診療科・センター・部門

国際医療部

部長のご紹介

外国人患者さんに円滑な医療サービスを提供する体制を構築します

部長 岡田 卓也-Takuya Okada-
専門医 日本外科学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
専門分野 外科、消化器疾患、消化器内視鏡
研究領域 外科手術、消化器内視鏡、消化器がん検診
電話番号 03-5803-5650
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/ihcd/

2018年4月に発足しました。各診療科、看護部、医療支援課、医事課、医療連携支援センター、総務課、管理課、企画室、さらに病院統括部や歯学部附属病院など、院内部門や地域医療機関等と連携して、海外の患者が安心して診療を受けることができるようにお手伝いをします。経済的な条件を前提としますが、日本に来られた海外の方が日本人と同等な医療を受けることができることを目指します。皆様、よろしくお願いいたします。

部の概要

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えた訪日観光客や、日本に中・長期滞在する留学生や外国人労働者などの増加に伴い、当院を受診する外国人患者が増えています。国際医療部は、外国人診療における言葉や文化の壁、滞在資格や未収金など様々な問題を解決し、病院スタッフと患者・家族双方のサポートを行うことを任務としています。

取り組み

具体的な取り組みとしては、院内文書や表示の多言語化、医療通訳体制の整備、日本の健康保険証を有さない患者の収金対策など、外国人患者受け入れ体制整備を行うことで、病院スタッフの業務負担を軽減させることを目的としています。さらに日本で健診や治療を受けるために来日する外国人患者、いわゆるメディカルツーリズムの診療体制構築を行います。そしてこれらを推進し、安全に外国人診療を行っていくために、病院スタッフの皆様に教育や研修の機会を提供させていただく予定です。また、教育や研究発表を通して当院の経験を地域社会に発信していきたいと考えています。

体制

国際医療部の医師・看護師・補佐員を中心として、医療支援課、医事課、医療連携支援センター、総務課、管理課、企画室、さらに病院統括部や歯学部付属病院など、幅広い部門と連携しています。