶋敏明先生,日比英晴先生)

谷田部先生と一緒に座長をお務めになられた東京歯科大学の山下秀一郎先生,演者として登壇された名古屋大学の日比英晴先生は当分野のご出身です.咬合再構成の必要な複雑な歯列欠損症例に対する診断・治療について,豊富な関連症例の提示とともにご解説いただきました.当日の様子はIshiyaku Dent Webの歯科界ニュースで紹介されています.尚,日比先生のお話の中で,本HPの藍 稔先生の 続・歯と噛み合わせの物語をご紹介いただきました.

商業誌での特集 New!!

ザ・クインテッセンス 2021年3月号〜6月号

当分野の和田助教,若林教授が,ザ・クインテッセンス 2021年3月号から4ヶ月間の短期連載で,咬合挙上について解説しています.

巻頭特集
『咬合挙上の今あるエビデンスと臨床手技教えます “うまくいく”を“たまたま”から“確実”にするために』
第1回 咬合挙上を理解するための重要な知識の整理

(和田淳一郎,若林則幸)

(記事より引用)

補綴分野,とくに咬合再構成の際に議論されることが多い事項として咬合高径が挙げられる.その挙上の是非にはじまり,挙上をする場合の評価や検査,診断法,また実際の挙上法など,いずれも多くの研究者・臨床家が過去に俎上に挙げてきた.しかしながら,咬合を取り巻く諸々の事項がそうであるように,咬合高径の諸事項に関しても確固たるエビデンスは求めづらく,統一された意見も少ないことから,画一的な臨床手技がないように思われる.そこで,本連載では,咬合高径の評価,挙上方を,現在までの文献と臨床でひも解き,日常臨床で悩む臨床家読者へのヒントを提供したい.

日本歯科評論(The Nippon Dental Review)2021年 3月号 p.105-11

当分野の村上助教,笛木准教授,谷田部臨床教授,若林教授が「臨床のヒント」で,ノンメタルクラスプデンチャーの特徴と適応に関して,従来のメタルクラスプデンチャーと比較しながら症例を交えながら解説しております.

臨床のヒント
『ノンメタルクラスプデンチャーの使いどころ』

(村上奈津子,笛木賢治.谷田部 優.若林則幸)

日本歯科理工学会誌 40巻(1):2021.

当分野の村上助教,山崎特任助教,若林教授が,特集記事で補綴領域における有限要素解析の応用に関して,当分野の研究,特に歯科理工系の補綴研究における実例をもとに,その活用方法について寄稿しております

特集「各種シミュレーション技術の歯科応用」
『補綴領域における有限要素の応用』

(村上奈津子,山﨑俊輝,若林則幸)

(記事より引用)

有限要素解析は,コンピュータ上に構築した形態モ デルに力学的な条件を与え,その内部の物理データを計算するための手法の一つです.この手法を用いることで,応力や歪みなどの物理データをモデル上で色分けして表示し,モデルの形態の変化を視覚的に捉えることができます.補綴装置とその材料の破壊や変形のリスクを予測することに適しており,著者らの研究内容とともにその活用方法を解説する.

ザ・クインテッセンス 2021年2月号

ザ・クインテッセンス 2021年2月号のReading Matters「医局紹介:研究プロジェクトの精鋭たち」において,当分野が紹介されました.

医局紹介:研究プロジェクトの精鋭たち
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科部分床義歯補綴学分野 (新井祐貴,若林則幸)

(記事より引用)
学生の教育に重点を置くのが教室の方針であり,歯学科を中心に口腔保健衛生学専攻,口腔保健工学専攻への学生教育に加え,さまざまな卒後研修を担当している.昨年は「部分床義歯補綴学」を同期型のオンライン授業により実施するなかで,グループ学習によるアクティブラーニングを全てオンラインで行なった.卒後研修でもオンラインによる症例検討会・義歯設計演習を行うなど,受講者から好評を得ている.

過去の特集はこちらから.

部分床義歯補綴学演習 特別講演 (2020.07.09)

2020年7月9日に大学院講義および分野新人研修として,当分野の非常勤講師 谷田部 優 先生による特別講演を開催致しました.
 今回の演題は『欠損を診る目、読む目』という部分歯列欠損を診断する際に非常に重要なテーマをご講演頂きました.「低位咬合」「咬合平面の乱れ」「すれ違い咬合」といった補綴学会専門医症例報告などでも,しばしば問題点として挙げられるテーマについて実際の症例写真を交えての講演となりました.新人研修の枠を超えたとても充実した内容だったと感じております!
 
当日は分野外からも多数の皆様にご参加いただきありがとうございました.今後も同様の講演を予定しておりますので,ぜひご参加のほどお願い申し上げます.

続・歯と噛み合わせの物語(2021.01.18)New!!

図2.口腔と内側翼突筋,外側翼突筋のの位置的関係
A:口腔内での外側翼突筋に対する触診部位 B:最後臼歯欠損部顎堤 C:内側翼突筋 D:外側翼突筋下頭 E:頬筋 a:触診部位から外側翼突筋までの距離

 本分野OBの藍 稔先生のコラムです.第13回は「外側翼突筋」についてのお話です.

 前回の中心位に続き,顆頭位を考える上で重要な「外側翼突筋」についてのお話です.外側翼突筋を触診できるのか,という議論は現在でも見受けられます.
 今回の記事では,触診あるいは筋電図による評価が可能かどうかについての考察を経て,外側翼突筋の緊張状態の測定法と「なぜ,外側翼突筋は機能亢進が生じやすいのか」について議論が展開されます.前回の記事と合わせて,是非,お楽しみください.

