グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部分床義歯補綴学分野  > 最新の論文

最新の論文

2020年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.

商業雑誌を含めたすべての論文は,こちらから参照できます.


当分野の常勤医局員が第一著者または連絡著者である論文

1) Fueki K(C), Inamochi Y, Kohno-Yoshida E, Wakabayashi N.
Cost-effectiveness analysis of prosthetic treatment with thermoplastic resin removable partial dentures.
熱可塑性樹脂を用いた部分床義歯(ノンメタルクラスプデンチャー)の費用対効果分析(笛木賢治)
J Prosthodont Res. [published online ahead of print, 2020 Sep 9].

2) Kajima Y, Takaichi A(C), Nuttaphon Kittikundecha, Hein Linn Htat, Hla Htoot Wai Cho, Yusuke Tsutsumi, Takao Hanawa, Noriyuki Wakabayashi, Takayuki Yoneyama.
Reduction in anisotropic response of corrosion properties of selective laser melted Co–Cr–Mo alloys by post-heat treatment.
熱処理によるレーザー積層造形法により製作したコバルトクロム合金の耐食性における異方性の減少(加嶋祐佳,髙市敦士)
Dental Materials. [published online ahead of print, 2020 November 18].


3) Fueki K(C), Inamochi Y, Wada J, Ari Y, Takaichi A, Murakami N, Ueno T, Wakabayashi N.
A systematic review of digital removable partial dentures. Part I: Clinical evidence, digital impression, and maxillomandibular relationship record
デジタルRPDに関するシステマティックレビュー Part 1: 臨床的エビデンス,デジタル印象採得および咬合採得(笛木賢治)
Journal of Prosthodontic Research. (published online ahead of print, 2021 Jan 26)

4) Takaichi A, Fueki K (C), Murakami N, Ueno T, Inamochi Y, Wada J, Arai Y, Wakabayashi N.
A systematic review and meta-analysis of digital removable partial dentures. Part II: CAD/CAM framework, artificial teeth, and denture base
デジタルRPDに関するシステマティックレビュー Part 2: CAD/CAMフレームワーク,人工歯,義歯床(髙市敦士,笛木賢治)
Journal of Prosthodontic Research. (published online ahead of print, 2021 Jan 26)

5) Hayashi Y, Fueki K(C), Kohno-Yoshida E, Inamochi Y, Myint Oo KZ, Wakabayashi N.
Responsiveness of methods to evaluate objective masticatory function in removable partial denture treatments
部分床義歯治療における客観的咀嚼能力評価法の反応性(林葉子,笛木賢治)
Journal of Prosthodontic Research. (accepted)

6) Fueki K(C), Inamochi Y, Yoshida-Kohno E, Hayashi Y, Wakabayashi N. Responsiveness of methods to evaluate chewing ability after removable partial denture treatments.
部分床義歯治療における主観的咀嚼能力評価法の反応性(笛木賢治)
J Oral Rehabil. (accepted)

当分野の常勤医局員が共著者である論文

6) Schierz O(C), Baba K, Fueki K.
Functional Oral Health-Related Quality of Life Impact: A Systematic Review in Populations with Tooth Loss.
口腔関連QoLの機能面への影響:歯列欠損患者におけるシステマティックレビュー(笛木賢治)
J Oral Rehabil. 2020 Apr 24. [Epub ahead of print]

7) John MT, Häggman-Henrikson B, Sekulic S, Stamm T, Oghli I, Schierz O, List T, Baba K, Bekes K, van Wijk A, Su N, Reissmann DR, Fueki K, Larsson P, Theis-Mahon N, Omara M, Bondemark L, Visscher CM.
Mapping Oral Disease Impact with a Common Metric (MOM) - Project Summary and Recommendations.
Mapping Oral Disease Impact with a Common Metric (MOM) -プロジェクトの概要と推奨-(笛木賢治)
J Oral Rehabil. 2020 Dec 10.[Epub ahead of print]

2019年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2019年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2018年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2017年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2016年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2015年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.


2014年に発表された「部分床義歯補綴学分野」の医局員が参加した論文をご紹介いたします.