グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部分床義歯補綴学分野  > 最新の論文

最新の論文

2020年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.

商業雑誌を含めたすべての論文は,こちらから参照できます.


当分野の常勤医局員が第一著者または連絡著者である論文

1) Nagayama T, Wada J(C), Watanabe C, Murakami N, Takakusaki K, Uchida H, Utsumi M, Wakabayashi N.
Influence of retainer and major connector designs of removable partial dentures on the stabilization of mobile teeth: a preliminary study.
部分床義歯の支台装置および大連結子のデザインが動揺歯の安定に及ぼす影響ー基礎的検討ー(長山富治,和田淳一郎)
Dental Materials Journal. 2020 Jan 31;39(1):89-100.

2) Inamochi Y, Fueki K(C), Matsuyama Y, Yoshida-Kohno E, Fujiwara T, Wakabayashi N.
Does oral dryness influence pressure pain sensitivity in the oral mucosa of removable denture wearers?
口腔乾燥は義歯装着者の口腔粘膜圧痛閾値に影響するか?(稲用友佳,笛木賢治)
Clinical Oral Investigations. [Epub ahead of print]

3) Atsushi Takaichi (C), Yuka Kajima, Nuttaphon Kittikundecha, Hein Linn Htat, Hla Htoot Wai Cho, Takao Hanawa, Takayuki Yoneyama, Noriyuki Wakabayashi.
Effect of heat treatment on the anisotropic microstructural and mechanical properties of Co–Cr–Mo alloys produced by selective laser melting.
レーザー積層造形法により製作したコバルトクロム合金の組織および機械的性質における異方性への熱処理の影響(高市敦士)
Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials. [Epub ahead of print]

4) Myint Oo KZ, Fueki K (C), Yoshida-Kohno E, Hayashi Y, Inamochi Y, Wakabayashi N.
Minimal clinically important differences of oral health-related quality of life after removable partial denture treatments.
部分床義歯治療における口腔関連QOLの臨床的最小重要差(K Zin Myint Oo, 笛木賢治)
J Dent. 2020 Jan;92:103246.

当分野の常勤医局員が共著者である論文

5) Ogawa M, Katagiri S(C), Koyanagi T, Maekawa S, Shiba T, Ohsugi Y, Takeuchi Y, Ikawa T, Takeuchi S, Sekiuchi T, Arai Y, Kazama R, Wakabayashi N, Izumi Y, Iwata T.
Accuracy of cone beam computed tomography in evaluation of palatal mucosa thickness.
口蓋粘膜の厚さ評価を目的としたコーンビームCTの精度検証(新井祐貴,若林則幸)
J Clin Periodontol. Jan 8. [Epub ahead of print]

6) Iwanaga J(C), Cleveland MK, Wada J, Tubbs RS.
How to avoid iatrogenic lingual nerve injury in the retromolar area: an anatomical study of retromolar pad and lingual nerve.
臼後領域における舌神経の医原性損傷をいかに回避するか:レトロモラ―パッドと舌神経に関する解剖学的検討(和田淳一郎)
Surg Radiol Anat. 2020 Jan 27.[Epub ahead of print]

2019年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2018年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2017年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2016年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2015年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2014年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.