グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部分床義歯補綴学分野

部分床義歯補綴学分野

義歯(ぎし)の研究,教育,臨床で,人々の幸せを創り出します.

・絶えず研究を行い,新しい知識と臨床技術を創出し,人と未来の役に立ちます.

・学習する人が中心の授業を行い,教育内容を常に改善し,頼れる医療者を送り出します.

・患者さんが生活の豊かさ,心のゆとりを得られるよう,お手伝いします.

分野一覧からも当分野の概要がご覧いただけます.
Short summary of the Removable Partial Prosthodontics is presented here in English.

来院される方へ

補綴(ホテツ)系分野の一つである「部分床義歯補綴学」は主に歯学部付属病院3階の「義歯外来」で診療を行っております.
平成26年度,義歯外来において新しく装着された義歯(可撤性の入れ歯)は,2,427症例に達しました.

医局員は全員が診療に従事しています.2016年4月からの外来担当医はこちらをご覧ください.
歯学部付属病院の場所:キャンパスマップの#5歯科棟北です.
診療日と時間:歯学部付属病院のご案内をご覧ください.

本学歯学部のHPが新しく立ち上がりました

東京医科歯科大学歯学部のHPが新設されました.
本学が取り組んでいる,研究・臨床・教育についてのご紹介の他,国際交流,入学案内等,豊富な内容となっています.

こちらからアクセス可能ですので,是非ご覧ください.

入局・見学のお問い合わせ

大学院生、大学院研究生、研修登録医などでの入局希望者の医局見学等、随時対応しております。ご希望の方は医局長まで電子メールにてご連絡ください.

平成28年度(後期)東京医科歯科大学大学院研究生(旧専攻生)の募集について公示されました。募集要項、出願書類はこちらからダウンロードしてください.

平成29年度(4月入学)東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科博士課程医歯学系専攻(大学院生)の募集について公示されました。募集要項、出願書類は本学入試課窓口またはこちらからテレメールでご請求ください(資料請求後2~3日で届きます).


平成29年度 博士課程(大学院生) 出願期間
第2次募集  平成28年11月22日(火)~平成28年11月30日(水)
詳しくは募集要項をご確認ください.

続・歯と噛み合わせの物語 連載開始のお知らせ

 本分野OBの藍 稔先生のコラムを掲載いたします.第2回は,下顎運動についてのお話です.
 Posselt figureとして有名な下顎運動範囲の形を,独自の手法で記録することを試みていた学生時代のお話です.

第3回 遊びさまざま その1(2016年9月2日掲載)

 “遊びをせむとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば我が身さえへこそ揺るがるれ”、これは梁塵秘抄の今様の一節である。NHKの大河ドラマ平清盛でよく歌われていたので広く知られるようになった。嬉々として遊ぶ子供たちの声を聴くと童心が騒ぐといった大人の感慨を謡ったものである。(つづく)

 本コラムはこちらからどうぞ.

「パーシャルデンチャー活用力」発刊のお知らせ(2016.2.8)

クリックすると出版社のサイトへリンクします

当分野医局員が執筆した教科書が発売されました.

パーシャルデンチャー活用力
~ライフコースに沿った基本から使いこなしまで~

和田淳一郎,高市敦士,若林則幸 著
医歯薬出版

新しい論文:新たに発見された紫外線処理チタンの抗酸化能力

東京医科歯科大学プレスリリースでも取り上げられました.

Ueno T(C), Ikeda T, Tsukimura N, Ishijima M, Minamikawa H, Sugita Y, Yamada M, Wakabayashi N, Ogawa T.
Novel antioxidant capability of titanium induced by UV light treatment
(上野剛史)
Biomaterials, 2016 Aug 31. [Epub ahead of print]

本学歯学部,QS世界大学ランキングの歯学分野で世界第6位の高評価(2016年3月)

英国の世界大学評価機関のクアクアレリ・シモンズが発表しているQS世界大学ランキングは,世界で最も広く使われている大学評価指標の一つで,教員の評価,卒業生に対する評価,教員数,論文の被引用数,留学生数などを基に決められます.2016年3月に発表された最新版で,本学歯学部は昨年に引き続き,世界第6位の高評価を得ました.

本学歯学部は,今後さらに質の向上に努めてまいります.

部分入れ歯に関するQ&A

部分入れ歯をお使いの方が,日頃抱えていらっしゃる疑問に対して,Q&Aでお答えいたします.
こちらからご確認ください.

