グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部分床義歯補綴学分野  > 最新の発表

最新の発表

部分床義歯補綴学の医局員による学会発表,講演,講習会などの最新情報をお知らせします.

当分野では,教員・医員・大学院生が様々な角度から欠損補綴治療の更なる発展のために日々研究に取り組んでおり,その成果を積極的に国内外の学会にて発表することで,外部の研究者の方々と意見交換を行い,更なる研究の進展と臨床への還元を目指しております.

すべての発表と講演はこちらをご参照ください.


2020年6月26日(金)~28日(日) 於 福岡(福岡)
・課題口演
部分床義歯治療による客観的・主観的咀嚼能力向上の検出能力(発表者:林 葉子)

・一般口演・ポスター
患者の視点からみた部分床義歯治療に対する評価指標の重要度―大学病院の受診患者での検討―(発表者:稲用友佳)
口腔内スキャナによる部分欠損歯列データの部分的改変がデータの精確度に及ぼす影響(発表者:坂本一生)
部分床義歯治療における口腔関連QoLの臨床的有意性(発表者:K Zin MO)

2019年の発表はこちらです.


2018年の発表はこちらです.


2017年の発表はこちらです.


2016年の発表はこちらです.


2015年の発表はこちらです.


2014年以前の発表はこちらです.