グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




概要

大学院保健衛生学研究科の「概要」についてご案内します。


人材育成目標

博士(前期)課程

 高度な実践能力、臨床現場での指導力、臨床指向型の研究能力を備えた専門職業人の育成、並びに優れた教育者、国際的・学際的な研究・実践リーダーとして活躍するための基礎作りに力を入れる。

博士(後期)課程

 博士(前期)課程で培った専門職業人、臨床指向型研究者としての力量を基盤に、国際的・学際的な研究・実践のリーダーとして活躍すると共に、優れた実践者、研究者、教育者の教育を担い得る能力を有した人材を育成する。

博士課程看護先進科学専攻

 学士課程で修得した知識・技術を基盤に、科学的思考と研究・教育・実践能力を養い、保健・医療分野における広い視野と高い倫理観を持つ、国際的・学際的に活躍しうる高度実践者や研究者、教育者を養成する。

博士課程共同災害看護学専攻

 看護学を基盤として、他の関連諸学問と相互に関連・連携しつつ、学術の理論及び応用について産・官・学を視野に入れた研究を行い、特に災害看護に関してその深奥を極め、人々の健康社会の構築と安全・安心・自立に寄与することを目的とし、求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応し解決できる、国際的・学際的指導力を発揮するグローバルリーダーとして高度な実践能力を有した災害看護実践者並びに災害看護教育研究者を養成する。

生体検査科学専攻

(1)博士(前期)課程
学士課程で修得した知識・技術を基盤に専攻分野における学識を深め、科学的思考と研究能力を養い、倫理観の高い医療人、研究者や教育者を養成する。
(2)博士(後期)課程
保健・医療分野において、広い視野を持ち、国際的・学際的に活躍しうる自立した研究者を養成する。

アドミッション・ポリシー

 本研究科では、保健学の領域における旺盛な研究心と問題解決型の思考力を身につけ、看護学・検査学の課題に対応する臨床指向型研究を積極的に推し進めることによって、将来は国際的・学際的な視野も踏まえて研究・教育力、実践能力を発揮できる人材の育成を基本理念としており、それぞれの専攻で以下の条件を満たす者を求めている。

看護先進科学専攻(平成26年度開設)

[博士課程]

(1)看護学における専門的な知識と技術を発揮し、将来的に国際的・学際的な視野から看護学における研究の進歩と実践の向上、後継者育成に貢献しうる能力と意欲を有している(5年一貫教育全般)。
(2)看護学における高度な専門的知識と技術を獲得し、看護学研究における総合的な判断力と遂行力並びに高い倫理観を身につけ、将来、研究・教育・臨床現場をリードしていくことを目指している(Nurse-Investigator 育成Pathway コース)。
(3)複雑高度な看護課題への対応のために、臨床看護経験と高度な専門的知識と技術並びに高い倫理観を身につけ、専門看護師教育科目の履修並びに臨床還元型研究を推進して博士号取得を希望している(CNS-D)。

共同災害看護学専攻(平成26年度開設)

[博士課程]

(1)災害看護学における専門的な知識と技術を身につけ、将来的にグローバルリーダーとして国際的・学際的な視野から災害看護学における卓越した実践、教育研究に貢献しうる能力と意欲を有している。
(2)災害看護の高度専門職業人として、卓越した実践力とリーダーシップで、災害支援に貢献しうる能力と意欲を有している。
(3)災害看護に関する高い専門性をもとに、俯瞰的・独創的事業や卓越した政策立案、施策等で、人々の安全・安心に貢献することを目指している。

生体検査科学専攻

[博士(前期)課程]

(1)検査学における専門的な知識と技術を確実に身につけ、総合的な判断力と遂行力並びに高い倫理観を備えた高度専門職業人として、臨床現場をリードしていくことを目指している。
(2)国際的・学際的な視野から、将来的には検査学における優れた臨床指向型研究を担う基礎的な能力と意欲を有している。
(3)将来的には、優れた専門職業人と研究者を育成するための教育を担っていく資質と意欲を有している。

[博士(後期)課程]

(1)検査学における専門的な知識と技術を発揮し実践と研究に取り組んできた経験を有し、総合的な判断力と遂行力並びに高い倫理観を備えた高度専門職業人として、臨床現場におけるリーダーシップを発揮していくことを目指している。
(2)臨床指向型研究への取り組みに成果を上げつつあり、将来的には国際的・学際的な視野から、検査学における研究の進歩と実践の向上に貢献し得る能力と意欲を有している。
(3)将来的には、優れた専門職業人と研究者を育成するための教育を指導的に担っていく意欲と使命感を有している。

カリキュラム・ポリシー

 看護先進科学専攻、共同災害看護学専攻、生体検査科学専攻の3専攻があり、それぞれのカリキュラムを開設している。専攻ごとに看護学・検査学の課題に対応する臨床指向型研究を積極的に推し進めることによって、将来的には国際的・学際的な指導力、教育力を発揮できる人材の育成を基本理念としている。

看護先進科学専攻(平成26年度開設)

[博士課程]

(1)専門的な看護実践や研究、教育的役割に必要な方法論について、共通科目を履修する。
(2)所属分野の専門性や高度な実践、研究を主な内容とする特論を1学年に履修する。
(3)幅広い視野からの学修を促進するために、所属分野以外の分野が開設する特論を履修する。
(4)所属分野の高度な実践や研究について関連する知識や技術を高め、研究論文への取り組みを支援するために演習・実習科目を用意し、複数の教員、指導者、プリセプターによる指導を受ける。
(5)研究論文指導においては、関連領域への幅広い知的・倫理的な理解を高めるため、他分野の教員からの研究指導を受けることができる。

