グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 小児歯科学分野  > 小児歯科外来

小児歯科外来

診療科長の挨拶

当小児歯科学分野は我が国最初の小児歯科学講座として1956年に設立されました。それまでの歯科学は虫歯や歯周病を治す歯科保存学や、歯並び・咬合わせを扱う歯科矯正学などのように治療の内容によって分類されていましたが、小児や高齢者のように患者さんの特徴による分類として初めて登場したのが小児のための歯科学である当分野です。
 このことから理解して頂けるように、当分野の外来では、小児のための歯と口の治療と予防の全てを扱っています。つまり、子どもが健康な大人の歯、歯並び、咬合わせになるように、歯と口の異常や病気を予防したり、早期に発見して治療し、正常な発育過程をたどれるように誘導するのが小児歯科の役割です。したがって、歯や口の病気がある子どもはもちろんですが、病気が無いうちから受診していただき、私たちスタッフが健康管理をしながら発育過程を見守り、手助けするのが小児歯科外来の役目です。
 歯科治療は大人でも気持ちのいいものとは限りません。小児歯科医は、子どもの気持ちを子どもの立場に立って考え、痛みや不安を取り除くために出来る限りの努力をしています。しかし、小さすぎてこれらの努力が奏効しない場合もありえます。それでも、必要な治療は必ず行います。近所の歯科医院で手に負えないと言われたら、またそうでなくても、私たちの外来にお出かけください。

小児歯科診療科長