グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 国際医療部

国際医療部

外国人患者さんに円滑な医療サービスを提供する体制を構築します


国際医療部は2018年4月に発足しました。各診療科、看護部、医療支援課、医事課、医療連携支援センター、総務課、管理課、企画室、さらに病院統括部や歯学部付属病院など、院内部門や地域医療機関等と連携して、外国人患者が安心して受診できる医療機関を目指します。


外国人患者の方へのご案内

1.医療費について

東京医科歯科大学医学部附属病院では、2018年10月1日より、日本国籍を有さず、且つ日本国内で有効な公的健康保険を有しない患者さんにおける診療については、診療報酬点数1点につき30円を請求します。海外在住で日本の健康保険証を有していない日本国籍の患者さんの診療についても、同様の取扱いとなります。
なお、消費税は別途発生しますので、ご了承ください。

At Tokyo Medical and Dental University, Medical Hospital, from 1st October, 2018, for patients who do not have either Japanese nationality or valid Japanese public health insurance, all medical treatment is charged at a rate of 30 yen per 1 medical fee point. The same applies to Japanese citizens living overseas who do not have Japanese health insurance.
In addition, please acknowledge and agree that there is an additional charge for consumption tax.

东京医科齿科大学医学部附属医院从2018年10月1日起,对于非日本国籍,且不持有日本国内有效的公共健康保险的患者,医疗费按诊疗报酬点数每1点30日元计算。对于居住海外,不持有日本健康保险证的日本籍患者,也是同等对待。
另外,消费税需另外加算,敬请知悉。

2. 医療通訳について

医療通訳タブレットMELON
(コニカミノルタ株式会社)

当院は医療通訳タブレット(無料)の用意がございますので、日本語が不自由な方は1F総合受付(6番窓口)または各診療科受付にお申しつけください。

英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、
ベトナム語、ロシア語、タイ語、タガログ語、ネパール語、
インドネシア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語
マレー語、ミャンマー語、クメール語、モンゴル語 計18言語

3.メディカルツーリズムの患者さんのご受診について

日本の健康保険証を有していない方の受診相談が増えております。当院での治療が可能かどうか回答するのに、 まずはセカンドオピニオン外来受診(治療可否相談)をお薦めします。提出された診療情報、画像データ等に基づき、診断内容や治療法に関して当院の専門医の意見・判断を提供しますので、今後の治療の参考にしてください。

所要時間
  1時間程度。ご相談のお時間(約45分間)、医師による報告書作成(約15分間)

料金
  88,000円(消費税込み。当日にお支払いいただきます)

相談に必要な書類 

1 紹介状 Referral letter(主治医のサイン入り)    
  必要な項目 
  ・宛先:東京医科歯科大学医学部附属病院(〇〇診療科)
   Direct:Tokyo Medical and Dental University(〇〇Department)  
  ・主治医 The physician in charge
  ・紹介元医療機関 Referred hospital 〇〇診療科Department
  ・診断名 Diagnosis
  ・症状経過 Progress of a disease
  ・現在の症状 Presenting symptoms
  ・主訴 Chief Complaint
  ・既往歴 Past illness history
  ・家族の病歴 Family illness history
  ・処方 Medication
  ・コメント Comment
  ・治療方針 treatment plan

2 検査結果 Medical Examination Data
  ・CT、MRIなどの画像
  ・血液検査の結果
  ・疾患によるが、病理検査の報告書等

3 申込書(当院所定のもの)、代理受診の場合相談同意書(委任状)

患者さんに安心・安全な医療を提供するため、原則として当院が業務提携をしている下記身元保証機関を介し、お申込みいただくことになっております。コーディネート費用は患者さんのご負担となりますので、予めご了承願います。

★日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(Emergency Assistance Japan Co., Ltd.)
http://maj.emergency.co.jp
+81-3-3811-8600 (English, Japanese, Korean, Thai and others)
+81-3-3811-8251 (Chinese / call to Japan)
+86-10-8592-7080 (Chinese / call to Beijing, 010-8592-7080 call inside China)
+81-3-3811-8271  (Russian)

★株式会社セントルシアヘルスケアジャパン(SaintLucia Healthcare Japan Co.,Ltd.)
http://www.stluciabj.cn

+81-3-5544-8910 (Japanese, Chinese)
+86-10-85180678 (Call to Beijing, Chinese)

