グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 入学案内  > 大学院入学案内  > アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

本学のアドミッションポリシーについてご説明します。


大学院医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻

修士課程医歯理工学専攻においては、医学・歯学・生命理工学を中心とする多分野融合を実現した体系的な教育課程を基に、生命科学領域の相互連携を図り、人類の健康と福祉に関する幅広い知識および高い倫理観を有する医学、歯学、生命理工学分野の教育者、研究者、技術者等を育成する。

本専攻が掲げる人材育成目標に鑑みて、本専攻では協調性に富み、自分の考えを的確に表現し伝えることができ、入学後の修学に必要な英語力を有している者で、下記の項目のいずれかに該当する者を求める。

医科学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
歯科学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
生命理学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
生体工学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
口腔保健学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。

大学院医歯学総合研究科修士課程医歯理工学専攻医療管理政策学(MMA)コース

修士課程医歯理工学専攻医療管理政策学コースにおいては医療サービスに関わる社会的ニーズに応えるため、指導的立場で活躍する人材養成課程を基に医療管理ならびに医療政策の分野において、患者中心のより良い医療を効率的に提供できる社会システムの構築に寄与する人材を育成する。

本専攻が掲げる育成目標に鑑みて、下記に該当する者を求める。

医療管理政策学を学習するのに必要な基礎知識又は実務経験を有し、医療管理政策の展望について自らの考えを論理的に表現することができ、さらなる専門知識を体系的・集中的に学びとる意欲を有している。

大学院医歯学総合研究科博士課程医歯学系専攻

博士課程医歯学系専攻では、医学と歯学の両分野の専門的知識を熟知し、他分野との緊密な連携により世界をリードする研究者、教育戦略を打ち立て実行できる心豊かな教育者、高い倫理観を有する研究心旺盛な高度専門医療人、そして新しい時代を開拓するオピニオンリーダーを育成する。

本専攻が掲げる人材育成目標に鑑みて、本専攻では幅広い視野と創造性、自立性、倫理観を備えており、自分の考えを論理的かつ的確に表現する能力と研究遂行に必要な英語力を有している者で、下記の項目のいずれかに該当する者を求める。

医学領域に関する高度な学識および実務能力を持ち、さらなる関心と研究への強い意欲を有している。
歯学領域に関する高度な学識および実務能力を持ち、さらなる関心と研究への強い意欲を有している。
生命理学領域に関する高度な学識および実務能力を持ち、さらなる関心と研究への強い意欲を有している。
生体工学領域に関する高度な学識および実務能力を持ち、さらなる関心と研究への強い意欲を有している。

大学院医歯学総合研究科博士課程生命理工学系専攻

博士課程生命理工学系専攻では、生命理工学分野に精通し、生命理工学と疾患研究領域との融合的学際分野において幅広い教養と国際的な視野を有し、高度な専門性と実践的問題解決能力を持った人材、とりわけ先端的な研究遂行能力を有する研究者、卓越した学識と優れた人間性を有する教育者、バイオ産業や医療機器開発などにおいて先端的な技術革新を実現するためのマネジメント能力を身につけ、産業界で活躍できる人材を育成する。

本専攻が掲げる人材育成目標に鑑みて、本専攻では、下記のすべてに該当する者を求める。

入学後の修学に必要な学術に関する英語力を有し、英語による生命理工学に関するコミュニケーション能力を有している。
生命理工学に関する幅広い知識を体系的、集中的に学びとる意欲がある。
高度に専門化した生命理工学分野の教育者、研究者として将来、社会に貢献する意欲がある。
生命理工学領域に深い学識と優れた研究遂行能力を有している。
生命科学や生体工学に深い関心と融合領域を開拓する幅広い視野を持ち、創造性と自立性を有している。
協調性に富み、自分の考えを論理的かつ的確に表現する能力を有している。

保健衛生学研究科(生体検査科学専攻・看護先進科学専攻・共同災害看護学専攻)

 本研究科では、保健学の領域における旺盛な研究心と問題解決型の思考力を身につけ、看護学・検査学の課題に対応する臨床指向型研究を積極的に推し進めることによって、将来は国際的・学際的な視野から指導力、教育力を発揮できる人材の育成を基本理念としており、以下の条件をすべて満たす者を求めている。

【博士課程 看護先進科学専攻】
(1)看護学における専門的な知識・技術を発揮し,将来的に国際的・学際的な視野から看護
学における研究の進歩と実践の向上,後継者育成に貢献しうる能力と意欲を有している。
(5年一貫教育全般)
(2)看護学における高度な専門的知識と技術を獲得し,看護学研究における総合的な判断力
と遂行力並びに高い倫理観を身につけ,将来,研究・教育・臨床現場をリードしていくこ
とを目指している。(Nurse-Investigator育成Pathwayコース)
(3)複雑高度な看護問題への対応のために,臨床看護経験と高度な専門的知識と技術並びに
高い倫理観を身につけ,専門看護師教育科目の履修並びに臨床還元型研究を推進して博士
号取得を希望している。(CNS-D)

【博士課程 共同災害看護学専攻】
(1)災害看護学における専門的な知識と技術を身につけ,将来的にグローバルリーダーとして国際
的・学際的な視野から災害看護学における卓越した実践,教育研究に貢献しうる能力と意欲を
有している。
(2)災害看護の高度専門職業人として,卓越した実践力とリーダーシップで,災害支援に貢献しう
る能力と意欲を有している。
(3)災害看護に関する高い専門性をもとに,俯瞰的・独創的事業や卓越した政策立案,施策等で,
人々の安全・安心に貢献することを目指している。

【博士(前期)課程 生体検査科学専攻】
(1)看護学・検査学における専門的な知識と技術を確実に身につけ、総合的な判断
力と遂行力、並びに高度な倫理観を備えた高度専門職業人として、臨床現場を
リードしていくことを目指している。
(2)国際的・学際的な視野から、将来的には看護学・検査学における優れた臨床指
向型研究を担う基礎的な能力と意欲を有している。
(3)将来的には、優れた専門職業人と研究者を育成するための教育を担っていく資
質と意欲を有している。

【博士(後期)課程 生体検査科学専攻】
(1)検査学における専門的な知識と技術を発揮し実践と研究に取り組んできた経験を有し,
総合的な判断力と遂行力並びに高い倫理観を備えた高度専門職業人として,臨床現場にお
けるリーダーシップを発揮していくことを目指している。
(2)臨床指向型研究への取り組みに成果を上げつつあり,将来的には国際的・学際的な視野
から,検査学における研究の進歩と実践の向上に貢献し得る能力と意欲を有している。
(3)将来的には,優れた専門職業人と研究者を育成するための教育を指導的に担っていく意
欲と使命感を有している。