グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯科衛生保健部  > 業務  > 地域社会貢献活動  > 東京都内特別支援学校における健康教育

東京都内特別支援学校における健康教育

平成10年度から実施している活動です。特別支援学校の児童・生徒や保護者・教諭に対して、養護教諭、学校歯科医と連携を取り、歯科検診、保健指導のみならず、咀嚼などの機能にも目を向けた摂食嚥下指導の健康教育活動を行っています。
活動にあたっては、以下のように目標を設定しています。

第1回
小学部児童:
歯磨きの習慣を理解することができる

小学部保護者:
学童期の歯科衛生について知識を得る

中学部生徒:
むし歯や歯周疾患について学び、歯科衛生に関する意識を高める
自分の歯の状態を知り、丁寧に磨くことができる

第2回
幼稚部児童:
歯磨きの習慣を意識づける

幼稚部保護者:
口腔機能の発達及び幼児期の歯科衛生について知識を得る

高等部生徒:
むし歯や歯周疾患について学び、歯科衛生に対する意識を高める
歯垢の存在と歯垢が残りやすい箇所が分かり、意識しながら磨くことができる