★日本国際医療交流センター株式会社(JAPAN INTERNATIONAL MEDICAL EXCHANGE CO. LTD)
http://www.hopenoah.com
http://www.jimec.jp

81-3-6277-6517 (Chinese, English, Korean, Mongolian, Vietnamese and others)
400-086-8008(call inside China)

★株式会社国書刊行会(Kokusho Kankokai. Inc)
http://www.medicalkokusho.jp

+976-11-314235 (Mongolian / call to Ulaanbaatar:011-314235 call inside Mongolia)
+81-3-5970-7802 (Japanese, Chinese, Vietnamese, Korean, Bengali)
+81-3-5970-7805 (Japanese, Chinese, English)

★信川医療観光株式会社 (Nobu Kawa Medical & Health Tourism CO.,LTD)
http://www.nbkw.co.jp

+81-3-5319-4388 (Japanese/Chinese)

お問い合わせ先
東京医科歯科大学医学部附属病院 国際医療部
International Health Care Department
EMAIL: info.ihc@tmd.ac.jp

お知らせ

◆2019年12月3日(火) 17時30分~19時 
東京大学院国際保健政策教室主催共催、東京女子医科大学国際環境・熱帯医学講座、東京医科歯科大学医学部附属病院共催
UHC DAY 2019イベントが開催されます。
講演題名:『誰一人取り残されない医療を考える ~SDGs時代における医療のあり方』
場所:都市センターホテル

【プログラム】
第一部:オープニング・基調講演
開会挨拶:喜多洋輔氏, 厚生労働省大臣官房国際課 国際保健企画官
基調講演:高山義浩氏, 沖縄県立中部病院 感染症内科・地域ケア科 副部長

第二部:教育講演
杉下 智彦氏, 東京女子医科大学 国際環境・熱帯医学講座 教授/講座主任

第三部:パネルディスカッション
テーマ:誰も取り残されない医療を実現するための鍵ーあるべきヘルスケアの姿ー
    • 高山義浩氏, 沖縄県立中部病院 感染症内科・地域ケア科 副部長
    • 杉下智彦氏, 東京女子医科大学 国際環境・熱帯医学講座 教授/講座主任
    • 田口亜希氏, 一般社団法人日本パラリンピアンズ協会理事、パラリンピック射撃 元日本代表、
     日本郵船株式会社 広報グループ 社会貢献チーム
    • 二見茜氏, 東京医科歯科大学医学部附属病院 国際医療部、副部長
    • 村上綾氏, IFMSA-Japan 人権と平和に関する委員会 責任者

◆2019年11月6日(水)18時30分~20時30分 国際医療部・総合診療科特別映画上映会が開催されます。
映画名『女を修理する男』 
監督:ティエリ・ミシェル(Thierry Michel)2015年公開 
映画は、2018年にノーベル平和賞を受賞したコンゴ人婦人科医のデニ・ムクウェゲ医師の命がけの治療を追ったドキュメンタリー。性暴力の生存者を治療・支援する医師の献身的な活動と、その衝撃的な実態および背景にある「紛争鉱物」問題を描いた作品です。
場所:M&Dタワー2F 鈴木章夫記念講堂
   

◆2019年8月28日(水) 18時~19時 国際医療部・総合診療科合同セミナーが開催されます。
講演題名:『パレスチナ難民キャンプの家庭医育成プロジェクト』
講師:清田 明宏 先生
場所:MDタワー2階 共用講義室1

◆2019年3月5日(火) 18時~19時 国際医療部主催の病院職員研修が開催されます。
講師:二見 茜 助教
講演題名:『外国人患者対応 ~円滑なコミュニケーションと未収金防止対策』
場所:鈴木章夫記念講堂



2018.12.27
当院が、厚生労働省が実施する『医療機関における外国人患者受け入れ環境整備事業』に基づき、地域における外国人患者受け入れ拠点病院として認定されました。外国人患者受入れ拠点病院の公募結果について

メンバー

岡田 卓也(部長)
二見 茜(副部長)
神成 幸(英語通訳)
三木 紅虹(中国語通訳)
杜 曼君(中国語通訳)

研究実績

岡田卓也部長の研究情報(下記参照) 
https://reins.tmd.ac.jp/html/100009223_ja.html

二見茜副部長の研究情報(下記参照)
https://researchmap.jp/akanefutami/