グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 高齢者歯科学分野  > 業績集  > 2011年の業績

2011年の業績

                                         摂食機能回復学講座
全部床義歯補綴学分野
Complete Denture Prosthodontics


教  授  水口俊介
助  教  内田達郎,秋葉徳寿,飼馬祥頼,金澤 学,佐藤佑介
医  員  今村宗一郎(~3月),春日祐太(~3月),岩城麻衣子,大久保 舞,平島祐生(~3月),羽田周平,駒ヶ嶺友梨子(4月~),安西佐衞子(4月~)
大学院生 東 聡伸(~3月),猪越正直(~3月),駒ヶ嶺友梨子(~3月),竹下 晋(~3月),片瀬 洋,越智 恵,濵 洋平,村田(齊藤)真理絵,山賀栄次郎,香川知範,井上 実,星野義人,掘江 毅,菊池圭介,山本信太,田上真理子(4月~),大村友理(4月~),城 彩実(4月~),平山大輔(4月~)


(1) 教 育
全部床義歯補綴学は,片顎または上下顎のすべての歯を喪失した症例に対し,全部床義歯で補綴し,失われた口腔の形態,機能,顔の外観,患者の心労を回復させ,患者の健康を保持,増進させる方法及び学理を考究する学問である.
無歯顎という特殊な口腔内状態を理解し,歯の喪失により生じた形態的,機能的変化を全部床義歯によりいかに回復し維持するかを理解するとともに,全部床義歯製作法の基礎技術を習得することを目指し,講義,模型実習および臨床実習を通して指導を行う.


(2) 研 究
1) 義歯による咬合回復と身体機能との関連
   臨床経験から,高齢者において義歯による咬合回復により,歩行をはじめとした身体機能が向上する現象が確認されている.しかしながらそのメカニズムは十分解明されていない.無歯顎者において義歯による咬合回復が身体機能向上に与える影響を明らかにすることを目的として,咬合状態と歩行安定性や平衡機能などの身体機能との関連について調査を行う.
2)無口蓋義歯が口腔機能に与える影響
上顎義歯の維持と安定は,義歯装着者の審美に対する自信と,機能の向上のために重要である.このため,口蓋部を覆い,義歯床後縁を適切に延長し,さらにポストダムにより後縁の封鎖性を向上させる必要性が説かれてきた.しかし,口蓋を覆うことは,義歯装着の本来の目的である失われた機能と形態の回復という観点からは,逆に機能の侵害を引き起こしている可能性がある.失われた形態と機能の回復という義歯本来の目的にとっては,口蓋部を覆わない無口蓋義歯のほうが口腔本来の形態に近く,義歯装着者の口腔機能にとって好ましい結果をもたらすことが予想される.また,義歯床で被覆される粘膜の面積も減少するため,粘膜の感覚受容器によって認知される生理的な刺激は種々の口腔機能に効果的に作用する可能性も考えられる.そこで,口蓋部を覆う従来型の上顎義歯と無口蓋義歯の機能を,総合的に評価することを試みる.
3) インプラントオーバーデンチャーの応力解析
下顎の無歯顎症例においては義歯の安定を得ることが難しく,これは特に顎堤が著しく吸収した症例において顕著である.義歯の支持・維持にインプラントを用いることによって義歯の安定の改善が期待できるが,インプラントに過大な応力が生じた場合にはオッセオインテグレーションを阻害する可能性がある.インプラントオーバーデンチャーの応力解析を行い,義歯の維持とインプラント周囲骨の応力緩和の点で望ましい補綴デザインを模索する.
4) 全部床義歯補綴の臨床データの蓄積と補綴効果・予後を左右する要因の解析と予測
全部床義歯はその維持安定を被圧縮性に富む顎堤粘膜に負うため,これらの条件によってその難易度が大きく変化する.さらに,上下顎堤間の大きな空間の中に人工歯の配列位置や研磨面,床縁の位置が設定されるため,義歯の形態は各患者間で,あるいは術者の技量によって非常にバリエーションが大きいものとなり,それらが義歯の予後に大きく関わる.加えて,全身状態の影響や認知症など全部床義歯補綴の難易度や予後を左右する要因は多様で,その要因の変動幅も大きい.これらの多数の要因を整理し,相互関係を明確にし,全部床義歯補綴の効果や予後を正確かつ定量的に予測できる手法を確立することを最終目的とする.
5) 軟質裏装材の開発
高度に顎堤が吸収した症例では,義歯床支持面積が減少しさらに床下粘膜の菲薄化を伴っていることが多く,咬合圧負担能力が大きく低下していることがある.このようないわゆる難症例において義歯を製作する際,一方策として軟質裏装材が用いられている.軟質裏装材の使用によって,床下粘膜の失われた弾性を補い咬合時の衝撃を吸収緩和し,疼痛を軽減するとされている.現在市販されている軟質裏装材には理工学的性質,汚れの付着などの面で課題を残しており,長期の使用に十分ではない.義歯の機能を向上させ,材質的にも安定し,長期の使用に耐えられる軟質裏装材を開発することを目的として,材料や表面処理剤を試作し,理工学的に検討を行う.
6) 無歯顎補綴の新しいデザイン・製作手法の確立
全部床義歯では口唇・頬・舌などの周囲軟組織との機能的協調,適切な顔面形態の回復を考慮した義歯形態を付与することが重要である.そして床縁形態,人工歯配列や研磨面形態を上下顎堤間の自由度の大きい空間の中に口腔機能や顔面形態に合致して設定しなければならない.しかしながら現状では,義歯形態決定は文章で表現された教科書的なガイドラインはあるものの,術者の技術経験によってなされるため,たとえ同じガイドラインに沿ったとしても作成される義歯の形態・品質は患者間,術者間で非常にバリエーションが大きい.これは今後の社会のニーズに応え,教育を的確に行うためにも許容できることではない.我々は義歯形態決定の指標を定量的なデータとして得ることを目的とし,さらには義歯形状決定のための参照をより具体的な形で,数値データとして提供くれるような,マン-マシンシステムとしての義歯製作支援システムの製作を試みている.
7) 色変わりチューイングガムを用いた咀嚼能力評価法の確立
現在,さまざまな咀嚼能力評価法が存在するが,簡便かつ客観的な評価法は少ない.当講座では,咀嚼によって緑から赤に変色する色変わりチューイングガムを開発した.色変わりチューイングガムによる咀嚼能力評価を行うために,色変わりガムに対応したカラースケールを作成し,ガムの色変わりに影響する要因の分析を行い,残存歯数に関わらずさまざまな年齢層からガムの色変わりデータを取得する.これにより,歯科医師だけでなく一般人であっても簡便かつ客観的に咀嚼能力評価が可能な手段の確立を目指す.