共同災害看護学専攻(平成26年度開設)

[博士課程]

(1)災害看護学に関する専門的な実践や研究、グローバルリーダーとしての機能・役割に身につけるための3つの科目群と演習、実習並びに研究支援科目群を履修する。
(2)看護学の学問基盤に関する科目、災害グローバルリーダーに必要な科目、演習・実習を履修する。
(3)幅広い視野からの学修を促進するために、国際的・学際的能力育成に取り組む。
(4)災害看護学に関する高度な実践や研究について関連する知識や技術を高め、研究論文への取り組みに力を注ぐ。

生体検査科学専攻

[博士(前期)課程]
 保健衛生学研究科の人材育成目標に到達するため、以下の方針に基づき教育を行う。

(1)専攻を越えた学習が必要な保健学関連の科目を、共通科目として履修できる。
(2)実践や研究を担うために必要な方法論について、専攻としての共通科目を用意し、履修できる。
(3)所属分野の高度な実践や研究を主な内容とする特論を1学年で履修する。
(4)幅広い視野からの学習を促進するため、所属以外の分野が開設する特論を履修できる。
(5)所属分野ごとの高度な実践や研究に関連する知識や技術を高め、研究論文への取り組みを支援するため、演習を用意し複数の教員から指導を受けることができる。
(6)所属分野ごとの高度な実践について学ぶため、実験科目を履修する。
(7)関連領域への幅広い知的・倫理的な理解を高めるため、他分野の教員からも研究指導を受けることができる。
(8)国際的視野を身につけるため、外国語による授業を行っている。
(9)社会人入学制度、長期履修制度を設け、多様な学生の要請に応えたカリキュラムを用意している。

[博士(後期)課程] 
 保健衛生学研究科の人材育成目標に到達するため、以下の方針に基づき教育を行う。

(1)所属分野の高度な実践や研究を主な内容とする特論を1学年で履修する。
(2)幅広い視野からの学習を促進するため、博士(前期)課程の科目を10単位まで履修できる。
(3)研究論文への取り組みを支援するため、演習を用意し複数の教員から指導を受けることができる。
(4)関連領域への幅広い知的・倫理的な理解を高めるため、他分野の教員からも研究指導を受けることができる。
(5)社会人入学制度、長期履修制度を設け、多様な学生の要請に応えたカリキュラムを用意している。

ディプロマ・ポリシー

看護先進科学専攻(平成26年度開設)

[博士課程]
 保健衛生学研究科博士課程に所定の期間在学し、本研究科の開設科目を履修して修了要件となる単位数を修得するとともに、本研究科の基本理念や教育目的に沿った研究指導を受けて学位論文に取り組み、本研究科の行う学位論文審査に合格し、以下の要件を満たす者に、学位を授与する。学位の名称は、博士(看護学)とする。

(1)看護学領域の高度な専門的業務に従事する上で必要な高い学識・技術・応用力において、先駆的な研究活動を担いうる能力を有している。
(2)高度な専門性と高い倫理観を有した教育者・指導者として次世代の育成や、国際的・学際的なリーダーシップを発揮しうる能力を有している。
(3)看護学の専門分野における最先端の知識と技術を身につけ、科学的思考力と倫理観に根ざす高度な実践を展開できる能力を有している。

共同災害看護学専攻(平成26年度開設)

[博士課程]
 保健衛生学研究科博士課程に所定の期間在学し、看護学及びその関連開設科目を履修して修了要件となる単位数を修得するとともに、博士論文の審査及び最終試験に合格した次の要件を満たす者に、学位を授与する。学位の名称は、博士(看護学)とし、(DNGL:Disaster Nursing Global Leader)を付記する。

(1)卓越した研究並びに学修成果をあげ、グローバルな視点及び学際的な視点から災害看護学の構築に寄与できる能力を有している。
(2)災害サイクルのすべての段階を踏まえて、災害看護に関する専門性と指導性を有し、俯瞰的、独創的事業や研究ができる能力を有している。
(3)災害看護の高度な専門性と高い倫理観を有している職業人として、災害サイクルの段階を熟知し、卓越したリーダーシップと調整力とを発揮して、事態への対処と問題解決が行える能力を有している。

生体検査科学専攻

[博士(前期)課程]
 保健衛生学研究科博士(前期)課程に所定の期間在学し、本研究科の開設科目を履修して修了要件となる単位数を修得するとともに、本研究科の基本理念や教育目的に沿った研究指導を受けて学位論文に取り組み、本研究科の行う学位論文審査に合格し、以下の要件を満たす者に、学位を授与する。学位の名称は、修士(保健学)とする。

(1)検査学の専門分野における最先端の知識と技術を身につけ、科学的思考力と倫理観に根ざす高度な実践を展開できる能力を有している。
(2)高度な実践能力を基盤として、検査学の専門分野における指導者、管理者、教育者、研究者としての役割を発揮できる能力を有している。

博士(後期)課程

[博士(後期)課程]
 保健衛生学研究科博士(後期)課程に所定の期間在学し、本研究科の開設科目を履修して修了要件となる単位数を修得するとともに、本研究科の基本理念や教育目的に沿った研究指導を受けて学位論文に取り組み、本研究科の行う学位論文審査に合格した後、学位論文を中心として、これに関連のある科目の最終試験を受け合格し、以下の要件を満たす者に、学位を授与する。学位の名称は、博士(保健学)とする。

(1)検査学の領域において、高度な専門的業務に従事する上で必要な高い学識・技術・応用力に基いて、先駆的な研究活動を担い得る能力を有している。
(2)高度な専門性と高い倫理観を有した指導者、管理者、教育者、研究者として、国際的・学際的なリーダーシップを発揮できる資質と力量を有している。