診療科・センター・部門

リハビリテーション部

部長のご紹介

病態に合わせて超急性期からリハビリテーションを導入し、
早期回復をはかっています

部長 神野 哲也 -Tetsuya Jinno-
専門医 日本リハビリテーション医学会認定 リハビリテーション科専門医
日本整形外科学会認定 整形外科専門医
日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医
専門分野 運動器疾患のリハビリテーション
股関節外科
研究領域 動作解析
人工股関節
電話番号 03-5803-5648

リハビリテーションは治療がひと段落したら開始というのではなく、外傷、手術、急性期疾患の治療開始と同時に早期から始めることが、良好な機能回復へつながります。当院は専門性の高い整形外科手術や、重篤な疾患・難治疾患に対する積極的な治療が行われていますが、それぞれの病態に合わせて、超急性期からリハビリテーションを導入し、早期回復を図っています。

部の概要

急性期から積極的にリハビリテーションを開始して、障害を少しでも軽減できるようにします。また、退院後、安心して生活が送れるように心掛けています。整形外科・脳神経外科・神経内科を中心に様々な診療科の患者さんのリハビリテーションを行っています。理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3部門で患者さんの必要に応じて、急性期からリハビリテーションを開始し、短い入院期間でも安心して退院・転院していただけるよう総合的に診療を行っております。高齢社会の問題の1つでもある、誤嚥性肺炎の防止にも積極的に取り組んでいます。

おもな診断・治療法

多くの疾患に対し手術後・発症後可能な限り早期にリハビリテーションを開始し、離床できない患者さんでも、病室から積極的に介入を行うことで、無動による二次的な障害を予防しながら患者さんの機能回復をサポートしています。

高度な先進技術

人工関節の手術後リハビリテーションは短期間で歩行や日常生活動作の獲得を行います。肩関節腱板断裂後再建手術等も早期からリハビリテーションを開始し、入院期間の短縮を図っています。また、嚥下の評価・治療にも積極的に取り組んで、安全な摂食と、食べる楽しみを患者さんに味わっていただいています。