    
(3) 臨 床
無歯顎という特殊な口腔内状態に生じた形態的,機能的変化を全部床義歯によって回復し維持するためには,独自な口腔内診査と義歯設計を行わなければならない.具体的には,全部床義歯は口腔内への維持を歯に求められないので,口腔粘膜と義歯床面との唾液を介する付着力に頼らなければならない.全部床義歯にかかる咬合力は義歯床を介して床下粘膜によって支持されるため,義歯床の安定をはかるために上下顎堤の対向関係を考慮し,顎運動と調和した人工歯の配列と咬合様式の付与を行う必要がある.歯および歯の支持組織の欠損による無歯顎者の顔貌の大きな変化を全部床義歯によって回復するにあたり,義歯周囲の筋および関連軟組織の形態や動態との調和を図り,義歯の維持を向上させる形態とする.また歯の喪失および大きな補綴物が口腔内に装着されることによる患者の心理的負担を考慮して応対に注意する必要がある.
このような精神状態を含めた全身状態の変化は,口腔粘膜においても変化を生じる可能性が高く,それが義歯の維持,安定の変化,ならびに回復された機能の変化につながる.そのため,定期的リコールを行い,問診やVASにより得られた義歯と機能に対する患者の主観的評価の調査を継続して行い,回復された機能が長期にわたり維持されさらに改善されるよう心がけている.また,当分野独自の評価基準を設け,患者の主観的意見だけでなくEBMに基づいた補綴処置効果の客観的評価も行っている.


(4) 研究業績
[原著]
1) Takeshita S, Kanazawa M, Minakuchi S. Stress analysis of mandibular two-implant overdenture with different attachment systems. Dent Mater J. 2011 Nov 25. [Epub ahead of print]
2) Komagamine Y, Kanazawa M, Minakuchi S, Uchida T, Sasaki Y. Association betweenmasticatory performance using a colour-changeable chewing gum and jaw movement. J Oral Rehabil. 2011; 38(8):555-63.
3) Kanazawa M, Inokoshi M, Minakuchi S, and Ohbayashi N. Trial of a CAD/CAM system for fabricating complete dentures. Dent Mater J. 2011 Feb 4;30(1):93-6.
4) Sato Y, Kaiba Y, Yamaga E, Minakuchi S. Reliability and validity of a Japanese version of the Oral Health Impact Profile for edentulous subjects. Gerodontology. 2011 Dec 20.
5) Kato Y, Sato T, Katagiri A, Umezaki Y, Takenoshita M, Yoshikawa T, Sato Y, Toyofuku A. Milnacipran dose-effect study in patients with burning mouth syndrome. Clin Neuropharmacol. 2011 Jul-Aug; 34(4):166-9.
6) Kasuga Y, Takahashi H, Akiba N, Minakuchi S, Matsushita N, Hishimoto M. Basic evaluation on physical properties of experimental fluorinated soft lining materials. Dent Mater J. 2011; 30(1):45-51.
7) Sumi Y, Ozawa N, Nagaosa S, Minakuchi S, Umemura O. Application of optical coherence tomography (OCT) to nondestructive inspection of dentures. Arch Gerontol Geriatr. 2011; 53(2):237-41.

