がんリハユニット

がんリハユニット

ユニット長 ごあいさつ

がんに罹患すると、筋力や体力の低下・だるさ・動きにくさなどの体調不良がおこることがあります。また、がん治療の上で行われる手術・化学療法・放射線療法等によってもさまざまな機能の低下を起こすことがあります。
がんのリハビリテーションの目的は、患者さんの回復力を高め、現状の体力・能力の維持・向上をはかり、以前と変わらない生活を取り戻すことで、患者さんの生活の質を守りながら有効ながん治療を長く継続していくため、生活面の総合的なサポートを行うことが主眼となります。
近年、診断や治療の進歩によりがんの治療成績が年々向上しており、多くの患者さんが通常の生活を送りながらさまざまな治療を長期にわたり続けておられます。がんのリハビリエーションは、がんと診断された時から体力維持回復、障害の予防や緩和、または能力の維持改善のために開始されるもので、がん治療を長く無理なく継続していくためにもとても重要なものです。
がんリハユニット長 酒井朋子

 

専門分野

・がん自体や化学療法・放射線療法による筋力や体力の低下 ・手術による体力低下や術後肺炎などの合併症 ・骨髄移植を伴う血液がん
・腫瘍が末梢の神経を巻き込むことによるしびれや筋力低下 ・骨への転移による痛みや骨折 ・腫瘍による麻痺や言語障害
・脊髄腫瘍や転移による麻痺や排尿障害 ・乳がんの手術後におこる肩関節の挙上障害 ・舌がんや頭頚部がんの治療に伴う嚥下や発声障害

 

専用ホームページ

概要

がんの治療方法は多岐にわたりますが、長くしっかりがん治療をつづけるためにはあくまでもご本人の体調が良好である必要があります。このため、体力、体調の維持向上を目指すことが重要です。がんのリハビリは病状の変化や治療と並行して様々な時期に行われ、いずれの時期においても有効です。診断直後・手術前後に行う予防的リハビリ、化学療法・放射線療法などで起こりうる機能低下を軽減する回復的リハビリ・維持的リハビリ、できる限り可能で心地よい生活を実現することを目指す緩和的リハビリがあります。
がんのリハビリには『運動療法』が効果的で、身体機能向上による日々の疲労感の軽減とともに抑うつ的な気分の改善にも効果があります。ご本人の状態・体力とともにがんの治療内容にあわせた運動強度を処方し、筋力トレーニングと歩行や自転車エルゴメーターなどの有酸素運動を日々の体調に合わせて行います。また、嚥下訓練や関節運動など個別の機能障害に対するリハビリや、筋力や筋量測定に基づいた治療の経過中の体調管理を行っています。退院後の生活の中での運動療法の提案、快適に過ごすための杖や自助具の紹介なども重要な取り組みです。

がんのリハビリテーション

問い合わせ先

現在の保険診療においてはがんのリハビリは入院中のみ適応になります。入院治療を受けられる時ががんのリハビリをうけるタイミングになりますので、おかかりの科の主治医の先生にリハビリのご希望をお伝えください。リハビリテーション科医がご相談させていただきます。