第13回 外側翼突筋の話(2021年01月18日掲載)

 大学院時代だったか、ある学会で外側翼突筋の活動を筋電図に記録したという発表を聴いたことがあった。外側翼突筋が顎関節の運動に主体的に働くことは知っていたが、それが頭蓋底の深いところにあり、筋活動を記録するのは容易でないと思い、その発表に興味をもった。内容は殆ど忘れてしまったが、ただ針電極の設置がかなり難しいことやこの筋が上頭と下頭で活動が異なることなどが記憶に残った。以来、咀嚼筋としておぼろげであったこの筋に強くひかれるようになった。さらに顎の機能異常を研究するようになって改めてこの筋の重要性を知った。今回はその外側翼突筋を話題にする。(つづく)

 本コラムはこちらからどうぞ.

 また,日本補綴歯科学会誌10巻(2018)3号において,今回の記事でも引用されている藍先生の総説が掲載されております.こちらも是非,ご一読いただければと思います.

若手医局員によるエッセイNew!!

当分野への入局にご興味を持っていただいている先生,学生の皆様へ.また,OBOGの先生方へ.
医局やメンバーの雰囲気を感じて頂きたく,定期的に若手医局員の生の声をエッセイという形でお届けいたします!

日本人医局員
2020.12.09 2020年も残りわずか!(真下瑶子)

International Students
2020.09.03 New start (Qu Wenrui)

医局の風景

当分野では,新入局員への教育の充実を図り,様々な新人研修をおこなっています.


中心位における咬合器装着,顆路調整

本研修では,補綴治療において重要な手技である,中心位における咬合器装着に関連して必要なテクニック(中心位への誘導,咬合採得,フェイスボウトランスファー)に加えて,顆路調整を行うためのチェックバイト採得および咬合器の顆路調整を実習してもらいます.

その他,様々な研修を行っています!
詳しくは,若手医局員,研修中!をご覧ください

Online PBL実習(2020年6月10日)

全体討論では学生が画面を共有してグループで考えた義歯設計について発表してくれました!

新型コロナウイルスの影響で,学部学生の臨床実習が一時的に中断してしまいました.少しでも臨床力を養っていただきたいと考え,当分野ではZoomと学内専用クラウドを用いたOnline PBL (Problem-based Learning, 問題解決型学習)実習を開催いたしました.

1) PBLの1週間前にクラウド上に(個人情報等を排除した)症例概要を公開し,①症例の問題点抽出,②問題解決法,③治療計画立案,④部分床義歯の設計について,自主学習で考えて,クラウド内の提出フォームに個人回答を提出してもらいました.
2) PBL当日には,ブレイクアウトルーム機能を利用してグループごとにディスカッションを行なってグループとしての回答をまとめ,全体討論で代表者が発表しました.学生同士の質疑応答を通して,症例への深い考察が促されました.
3) その後,教員による実際の症例の経過の紹介と,事前提出された個人回答を紹介してのフィードバックを行いました.

苦境に負けず,頑張れ,学生の皆さん!
臨床実習再開後に,本PBLが学生の糧となっていることを期待しています!


ピンチをチャンスに!
教室一丸となって効果的な教育手法の導入にチャレンジしています!





更新履歴
2021.03.03 トップページ,最新の論文および関連図書を更新いたしました.
2021.01.27 トップページ,最新の論文を更新しました
2021.01.18 トップページ,大学院および藍 稔先生の 続・歯と噛み合わせの物語を更新いたしました。
2021.01.15 トップページ,最新の発表を更新いたしました。
2021.01.10 トップページ,大学院For International Studentsおよび最新の論文を更新しました



(このHPは,本分野のプロジェクトチーム(和田,村上,髙市,新井,稲用,髙草木,山崎,蕗)が製作・更新しています)

当分野では,教員・医員・大学院生が様々な角度から欠損補綴治療の更なる発展のために日々研究に取り組んでおり,その成果を積極的に国内外の学会にて発表することで,外部の研究者の方々と意見交換を行い,更なる研究の進展と臨床への還元を目指しております.


2019年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


当分野への入局に関するご案内です.


歯学部歯学科,口腔保健学科,歯学部附属歯科技工士学校実習科,卒後研修などにおける,部分床義歯の講義・実習を担当しています.


歯学博士の取得を目指した,研究と臨床の指導を行っています.


現在の常勤と非常勤の医局員,および大学院研究生の一覧です。


当分野では,主に歯学部付属病院3階の「義歯外来」で診療を行っております.
ここでは特に,「部分床義歯」の診療の特徴についてご紹介いたします.


医局員は全員が診療に従事しています。
2019年4月からの外来担当医一覧です。


当分野の連絡先を掲載したします.


当分野は歯科補綴学(しかほてつがく)の中でも部分床義歯(ぶぶんしょうぎし)補綴を専攻する講座として,歯科補綴学第一講座,摂食機能構築学分野から引き継がれました.それまでの学術基盤に加えて,現代と未来の社会に適応する新しい補綴学の推進に取り組んでいます.ここでは,当分野の沿革を簡単にご紹介いたします.


メールで定期的なご連絡をお送りしています.希望される先生は,医局長までお名前をご記載の上,ご連絡ください.


当分野は歯科補綴学(しかほてつがく)の中でも部分床義歯(ぶぶんしょうぎし)補綴を専攻する講座として,歯科補綴学第一講座,摂食機能構築学分野から引き継がれました.それまでの学術基盤に加えて,現代と未来の社会に適応する新しい補綴学の推進に取り組んでいます.ここでは,当分野の沿革を簡単にご紹介いたします.