  [著書]
  1) 水口俊介,飼馬祥頼.写真でマスターする きちんと確実にできる全部床義歯の印象.ヒョーロン.
   
[総説・解説]
1) 金澤 学, 佐藤佑介, 水口俊介.咀嚼時の疼痛、食品の咀嚼ができない. 補綴臨床別冊 補綴臨床のトラブルシューティング; 144-7. 医歯薬出版.
2) 秋葉徳寿,水口俊介.会話や咀嚼中の上顎全部床義歯の脱落.補綴臨床別冊 補綴臨床のトラブルシューティング; 150-1. 医歯薬出版.
3) 飼馬祥頼,水口俊介.会話や咀嚼中の下顎全部床義歯の浮き上がり.補綴臨床別冊 補綴臨床のトラブルシューティング; 152-4. 医歯薬出版.
4) 水口俊介,秋葉徳寿. 義歯のケア-歯科衛生士のための副読本-.デンタルダイヤモンド.
5) 秋葉徳寿.臨床一口メモ シリコーン系軟質リライン材の長期予後について.東京医科歯科大学歯科同窓会会報; 179: 24.
6) 金澤 学. ザイブエキスパティーズガイドを用いたインプラントオーバーデンチャー臨床応用例2. 臨床ケースレポート, デンツプライ三金, Vol.15.
7) 水口俊介.補綴装置制作に関するドグマ―全部床義歯の製作法、特に印象法について―.日補綴会誌 3:315-321,2011
8) 水口俊介.高齢者介護に役立つ義歯への理解と管理方法.Geriatric Medicine (老年医学)49(5):531-535,2011.