学会発表の予定

第99回日本細菌学会関東支部総会にて発表いたします.
2016年10月6日(木)~7日(金) 於 北里大学薬学部コンベンションホール (東京)
S-PRGフィラー含有tissue conditionerのC.albicans付着抑制効果と機械的性質(発表者:高草木謙介)

学会発表での受賞

第125回日本補綴歯科学会学術大会にてポスター賞を受賞いたしました

2016年7月8日(金)~10(日) 於 石川県立音楽堂,ANAクラウンプラザホテル金沢(金沢市)
ノンメタルクラスプデンチャーの有効性に関するランダム化クロスオーバー試験(発表者:笛木賢治)

第36回日本骨計測学会にて若手研究者賞を受賞いたしました

2016年6月24日(金) 於 新潟コンベンションセンター(新潟)
ペプチドが誘導する抜歯後の新生骨形成および歯槽骨保護: BMP-2誘導マウス抜歯窩骨新生モデルによる検証研究(発表者:新井祐貴)

第19回日本補綴歯科学会東京支部学術大会にて優秀発表賞を受賞いたしました

2015年11月29日(日) 於 東京医科歯科大学 M&Dタワー 鈴木章夫記念講堂(東京)
レーザー積層造形法で製作したクラスプの疲労特性(発表者:加嶋祐佳)

第14回日本睡眠歯科学会定期学術集会にて優秀発表賞を受賞いたしました

2015年11月23日(月) 於 藤田保健衛生大学(愛知)
OA使用の閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対する運動療法が, 顎関節の痛みに及ぼす影響について-二重盲検ランダム化比較試験-(発表者:石山裕之)

第66回日本歯科理工学会学術大会にて研究奨励賞を受賞いたしました

2015年10月3日(土) 於 タワーホール船堀(東京)
レーザー積層造形法で製作したCo-Cr-Mo合金クラスプの疲労強度(発表者:高市敦士)

第3回同門会が開催されました(2016.1.31)

第3回同門会は2016年1月31日(日)に盛大に執り行われました.
多くのOBOGの先生方のお出でいただきました.
ありがとうございました.

更新履歴
2016.09.02 続・歯と噛み合わせの物語を更新いたしました.
2016.07.06 トップページを更新いたしました.
2016.06.15 トップページおよび最新の論文を更新いたしました.
2016.05.20 トップページに「入局・見学のお問合せ」,「入局相談および入局説明会のお知らせ」を追加いたしました.
2016.04.01 医局員および外来担当表を更新いたしました.
2016.01.12 トップページおよび最近の発表のページを更新いたしました.
2016.01.06 トップページを更新いたしました.







(このホームページは,本分野のプロジェクトチーム(和田淳一郎,村上奈津子)が製作・更新しています)

当分野では,教員・医員・大学院生が様々な角度から欠損補綴治療の更なる発展のために日々研究に取り組んでおり,その成果を積極的に国内外の学会にて発表することで,外部の研究者の方々と意見交換を行い,更なる研究の進展と臨床への還元を目指しております.


2016年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


歯学部歯学科,口腔保健学科,歯学部附属歯科技工士学校実習科,卒後研修などにおける,部分床義歯の講義・実習を担当しています.


歯学博士の取得を目指した,研究と臨床の指導を行っています.


Our PhD program provides advanced training of researchers in the field of prosthodontics.


現在の常勤と非常勤の医局員,および大学院研究生の一覧です。


部分床義歯補綴学分野では,すべての教員と医員がそれぞれ担当する研究課題に取り組んでいます.


当分野では,主に歯学部付属病院3階の「義歯外来」で診療を行っております.
ここでは特に,「部分床義歯」の診療の特徴についてご紹介いたします.


医局員は全員が診療に従事しています。
2015年4月からの外来担当医一覧です。


当分野の連絡先を掲載したします.


大学院生、大学院研究生、研修登録医などでの入局希望者の医局見学等、随時対応しております。ご希望の方は医局長まで電子メールにてご連絡ください。


メールで定期的なご連絡をお送りしています.希望される先生は,wadajun.rpro@tmd.ac.jpまでお名前をご記載の上,ご連絡ください.


当分野は歯科補綴学(しかほてつがく)の中でも部分床義歯(ぶぶんしょうぎし)補綴を専攻する講座として,歯科補綴学第一講座,摂食機能構築学分野から引き継がれました.それまでの学術基盤に加えて,現代と未来の社会に適応する新しい補綴学の推進に取り組んでいます.ここでは,当分野の沿革を簡単にご紹介いたします.