グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 分子病態検査学分野  > 大学院教育

大学院教育

〈博士(前期)課程〉

 1.疾病の成因・病態、病理像(肉眼的、組織学的、細胞学的及び分子病理学的)を深く追求、理解し疾病の本態を考察する。
  また、人体の構造や機能についても理解を深める。

 2.病因・病態の解明や診断に有用な病理学的検査法の理論や手法を学び、更に、実践の場における検査管理や問題解決
  能力を修得する。

 3.各種研究会や学会などにも参加し病理学・病理検査学領域における国際的、学際的な研究の現況や展望などについても
  学ぶ。
 
 4.以上の課程を通して修士論文としての特別研究を完成し、基礎的な研究能力を修得する。

〈博士(後期)課程〉

  国際的にも通用する自立した研究能力を育成し、英文学術誌に掲載する。

 
  大学院講義では、博士・修士合同で学内外の非常勤講師による講義や、各大学院生の研究成果発表を行っています。