  [学会]
1) 佐藤佑介,飼馬祥頼,金澤 学,山賀栄次郎,平野滋三,水口俊介.OHIP-EDENT日本語版の信頼性と妥当性の検討.日本義歯ケア学会第3回学術大会,盛岡,2011年1月.
2) 春日祐太,星野義人,井上実,秋葉徳寿,水口俊介,小澤総喜,角 保徳.OCTの歯科臨床への応用.OCTを用いた義歯床用レジンと裏装材との接着における評価.日本義歯ケア学会第3回学術大会,盛岡,2011年1月.
3) 山本信太,金澤 学,片瀬 洋,菊池圭介,水口俊介.CAD/CAM技術を応用し全部床義歯を作製した症例.日本歯科CAD/CAM学会第2回学術大会,東京,2011年4月.
4) 片瀬 洋,金澤 学,越智 恵,村田真理絵,水口俊介.CAD/CAM技術を応用した全部床義歯作製における顔貌シミュレーションシステム.日本歯科CAD/CAM学会第2回学術大会,東京,2011年4月.
5) 片瀬 洋,金澤 学,猪越正直,山本信太,平野滋三,水口俊介,片岡恵一,和田精二.CAD/CAM技術を応用した全部床義歯作製における顔貌シミュレーションシステム. 日本補綴歯科学会第120回学術大会, 広島,2011年5月.
6) 金澤 学,今村宗一郎,水口俊介,野村直之,塙 隆夫. レーザー積層造形法を用いた全部床義歯用メタルフレームの作製. 日本補綴歯科学会第120回学術大会, 広島,2011年5月.
7) 岩城麻衣子,金澤 学,木下淳博,須永昌代,安藤一夫,水口俊介. 全部床義歯補綴学教育における同時中継講義システムの評価. 日本補綴歯科学会第120回学術大会, 広島,2011年5月.
8) 飼馬祥頼、成田紀之、神谷和伸、香川知範、石井智浩、水口俊介、川崎真護.口腔内での形状弁別(OSA)にかかわる後頭皮質の活動性.日本補綴歯科学会第120回学術大会, 広島,2011年5月.
9) Kasuga Y, Takahashi H, Inoue M, Hoshino Y, Minakuchi S, Nakajima H. Evaluation on physical properties of experimental fluorinated, acrylic-based, and silicone rubber-based soft lining materials. INTERNATIONAL DENTAL MATERIALS CONGRESS, Seoul, Korea, May 2011.
10) 岩城麻衣子,金澤 学,片瀬 洋,丸川 文,松田紗知,平野滋三,水口俊介,熊谷知弘. CAD/CAMによる全部床義歯作製に用いる床用材料の評価. 日本老年歯科医学会第22回学術大会,東京,2011年6月.
11) 秋葉徳寿, 東聡伸, 春日祐太, 森田弘美, 小野寺知美, 水口俊介, 下山和弘. 高密着シリカプライマーによるカンジダ付着抑制効果の検討. 日本老年歯科医学会第22回学術大会,東京,2011年6月.
12) 春日祐太, 星野義人, 井上 実, 秋葉徳寿, 下山和弘, 小澤総喜, 角 保徳, 水口俊介, 中嶌 裕. 光干渉断層画像診断法を用いた義歯床用レジンと軟質裏装材との接着界面における評価. 日本老年歯科医学会第22回学術大会,東京,2011年6月.
13) 梅崎陽二郎,加藤雄一,佐藤智子,片桐綾乃,香川知範,佐藤佑介,吉川達也,竹之下美穂,豊福 明. 当科における平成21年度外来初診患者の臨床的検討. 日本歯科心身医学会第26回学術大会, 札幌, 2011年7月.
14) 吉川達也,佐藤智子,加藤雄一,片桐綾乃,梅崎陽二郎,香川知範,佐藤佑 介,竹之下美穂,豊福 明. 歯科治療に関連した妄想により対応に苦慮した未治療の統合失調症の1例. 日本歯科心身医学会第26回学術大会, 札幌, 2011年7月.
15) 加藤雄一,片桐綾乃,佐藤智子,梅崎陽二郎,香川知範,佐藤佑介,竹之下美 穂,吉川達也,豊福 明. 歯科インプラント治療を契機に発症した非定型歯痛と舌痛症の合併症例. 日本歯科心身医学会第26回学術大会, 札幌, 2011年7月.
16) Katase H. Face simulation system for fabricating complete denture applying CAD/CAM technology. The 1st Tri-University Consortium on Oral Science and Education, Bangkok, Thailand, August 2011.
17) 濵 洋平,内田達郎,金澤 学,山賀栄次郎,香川知範,掘江 毅,佐々木好幸,平岡康隆,水口俊介. 咀嚼力判定ガムの信頼性について.日本咀嚼学会第22回学術大会,愛知,2011年10月.
18) 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,佐藤佑介,飼馬祥頼,山賀栄次郎,内田達郎,安藤一夫,平野滋三,田中慎二,森山 旭,水口俊介.全部床義歯新製時における義歯に関する患者の主観的評価と口腔関連QOLの関連.日本補綴歯科学会東京支部総会第15回学術大会,東京,2011年11月.
19) 濵 洋平,内田達郎,金澤 学,駒ヶ嶺友梨子,山賀栄次郎,掘江 毅,佐々木好幸,水口俊介. 比率尺度を用いた咀嚼力判定ガム用カラースケールの開発.口腔病学会第76回学術大会,東京,2011年12月.

[研究助成金]
1) 金澤 学.全部床義歯製作に筋形成による辺縁形成を伴う精密印象は必要か? 平成23,24年度 文部科学省科学研究補助金 (若手研究B).
2) 大久保舞.口腔周囲筋と全身運動の連動性.平成23,24年度 文部科学省科学研究補助金 (若手研究B).
3) 飼馬祥頼.咀嚼に関わる口腔形態認知と視覚野について.平成23,24年度 文部科学省科学研究補助金 (若手研究B).
4) 岩城麻衣子.軟質義歯裏装材における硬さの違いが患者に与える影響.平成23,24年度 文部科学省科学研究補助金(若手研究B).
5) 佐藤佑介.補綴領域における歯科心身症の診断・治療に関する研究.平成22, 23, 24年度 文部科学省科学研究補助金(若手研究B)
6) 水口俊介.色変わりガムを用いた咀嚼能力検査のためのインターネットシステムの構築.平成22, 23, 24年度 文部科学省科学研究補助金 (挑戦的萌芽研究)

[その他]
1) 受賞
 ⅰ)優秀ポスター賞
     a) 駒ヶ嶺友梨子,金澤 学,佐藤佑介,飼馬祥頼,山賀栄次郎,内田達郎,安藤一夫,平野滋三,田中慎二,森山 旭,水口俊介.全部床義歯新製時における義歯に関する患者の主観的評価と口腔関連QOLの関連.日本補綴歯科学会東京支部総会第15回学術大会,東京,2011年11月.

