グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ご挨拶

センター長あいさつ

東京医科歯科大学 医学部附属病院 低侵襲医療センターは、今後の医療において重要な位置を占める低侵襲医療について、

1)革新的な低侵襲手術の開発や研究をすること。
2)低侵襲手術の教育として、患者さんに安全・安心な手術の提供するために院内のトレーニングセミナーや内視鏡外科における医療安全の広報活動を行う。

などを目標に設立されたセンターです。
このため、診療科横断的な研究や教育を行えるよう、内視鏡外科を扱う胃外科、肝胆膵外科、大腸肛門外科、泌尿器科、婦人科、呼吸器外科などのご協力を得て活動しております。