グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 口腔保健工学専攻

口腔保健工学専攻

造形と製作加工の技術を科学的に裏付けされた匠の技として発展させ、人々の健康に寄与する。

口腔保健工学専攻は平成23年4月に新設された、全国で2校目となる4年制の歯科医療技術者(歯科技工士)教育機関です。
口腔の健康・維持・増進・回復のため、医療専門分野はもとより工学分野とも相互に密接な連携を図りつつ、総合的かつ科学的研究を遂行し、その成果を広く社会に還元する極めて学際的な領域を担っています。歯科技工士の未来を拓く、世界のリーダーとなりうる人材の輩出を目指し、歯科技工の技術だけに偏るのではなく、幅広い知識と専門的技能を有し、多方面で活躍できる人材の育成を図っています。
具体的には、下記の7項目が口腔保健工学専攻において育成する人材です。


1. 高度かつ特化した専門的な技術を有する人
2. 新たな材料、技術を開発できる人
3. 多職種と連携できる幅広い医学的知識を有する人
4. 国際的に活躍できる人
5. 歯科技工士の地位向上のために行政面で関われる人
6. 自ら学ぶ姿勢を有し、問題発見・解決能力を備えた人
7. 歯科技工士教育をリードできる人

お知らせ

〇 2016年7月28日、29日に本学の全学オープンキャンパスが開催されます。詳細は大学ホームページに情報が随時アップされる予定です。また、8月23日には歯学部オープンキャンパスが開催されます。口腔保健工学専攻では、模擬実習としてミニチュア義歯を製作します。そのほか、模擬講義や口腔保健工学専攻案内、学生との対談、受験相談などを行う予定です。みなさまぜひご参加ください。お待ちしております。
〇 H28年度の入試情報が更新されています。一般入試ではセンター試験の配点が変更されます。詳しくは入試情報のホームページをご覧ください。2年次編入試験の情報は編入試験募集要項ホームページまで。
〇 2015年4月1日から、教育研究組織が再編され、大学院医歯学総合研究科 修士課程 医歯理工学専攻に口腔基礎工学分野、口腔機能再建工学分野、口腔機材開発工学分野の3分野が設置されました。口腔保健工学専攻を卒業後、修士課程に進学できます。修士課程修了後に「口腔保健学」などの修士学位が取得できます。
〇 夢ナビ2014(2014年7月12日土曜日)で本専攻の教員が模擬講義を行いました。
〇 夢ナビ2013で本専攻の教員が模擬講義を行いました(東京会場静岡会場)。
〇 TMDU Annual Newsで口腔保健工学専攻海外特別研修(台湾)のレポートが掲載されました。
〇 BLOOM!(No.16)で口腔保健工学専攻学生のインタビュー記事が掲載されました。
○ BLOOM!(No.13)で口腔保健工学専攻の話題が掲載されました。
○ 新聞QUINT(11月号)で口腔保健工学専攻の話題が掲載されました。

What’s New

2016. 4.8 第6回生の新入生オリエンテーションの様子を掲載しました。
2016. 3.29 口腔保健工学専攻の2回生が卒業しました。卒業後の進路について掲載しました。
      授業科目について、新カリキュラムを掲載しました。
2016. 3.3 台北医学大学の来日したときの様子、カービングコンテストの写真を国際交流のページに掲載しました。
2015. 4.1 教員組織の変更に伴い、分野についてリニューアルしました。
2014. 5.15 口腔保健工学専攻ホームページをリニューアルしました。
2013. 12.12 活動実績のページをリニューアルしました。G1グランプリで学生が入賞しました。 
2013. 7.9  国際交流のページに第5回国際歯科技工学会学術大会、学生補綴作品コンテスト受賞を掲載しました。
2011. 12.01 口腔保健工学専攻ホームページをリニューアルしました。

お問い合わせ

口腔保健工学専攻 事務室
〒113-8549 
東京都文京区湯島1-5-45
東京医科歯科大学 2号館2階
Tel 03-5803-5780 / Fax 03-5803-0237

口腔保健工学専攻の活動の紹介です。


現在の口腔保健学科口腔保健工学専攻の学生がどのような生活を送っているのか紹介します。


口腔保健工学専攻では、2年生で台湾の台北医学大学との交流を行っています。
3年生は大韓民国の高麗大学と交流を行います。


平成25年度2年次編入学試験の入試情報を掲載しました。

平成26年度より一般入試にかかる大学入試センター試験利用教科・科目及び
個別学力検査の試験科目の変更される予定です.
平成27年度より一般入試)における数学・理科の出題科目等についての予告があります.