グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




概要

博士課程 生命理工医療科学専攻の「概要」(人材育成目標、各種ポリシー)をご案内します。
ディプロマポリシー及びカリキュラムポリシーは、学位毎に定められています。


人材育成目標

生命理工学分野に精通し、生命理工学と疾患研究領域との融合的学際分野において幅広い教養と国際的な視野を有し、高度な専門性と実践的問題解決能力を持った人材、とりわけ先端的な研究遂行能力を有する研究者、卓越した学識と優れた人間性を有する教育者、バイオ産業や医療機器開発などにおいて先端的な技術革新を実現するためのマネジメント能力を身につけ、産業界で活躍できる人材を育成する。

アドミッションポリシー

本専攻が掲げる人材育成目標に鑑みて、本専攻では、下記のすべてに該当する者を求める。

・ 入学後の修学に必要な学術に関する英語力を持ち、英語による生命理工学に関するコミュニケーション能力を有している。
・ 生命理工学に関する幅広い知識を体系的、集中的に学びとる意欲がある。
・ 高度に専門化した生命理工学分野の教育者、研究者として将来、社会に貢献する意欲がある。
・ 生命理工学領域に深い学識と優れた研究遂行能力を有している。
・ 生命科学や生体工学に深い関心と融合領域を開拓する幅広い視野を持ち、創造性と自立性を有している。
・ 協調性に富み、自分の考えを論理的かつ的確に表現する能力を有している。

博士(理学)

ディプロマポリシー

本専攻では、次のような能力・資質を身につけていると認められた者で、かつ所定の単位を収め、本専攻が行う博士論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(理学)の学位を授与する。

1)卓越した研究成果をあげており、先端的・分野融合的な生命科学の発展に貢献できる研究能力を有している。
2)高い専門性と倫理観を持ち、次世代の生命科学を担う人材育成や高度な専門的業務に貢献できる能力を有している。
3)生命科学や関連分野の多様な知識や技術を持ち、先端的技術開発を通して、医療・バイオ産業界の発展に貢献できる能力を有している。
4)自ら課題を設定し、研究を立案・遂行できる能力を有している。
5)自身の研究成果を広く社会に説明・発信できる能力を有している。
6)国際的な視野を持ち、海外でも活躍できる能力を有している。

カリキュラムポリシー

本学大学院医歯学総合研究科生命理工医療科学専攻では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するために、教育課程を編成するにあたっては、教育内容、教育方法、学習成果の評価方法等を以下のように設定する。

1)生命科学に関連する高度で幅広い専門的知識の修得に加え、グローバルな視野形成と人的ネットワーク形成に必要で産業界から要求される実践的スキルを養成する科目を設定する。
2)高度の専門性を修得することを目的に、所属分野の演習、研究実習を履修し、先端的な国内外共同研究に参加する。
3)学内外の高度専門家による多彩なテーマの「生命理工医療科学先端研究特論」を履修する。
4)国際性の向上のため、国際動向についての講義、外国語による専門分野の講義や外国語によるプレゼンテーション能力を養成する講義を行う。
5)複数指導体制と学内外のアドバイザーによる集団的な指導体制により客観的で学際的な研究指導および論文作成指導を行う。分野間の共同研究あるいは研究指導委託による国内外の他の機関での研究もリサーチワークの対象となる。
6)長期履修学生制度、早期修了制度などを用意し、多様な学生の要請に対応する。
7)成績評価は、レポートの提出、講義への参加状況などに基づき、各講義において学修達成度を適切に反映する基準を定めた上で行う。

博士(工学)

ディプロマポリシー

本専攻では、次のような能力・資質を身につけていると認められた者で、かつ所定の単位を収め、本専攻が行う博士論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(工学)の学位を授与する。

1)卓越した研究成果をあげており、先端的・分野融合的な生体工学の発展に貢献できる研究能力を有している。
2)高い専門性と倫理観を持ち、次世代の生体工学を担う人材育成や高度な専門的業務に貢献できる能力を有している。
3)生体工学に関する多様な知識や技術を持ち、先端的技術開発を通して、医療・バイオ産業界の発展に貢献できる能力を有している。
4)自ら課題を設定し、研究を立案・遂行できる能力を有している。
5)自身の研究成果を広く社会に説明・発信できる能力を有している。
6)国際的な視野を持ち、海外でも活躍できる能力を有している。

カリキュラムポリシー

本学大学院医歯学総合研究科生命理工医療科学専攻では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するために、教育課程を編成するにあたっては、教育内容、教育方法、学習成果の評価方法等を以下のように設定する。

1)生体工学に関連する高度で幅広い専門的知識の修得に加え、グローバルな視野形成と人的ネットワーク形成に必要で産業界から要求される実践的スキルを養成する科目を設定する。
2)高度の専門性を修得することを目的に、所属分野の演習、研究実習を履修し、先端的な国内外共同研究に参加する。
3)学内外の高度専門家による多彩なテーマの「生命理工医療科学先端研究特論」を履修する。
4)国際性の向上のため、国際動向についての講義、外国語による専門分野の講義や外国語によるプレゼンテーション能力を養成する講義を行う。
5)複数指導体制と学内外のアドバイザーによる集団的な指導体制により客観的で学際的な研究指導および論文作成指導を行う。分野間の共同研究あるいは研究指導委託による国内外の他の機関での研究もリサーチワークの対象となる。
6)長期履修学生制度、早期修了制度などを用意し、多様な学生の要請に対応する。
7)成績評価は、レポートの提出、講義への参加状況などに基づき、各講義において学修達成度を適切に反映する基準を定めた上で行う。

博士(保健学)

ディプロマポリシー

本専攻では、次のような能力・資質を身につけていると認められた者で、かつ所定の単位を収め、本専攻が行う博士論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(保健学)の学位を授与する。

1) 臨床検査学および関連領域における専門的業務に必要な高い学識・技術・応用力を身につけ,自ら先駆的な研究活動を遂行する能力を有している。
2) 臨床検査学および関連領域における指導者,教育者,研究者となるための基盤を習得し,国際的・学際的にリーダーシップを発揮できる資質と力量を有している。

カリキュラムポリシー

本学大学院医歯学総合研究科生命理工医療科学専攻では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するために、教育課程を編成するにあたっては、教育内容、教育方法、学習成果の評価方法等を以下のように設定する。

1) 臨床検査学領域の最先端の知識と研究力を身につけるために,講義,演習,研究実習を設定する。
2) 臨床検査技師としての技能,倫理感,対人関係を研修する仕組みを設ける。
3) 臨床検査データから病態を推論する能力を磨く科目を設定する。
4) 幅広い視野からの学習を促進するため,生命理工系も含めた多彩な選択科目を設定する。
5) 医療系大学院生として習得すべき教養科目を設定する。
6) 国際社会で活躍できる資質を育成するため,英語で行う授業科目を設定し,国際学会発表,海外研修,海外留学などへの参加を支援する。
7) 学生のプレゼンテーション力を向上させ,客観的・学際的な研究指導を充実させるために, 分野の枠を超えて教員と学生が研究の進捗状況について討論する場を設ける。
8) 社会人入学制度,長期履修制度を設け,多様な学生の要請に応える。
9) 成績は各科目の特性に応じた基準を定めて,多面的に評価する。