2) 講演
 ⅰ) Kanazawa M. Fabricating method for complete dentures applying CAD/CAM technology The 1st Tri‐University Consortium on Oral Science and Education. Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand 4-5 August 2011.
 ⅱ) 水口俊介,義歯周囲軟組織の動態とCAD/CAM denture.Japan Denture Association(JDA) スペシャル例会, 東京国際フォーラム 2011年10月22日

3) 研修
  ⅰ) 金澤 学.PHMIリーダーシップコース2011 本学医学歯学教育の中核を担う立場としての指導法を学ぶ.米国ボストンPartners Harvard Medical International (PHMI) および提携病院.
  ⅱ)水口俊介.日本歯科医学教育学会主催 第2回歯科医学教育者のためのワークショップ 平成23年12月8日~11日,富士教育研修所

Complete Denture Prosthodontics


1.Staffs and Students (April,2011)

   Professor Shunsuke MINAKUCHI
   Assistant Professor Tatsuro UCHIDA,Norihisa AKIBA,Yoshinori KAIBA,Manabu KANAZAWA,
                  Yusuke SATO
Hospital Staff Maiko IWAKI,Mai OKUBO,Syuhei HANEDA,Yuriko KOMAGAMINE,
Saeko ANZAI
Graduate Student Hiroshi KATASE,Megumi OCHI,Yohei HAMA,Marie MURATA,
Eijiro YAMAGA, Tomonori KAGAWA, Minoru INOUE,
Yoshihito HOSHINO, Takeshi HORIE, Keisuke KIKUCHI, 
Shinta YAMAMOTO,Mariko TANOUE,Yuri OMURA,
Ayami JO,Daisuke HIRAYAMA


2.Purpose of Education
Complete denture prosthodontics is a discipline which contributes to better quality of life for edentulous patients by full mouth reconstruction treatments with complete denture prosthesis.The purpose of education is to get the knowledge about the dynamic state of soft tissues around dentures during oral functions,occlusion,and technical skills required to fabricating complete dentures.

3.Research Subjects
1) Relationship between denture treatment and body function
2) Palatal coverage disturbance in masticatory function
3) Stress analyses of implant overdenture
4) Factorial analysis of complete denture prosthesis
5) Resilient denture lining material
6) CAD/CAM system for fabricating complete dentures
7) Evaluations of masticatory performance using color-changeable chewing gum

4.Clinical Services
Complete denture prosthodontics clinic provides edentulous patients with planned prosthodontic treatments,and maintains the restored function for long periods.In addition,we set original criteria and objectively evaluate effect of our prosthetic treatments.

5.Publications
Original Article
1) Takeshita S, Kanazawa M, Minakuchi S. Stress analysis of mandibular two-implant overdenture with different attachment systems. Dent Mater J. 2011 Nov 25. [Epub ahead of print]
2) Komagamine Y, Kanazawa M, Minakuchi S, Uchida T, Sasaki Y. Association betweenmasticatory performance using a colour-changeable chewing gum and jaw movement. J Oral Rehabil. 2011; 38(8):555-63.
3) Kanazawa M, Inokoshi M, Minakuchi S, and Ohbayashi N. Trial of a CAD/CAM system for fabricating complete dentures. Dent Mater J. 2011 Feb 4;30(1):93-6.
4) Sato Y, Kaiba Y, Yamaga E, Minakuchi S. Reliability and validity of a Japanese version of the Oral Health Impact Profile for edentulous subjects. Gerodontology. 2011 Dec 20.
5) Kato Y, Sato T, Katagiri A, Umezaki Y, Takenoshita M, Yoshikawa T, Sato Y, Toyofuku A. Milnacipran dose-effect study in patients with burning mouth syndrome. Clin Neuropharmacol. 2011 Jul-Aug; 34(4):166-9.
6) Kasuga Y, Takahashi H, Akiba N, Minakuchi S, Matsushita N, Hishimoto M. Basic evaluation on physical properties of experimental fluorinated soft lining materials. Dent Mater J. 2011; 30(1):45-51.
7) Sumi Y, Ozawa N, Nagaosa S, Minakuchi S, Umemura O. Application of optical coherence tomography (OCT) to nondestructive inspection of dentures. Arch Gerontol Geriatr. 2011; 53(2):237-41.