相談受付

相談受付

ピアサポーターへの相談方法・流れをご紹介いたします。

ピアサポーターでは、随時学生からの相談を受け付けています。
相談方法はツイッター、対面、投書、メールの4つがありますが、遠隔授業の期間中は対面以外で受け付けています。

ピアサポーターには守秘義務があるため、相談した内容が他者に伝わることはありません。
(受けた相談の概要はピアサポートに関わる学生・女性支援センターの限られた職員に報告することになっています。)

メール相談・投書箱での相談では名前・所属も伏せて相談することができます。

些細なことでもぜひお気軽にお寄せください。

ツイッターを用いた相談(匿名可)

東京医科歯科大学ピアサポーターのツイッターアカウントでは、質問箱とDMで質問や相談を受け付けています。どちらも匿名での相談が可能です。 

詳しくはこちらをご覧ください。 

メール相談(匿名可)

メール相談は、匿名での利用が可能です。
遠隔授業の期間中も受け付けております。自宅学習の困りごと、今後の大学生活の不安など、なんでもお寄せください。


メール相談の流れ

1. scenter.stc(アットマーク)tmd.ac.jpまで、件名を「ピアサポーターへのメール相談」としてお送りください。

2. 学生・女性支援センターの職員が相談内容をピアサポーターに伝えます。その際、メールアドレスはもちろん、希望があれば学部学科、氏名といった個人情報も伏せて伝えます。

3. ピアサポーターからの返事を、学生・女性支援センターの職員が代わって返信します。ピアサポーターの活動日は週3日のため、返信には2,3日から1週間程度時間をいただきます。

投書箱での相談(匿名可)

匿名での利用が可能です。 
5号館地下1階の生協前に投書箱と投書用紙を設置しています。 
ピアサポーターからの返事は掲示版(5号館3階)への掲載かメールか選ぶことができます。 
ぜひお気軽にご利用ください。 
 
 
投書箱を用いた相談の流れ
 
1. 投書用紙に相談内容を書き込みます。学科や名前は書いても、書かなくても大丈夫です。 
 
2. 返事を受け取る方法(掲示板またはメール)を指定します。メールを選ぶ場合、メールアドレスはウェブメールでなくても構いません。 
掲示板への掲載を選んだ場合は、ピアサポーターが返事を書き込んだものを、5号館3階のエレベーターを降りてすぐの掲示板に掲載します。 
 
3. 投書用紙を投書箱に入れます。 
 
4. 定期的にピアサポーターが投書箱の中身をチェックします。原則1週間以内に回答しますが、試験期間などでピアサポーターが忙しい場合は遅くなることがあります。