グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 分子病態検査学分野  > 分野紹介

分野紹介

分子病態検査学分野の紹介


分子病態検査学分野では病理検査学の教育、研究を担当しています。


 病理検査では患者さんより採取した組織、細胞を肉眼や顕微鏡で観察することにより、
どのような変化があるかを検討し、病理診断を行います。病理診断は画像診断や様々な
診断の中で最も信頼の高い診断であり、ゴールドスタンダードとなっています。病理診断
により、様々な疾患情報を得ることができますが、中でも悪性腫瘍の診断では重要性が
高く、病理診断なしには治療方針を立てることができません。

 また病理診断は組織を扱う組織診断と細胞を扱う細胞診断に分かれます。組織診断は
医師である病理
診断医が行いますが、細胞診断では細胞検査士の資格を持つ臨床検査技師が主体と
なって診断を行います。検体系の多くの臨床検査が数値としてデータ化できる定量的な
検査であるのに対して、病理検査は質的検査であり、確かな診断ができるまでには長年
の学習と経験が必要となります。従って、細胞検査士として確実な細胞診断ができるよう
になるまでには大変な努力が必要です。

 本分野は本学保険衛生学科の看護と検査の学生に病理学・病理検査学を、検査の学生
に病理検査学実習を教育しています。また大学院では老化の分子病理学、臨床病理ゲノム
研究、細胞診断の臨床病理学的研究を行っています。現在、大学院生はすべて社会人大学
院生であり、志の高い現場の臨床検査技師が集まって、仲良くかつ厳しく研究活動を行って
います。臨床検査学の学生および臨床検査技師で、病理検査学に興味のある方はぜひ参加
しませんか?


分子病態検査学分野教授
沢辺元司