乳腺外科(ブレストセンター)

乳腺外科(ブレストセンター)

ブレストセンター~院内の乳がん治療を集約しました
女性が罹患する癌の第1位は乳癌であり、未だ罹患者は増加傾向にあります。本センターはこれまで以上に乳癌治療の効率化を図るために設立されました。本センターは、乳腺外科、形成外科、放射線診断科、放射線治療科、病理部、乳がん看護認定看護師で構成され、周産女性診療科、遺伝子診療科、がんゲノム診療科、腫瘍センターとの連携も強化しました。

ブレストセンター医師団~我々が総力を挙げ、乳癌治療に取り組みます。

ブレストセンターからのお知らせ

2020/11 HBOCの方の、予防的乳房切除が保険診療として可能になりました(乳癌卵巣がん未発症の、予防的乳房切除は自費診療となります)。
2020/4/9 新型コロナウイルス感染拡大の状況を受け、病状が安定している方は電話での処方箋発行が可能となります。ご希望の方はこちらをクリックしてご確認下さい。
2020/1/14より乳腺外科外来はA棟3階に移動します。形成外科と同じエリアで外来を行い、ブレストセンターとして併診の利便性を向上します。
2019/8 乳癌診療における院内の診療科連携を充実させたブレストセンターを開設しました。

センター長 ご挨拶

近年、医療に従事していない方も、「がん」という言葉を耳にしない日はないと思います。日本人の3人のうち2人は「がん」に罹患すると言われており、特に「乳がん」は女性が罹患するがんの第1位になっています。東京医科歯科大学では、これまでも乳腺外科、形成外科、放射線診断科、放射線治療科、病理部と連携を密にし、最先端の「乳がん」治療を提供して参りました。この度、「ブレストセンター」を開設し、更なる診療科間の連携を深め、より良い「乳がん」治療を提供していく所存です。一言に「乳がん」患者さんと言っても様々な方がいらっしゃると思います。初診の患者さんから、以前手術を受けられて乳房再建を希望される方、がん治療に並行して妊娠出産を望まれる方、再発治療でお困りの方、等、当ブレストセンターでは、様々な背景をお持ちの患者さんに、迅速に治療ができるように開設されました。お気軽にご相談ください。

ブレストセンター長 中川剛士(乳腺外科診療科長)

形成外科診療科長 ご挨拶

 乳房再建は「こころ」の再建と言われます。再建しないことで機能的に困るわけではありませんが、再建することによってこころも体も元気にします。以前は再建することで、乳がんの予後を懸念する声もありましたが、そういった事実はないことが明らかにされています。日本全体の再建率は10%程度ですが、30%程度の再建率を示す国もあり、まだ全国に普及しているとは言えない状況です。
 当院では1990年代から乳腺外科と形成外科の連携によって再建が行われ、700例を越える実績があります。今回、設立されたブレストセンターの中でも、形成外科と乳腺外科は外科治療における両輪であります。適切な切除と欠損に応じた再建を行うことで、乳がんの外科治療は完了します。選択肢は穿通枝皮弁を中心とした皮弁再建、シリコンインプラントによる人工物再建に加えて、脂肪移植(自費診療)も行っています。温存療法後の変形に対する再建や乳頭乳輪再建も行います。患者さんのご希望に沿った形で治療を選択しており、世界に負けない治療を目指していますので、一度ご相談ください。

森弘樹(形成・美容外科診療科長、大学院形成・再建外科学分野教授)

お問い合わせは

当科における乳腺腫瘍の診断と治療の概要です。

大学病院ならではの乳癌治療を受けて頂けます。

私たちが皆さんの治療を担当致します。

セカンドオピニオンは随時受け付けております。
医療連携支援センター セカンドオピニオン外来 TEL 03-5803-4568(直通)(平日8:30-17:00)

当科で現在行われている治験と臨床試験です。