グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




講演・学会口頭発表

Hidehito Kuroyanagi.
"Non-Coding mRNAs" from Protein-Coding Genes through Alternative Pre-mRNA Splicing.
19th Tokyo RNA Club, 東京大学浅野キャンパス 、東京都文京区、2016年4月.

村山里枝、木村まり子、大野麻理奈、山崎-加藤裕美子、黒柳秀人
拡張型心筋症患者に変異が見出されるRNA 結合タンパク質RBM20 によるTTN遺伝子の心筋特異的スプライシング制御機構
冬の若手ワークショップ2016@山中湖, 山梨県南都留郡山中湖村、2016年2月.

山崎裕美子、村山里枝、大野麻理奈、黒柳秀人
TTN遺伝子の選択的スプライシングモニタリングと拡張型心筋症の創薬スクリーニング
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) 神戸市、2015年12月.

黒柳秀人、渡辺 要平、鈴木穣、萩原正敏
線虫CELFファミリーRNA結合タンパク質UNC-75は神経系特異的かつ位置依存的に選択的スプライシングを制御する
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会) 神戸市、2015年12月.

黒柳秀人.
mRNA前駆体の転写とスプライシングを自己制御する因子の解析
東京地区線虫勉強会 東京大学浅野キャンパス 、東京都文京区、2015年11月.

武井理美、黒柳秀人
リボソームタンパク質L10aはmRNA前駆体の選択的スプライシングにより遺伝子発現を自己制御する
第37回日本分子生物学会年会 横浜市、2014年11月.

黒柳秀人.
mRNA前駆体の選択的スプライシングパターンの可視化と制御機構の解析
立命館大学視覚科学統合研究センターセミナー 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス、滋賀県草津市、2014年11月.

Hidehito Kuroyanagi.
RBFOX and SUP-12 cooperatively regulate muscle-specific alternative splicing to determine ligand-binding specificity of FGF receptors in C. elegans
理研シンポジウム「Noncoding RNA Regulation」 理化学研究所 和光キャンパス 、埼玉県和光市、2014年10月.

黒柳秀人.
unc-60遺伝子の筋特異的選択的プロセシングの制御機構
東京地区線虫勉強会 東京大学浅野キャンパス 、東京都文京区、2014年9月.

村山里枝、木村まり子、大野麻理奈、黒柳秀人.
拡張型心筋症患者に変異が見出されるRBM20のRS-rich領域はリン酸化され核移行とスプライシング制御に必須である
第16回日本RNA学会年会 名古屋市、2014年7月.

桑迫香奈子,高橋真梨,雲財悟,津田健吾,吉川征子,何発虎,小林直弘,Peter Güntert,白水美香子,伊藤拓宏,田仲昭子,横山茂之,萩原正敏,黒柳秀人,武藤裕.
選択的スプライシング制御因子ASD-1とSUP-12による協働的なRNA 認識の構造基盤
第16回日本RNA 学会年会 名古屋市、2014年7月.

Masahiro Tomioka, Yasuki Naito, Hidehito Kuroyanagi, Yuichi Iino.
Combinatorial expression of evolutionally conserved RNA binding proteins determines neuron-type specific alternative splicing of the daf-2 insulin/IGF receptor in C. elegans.
C. elegans Development, Cell Biology and Gene Expression Meeting in Association with the 6th Asia-Pacific C. elegans Meeting, 奈良市, 2014年7月.

Hidehito Kuroyanagi.
Cooperative regulation of tissue-specific alternative splicing by multiple splicing factors determines ligand-binding specificity of FGF receptors.
The 9th International Symposium of the Institute Network 大阪大学、大阪府吹田市、2014年6月.

黒柳秀人.
mRNA前駆体の選択的プロセシングパターンを可視化して解析する.
日本農芸化学会中部支部第169回例会若手シンポジウム 岐阜大学 サテライトキャンパス 、岐阜市、2013年11月.

武井理美.
線虫rp遺伝子の選択的スプライシング制御機構の解析.
東京地区線虫勉強会 東京大学浅野キャンパス 、東京都文京区、2013年9月.

黒柳秀人.
蛍光タンパク質レポーターを用いたmRNA前駆体の転写後プロセシング制御機構の遺伝学的解析.
日本遺伝学会第85回大会 慶應義塾大学 日吉キャンパス 、横浜市、2013年9月.

Hidehito Kuroyanagi, Marina Togo, Yohei Watanabe, Motoki Hoshina, Yutaka Suzuki and Masatoshi Hagiwara.
Multi-domain protein LST-3 regulates pre-mRNA transcription and alternative splicing in C. elegans.
CSHL Meeting on Eukaryotic mRNA Processing, Cold Spring Harbor, NY, USA, 2013年8月.

Hidehito Kuroyanagi.
Regulation of tissue-specific alternative splicing by the RBFOX family.
Harvard FAS Center for Systems Biology, Cambridge, MA, USA, 2013年8月.

Hidehito Kuroyanagi.
Genetic analyses of alternative splicing regulation in C. elegans.
University of California, Los Angeles, CA, USA, 2013年6月.

Genta Ohno, Kanako Ono, Marina Togo, Yohei Watanabe, Shoichiro Ono, Masatoshi Hagiwara, Hidehito Kuroyanagi
Muscle-Specific Splicing Factors ASD-2 and SUP-12 Cooperatively Switch Alternative Pre-mRNA Processing Patterns of the ADF/Cofilin Gene in C. elegans.
Cold Spring Harbor Asia conferences on RNA Biology, Suzhou Dushu Lake Conference Center、蘇州市、中国、2012年10月.

