グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




研究内容の紹介

このページの目次


研究の概要

「糖鎖などの非タンパク抗原への獲得免疫応答とその関連領域」をメインテーマとして独創性の高い研究をおこなっています。

糖鎖などの非タンパク抗原への獲得免疫応答は感染免疫や自己免疫などで重要な役割を果たし、医学的に重要です。しかし、そのメカニズムは不明であり、免疫学に残された大きなフロンティアの1つ となっています。当研究室では、この未開拓の領域において、基礎的なメカニズムの解明、疾患における役割の解明を行なっています。

最近明らかになってきた、抑制性サイトカインIL10を産生して自己免疫や炎症性疾患を制御する制御性B細胞も糖鎖シグナルによる制御を受けるなどこの領域と深く関連します。このような関連領域の研究を進めるとともに、これまでの知見をもとに、疾患の治療や予防に応用するための薬剤開発を製薬企業と共同で行なっています。

研究のテーマと内容

1.糖鎖や核酸など非タンパク抗原への抗体産生のメカニズムの解明

糖鎖や核酸などの非タンパク抗原への獲得免疫応答は、タンパク抗原への応答とは大きく異なります。これは、Tリンパ球の抗原レセプターがタンパク抗原のみにしか反応できず、その結果、Tリンパ球が糖鎖や核酸などの非タンパク抗原を認識することができないからです。タンパク抗原への獲得免疫応答の仕組みの解明は進んでいますが、非タンパク抗原への獲得免疫応答の仕組みには不明の点が多く残されています。

正常な免疫システムは、病原微生物に対して免疫応答をおこすが、自己抗原や、花粉や食物などの病原微生物以外の異物(このような異物をここでは環境抗原と呼びます)に対しては免疫応答をおこしません。この病原微生物にのみ免疫応答がおこる仕組みは、タンパク抗原の場合には明らかになっているが、非タンパク抗原の場合には全く不明です。

Tリンパ球が非タンパク抗原を通常は認識できないために、非タンパク抗原への獲得免疫応答ではBリンパ球による抗体産生が中心となります。糖鎖や糖脂質に対する抗体産生は、肺炎球菌など種々の微生物への感染防御で中心的な役割を果たすとともに、ギラン・バレー症候群などの自己免疫疾患の発症に関わります。また、核酸関連抗原への抗体産生は、代表的な全身性自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)の発症で重要な役割を果たします。したがって、非タンパク微生物抗原に抗体産生がおこり、自己および環境抗原に抗体産生がおこらないメカニズムの解明は、サイエンティフィックにチャレンジングな課題であるとともに、臨床的にも重要な課題です。

当研究室の研究などにより、自己非タンパク抗原へのBリンパ球応答を抑制する負のメカニズムと、微生物の非タンパク抗原を自己や環境抗原と識別して微生物抗原に特異的に抗体産生をおこす正のメカニズムがあることが分かってきました。これらの正と負のメカニズムにより、免疫システムは自己や環境中の非タンパク抗原には抗体を産生せず、微生物の非タンパク抗原に抗体を産生すると考えられます。

2. 制御性Bリンパ球(B reg 細胞)による免疫疾患制御についての研究

Bリンパ球は抗体産生を介して免疫応答に関与しますが、近年、Bリンパ球がIL-6やIL-10などのサイトカインを産生し、これらのサイトカインが免疫応答の制御で重要であることが明らかとなってきました。とりわけ、抑制性サイトカインIL-10は自己免疫疾患や炎症性疾患の制御で重要であることが明らかとなっています。

当研究室では、海外の研究者との共同研究などにより、Bリンパ球のIL-10産生誘導メカニズムの解明や、IL-10産生制御シグナルの同定を行なっています。また、Bリンパ球のIL-10産生が糖鎖シグナルによる制御を受けることを示唆する知見が得られています。さらに、この知見を活用してIL-10産生制御による新たな自己免疫疾患治療法の開発を行なっています。


3. 自己免疫疾患の病因解明についての研究

ギラン・バレー症候群および全身性エリテマトーデス(SLE)では非タンパク自己抗原への自己抗体産生がおこり、疾患発症に関与します。当研究室では、これら自己免疫疾患での自己抗体産生メカニズムなどの病因解明をおこなっています。ギラン・バレー症候群では糖脂質に対する自己抗体の産生がおこることから、糖鎖への免疫応答を制御する候補遺伝子について患者サンプルのゲノム解析を行なっています。また、最近、SLEの発症に関わるとされるRNA関連自己抗原への自己抗体の産生メカニズムが、他の核酸抗原等への自己抗体産生とは異なることを発見しました。現在、その分子メカニズムの詳細の解明を進めている。


4. Bリンパ球シグナル伝達における酸化ストレスなどの細胞ストレスの役割の解明

Bリンパ球が抗原と反応すると、エンドサイトーシス、オートファジー、アポトーシスなどの種々の細胞生物学的な変化がおこるとともに、酸化ストレスや小胞体ストレスなどがおこります。これらの細胞生物学的な現象はシグナル伝達とも密接に関連することが明らかになりつつありますが、我々は、これらの細胞生物学的な現象が、Bリンパ球の免疫応答、とりわけ自己や環境抗原と微生物抗原の識別にどのように関与するかの解明を進めています。

5. 免疫応答を制御する医薬品の開発(製薬企業との共同研究)

研究成果をあらたな疾患の治療法に応用するトランスレーショナルリサーチを推進しています。Bリンパ球応答の制御に関わる糖鎖シグナル用いた抗体産生制御法により疾患の予防や治療のための創薬研究を製薬企業と共同で行なうなど、医薬品の開発研究をおこなっています。