グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 顎顔面補綴学分野

顎顔面補綴学分野

世界唯一の顎顔面補綴の専門分野として

頭頸部がんの切除後などに後遺した後天的な頭頸部領域の欠損,あるいは口唇裂口蓋裂のように先天的な頭頸部領域の欠損を持つ方々の人生を支えるために,世界唯一の顎顔面補綴の専門分野として,研究,教育,臨床の全てに全力を尽くします.


お知らせ

【お知らせ】
こちらにて,当分野の日々の活動,学生講義,実習などについてご紹介します.不定期に更新されています.

Maxillofacial Prosthodontics is the Focus of August ICP Webinars presented by Mahmoud Elbashti

本分野非常勤講師のマムッド先生による講演が,ICPウェビナーで行われます.顎顔面補綴へのデジタル技術の応用のいつくかをご紹介申し上げますのでどうぞ奮ってご参加ください.演者のマムッド先生からのメッセージです.

“It is my pleasure to invite you to my ICP webinar that will be held on Monday, August 3rd from 9:00-10:00 am EDT. In this webinar, I will talk about the Interactive visualization of three-dimensional maxillofacial prosthetic data using portable document format. I will be so glad to see you all there!”

Dr. Mahmoud Elbashti

Registration
登録は,こちらです.

歯界展望8月号に「一般臨床に於けるSpeechの評価」と題し,隅田が執筆しております.


歯界展望2020年6月号の1255ページ,新連載「歯科におけるSpeechを再認識する:『発声・発語・構音』から『Speech』への転換」と題し,徳島大学市川哲雄教授と隅田講師による連載(全6回を予定)が始まりました.
「言語」とは?「Speech」とは?から掘り下げて論じていきます.これまで,Speechに関する研究は広い分野で遂行されてきました.そこで,Speech研究の歴史を振り返りながら,最新のSpeechに関する研究データにも触れ,一般臨床で役に立つSpeechの評価,補綴歯科診療で気を付けるべきSpeechの問題と対処法,さらに顎顔面補綴臨床でのSpeech障害と対処法,口腔機能不全症と言語聴覚士による対処法まで,一息で駆け抜けます.ご一読いただけると嬉しいです.

【Just Published!】
Kelimu S et al: A nonconventional approach to prevent mouth dryness in a patient with a complex maxillofacial defect.
International Journal of Maxillofacial Prosthetics, [S.l.], v. 3, p. 7-11, apr. 2020.

Yu H, Wang Y, Sumita YI, Hattori M. Maxillofacial prosthetic rehabilitation in a patient with a high-arched palate. Open J Clin Med Case Rep. 2020; 1657.

Feasibility of Intraoral Scanning for Data Acquisition of Maxillectomy Defects. Manjin Zhang, Mariko Hattori , Mahmoud E Elbashti, Yuka I Sumita. Int J of Prosthodont 2020; 33(4): 452-456.

所属する医局員,大学院生,研究生について


顎顔面補綴にご興味のある医療従事者の方はこちらをご覧下さい


顎義歯外来に紹介予定のある先生,顎義歯外来を受診予定の方のためのページです.


For International Students and Researchers


介绍研究和临床