グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院  > ミッション・教育理念

ミッション・教育理念

このページの目次


ミッション

知と癒しの匠を創造する

Cultivating Professionals with Knowledge and Humanity

患者や家族の方から「ありがとう」のひと言がいただける。
「あなたでよかった」と笑顔を投げかけていただける。
そのために、高度な医療の知識と卓越した技術を身につけます。
ひとの苦しみや悲しみを受けとめ、思いやれるこころと倫理観を持ちます。
本学に学び、教育・研究・診療に携わるすべての人が、
「知と癒しの匠」への道を歩みつづけられるよう支えます。
これが、東京医科歯科大学の掲げるミッションです。

教育理念

1、幅広い教養と豊かな感性を備えた人間性の涵養を目指す

 病める人と向き合う医療人は、患者の痛みが分かり、そして患者を取り巻く様々な状況をも理解しなければならない。それには豊かな教養と人間への深い洞察力、高い倫理観と説明能力を備えなければならない。

2、自己問題提起、自己問題解決型の創造力豊かな人材を養成する

 学業あるいは研究に当たっては、何事も鵜呑みにすることなく、疑問を投げかけ、種々の情報を収集、解析し、自ら解決する能力が求められる。そうしてはじめて、独創的な研究を推進できる人材が育まれる。

3、国際感覚と国際競争力に優れる人材を養成する

 研究成果が即座に世界に伝播する現代において、 医療の分野でもその情報と時間の共有化が益々進んでいる。このような状況の中で、立ち遅れない、むしろ最先端を行く人材の養成に努める。そのために海外教育研究拠点、海外国際交流協定校への派遣を積極的に推進する。