グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院  > 台風等の自然災害や交通機関運休による休講措置(湯島地区)

台風等の自然災害や交通機関運休による休講措置(湯島地区)

台風等の自然災害や交通機関運休に伴う授業・試験の休講措置等について(湯島地区)


湯島地区において、台風等の自然災害や交通機関運休に伴う授業の休講・試験の延長を決定した場合は、
下記により本学のホームページ「学部・大学院」ニュース欄に掲載します。

When I decide no lecture of the class with natural disaster and the means of transportation suspension such as typhoons, the extension of the examination, I place it in the homepage news column of this University.

 ○台風などで首都圏に直接災害が予想される場合

  ・午前の授業を休講、午前の試験を延期とする場合は、午前6時30分までに公示する。
  ・午後の授業を休講、午後の試験を延期とする場合は、午前10時までに公示する。
  ・夜間(午後6時以降)の授業を休講、夜間(午後6時以降)の試験を延期とする場合は、午後4時までに公示する。

 ○首都圏における交通機関(JR及び大手私鉄・地下鉄など)が全面的に運転を休止している場合

  ・午前の授業を休講、午前の試験を延期とする場合は、午前6時30分までに公示する。
  ・午後の授業を休講、午後の試験を延期とする場合は、午前10時までに公示する。
  ・夜間(午後6時以降)の授業を休講、夜間(午後6時以降)の試験を延期とする場合は、午後4時までに公示する。