外来診療

外来診療

当分野の外来をご紹介します。

摂食嚥下リハビリテーション外来

脳卒中、神経筋疾患、認知症、口腔腫瘍術後などに起因する摂食嚥下障害患者のリハビリテーションが専門です。嚥下内視鏡、嚥下造影検査による機能評価、舌接触補助床など専門的な口腔内装置を用いた治療、食べ物を使った訓練や筋力トレーニングなどリハビリテーション指導を行なっています。高齢者のみならず成人や小児まで幅広く対応いたします。診療形態は外来および在宅や施設への訪問、医学部および歯学部附属病院入院患者への対応に加えて、オンライン診療も開始いたしました。「食べること」を通じて、患者のQOL向上を目指します。