黒柳秀人、都甲麻理奈、渡辺要平、萩原正敏.
普遍的に発現するRNAポリメラーゼII会合タンパク質LST-3はmRNA前駆体の転写と選択的スプライシングを制御する.
第14回日本RNA学会年会 東北大学百周年記念会館川内萩ホール、仙台市、2012年7月.

Hidehito Kuroyanagi.
Deciphering splicing codes by visualizing alternative splicing patterns in vivo.
National Taiwan University、台湾、2011年11月.

Hidehito Kuroyanagi.
Regulation of Tissue-Specific Alternative Splicing in C. elegans.
Academia Sinica、台湾、2011年11月.

Genta Ohno, Kanako Ono, Yohei Watanabe, Marina Togo, Shoichiro Ono, Masatoshi Hagiwara, Hidehito Kuroyanagi.
ASD-2 and SUP-12 cooperatively regulate muscle-specific alternative splicing of the ADF/coflin gene in C. elegans.
NTU-JST Joint Meeting on RNA & Biofunctions - Asia Studies、台北、台湾、2011年11月.

黒柳秀人.
生体における選択的スプライシングの可視化と制御機構の解析.
第26回理化学研究所ケミカルバイオロジー研究領域勉強会 理化学研究所和光本所 鈴木梅太郎記念ホール、埼玉県和光市、2011年1月.

Genta Ohno, Shoichiro Ono, Masatoshi Hagiwara, Hidehito Kuroyanagi.
ASD-2 and SUP-12 regulate the muscle-specific alternative splicing of actin-depolymerizing factor (ADF)/cofilin.
The 4th East Asia C. elegans Meeting. 東京都渋谷区、2010年7月.

Karine Rebora, Ilyass Zniber, Leo Guignard, Genta Ohno, Hidehito Kuroyanagi, Laura Fontrodona, Julian Ceron, Simo Jr Schwartz.
Quantitative screen for alternative splicing regulation factors in vivo.
The 4th East Asia C. elegans Meeting. 東京都渋谷区、2010年7月.

黒柳秀人.
生体における選択的スプライシングの可視化と制御機構の解析.
第26回東北大学脳科学グローバルCOE若手フォーラム 東北大学、仙台市、2010年6月.

Hidehito KUROYANAGI.
Regulation of Tissue-Specific Alternative Splicing in C. elegans.
The 19th CDB Meeting "RNA Sciences in Cell and Developmental Biology" , 理化学研究所、神戸市、2010年5月.

黒柳秀人.
蛍光レポーター線虫の作製と遺伝学的解析.
文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 「細胞光計測・制御のための新規バイオ技術創成クラスター 第2回シンポジウム」 慶應義塾大学、横浜市、2010年3月.

Hidehito KUROYANAGI.
Tissue-specific alternative splicing regulation in C. elegans.
GENE REGULATION PROGRAMME SEMINAR, ICREA and Centre de Regulacio Genomica, Barcelona, Spain, 2009年12月.

Hidehito KUROYANAGI.
Tissue-specific alternative splicing regulation by Fox-1 family in C. elegans.
RNA Club, Institut Europeen de Chimie et Biologie (Bordeaux), France, 2009年12月.

Hidehito KUROYANAGI.
A transgenic reporter system reveals expression profiles and regulation mechanisms of alternative splicing in vivo.
8th Surugadai International Symposium, 東京医科歯科大学、東京、2009年9月.

Hidehito KUROYANAGI, Masatoshi HAGIWARA.
Fox-1 family and CELF family RNA-binding proteins regulate neuron-specific alternative splicing in C. elegans.
CSHL Meeting on Eukaryotic mRNA Processing, Cold Spring Harbor, NY, USA, 2009年8月.

Hidehito KUROYANAGI.
Tissue-specific alternative splicing regulation by Fox-1 family in C. elegans.
Seminar, Howard Hughes Medical Institute/UCLA, CA, USA, 2009年6月.

Hidehito KUROYANAGI.
Alternative splicing reporters offer a path to splicing codes.
ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)線虫 シンポジウム 「Nematode: an ideal model organism for functional genomics」東京女子医科大学、東京、2008年11月.

Hidehito KUROYANAGI.
A transgenic reporter system reveals expression profiles and regulation mechanisms of alternative splicing in vivo.
UK-Japan Frontiers of Science Symposium 2008, 神奈川県湘南国際村、2008年10月.

Hidehito KUROYANAGI.
Visualization of alternative splicing patterns in vivo reveals regulation mechanisms.
第10回日本RNA学会年会 RNAミーティング10周年記念セッション 「Ambitious Young Scientists Looking toward the Next Decade」札幌市、2008年7月.

Hidehito KUROYANAGI.
Visualization of alternative splicing patterns in vivo reveals regulation mechanisms.
Department of Genetics, Case Western Reserve University, Cleveland, OH, USA、2008年7月.

Hidehito KUROYANAGI.
Alternative Splicing Reporter Worms – Visualization of Spatiotemporal Regulation in vivo.
University of California Los Angeles/Howard Hughes Medical Institute, Los Angeles, CA, USA、2007年7月.

Hidehito KUROYANAGI and Masatoshi HAGIWARA.
A transgenic reporter system reveals expression profiles and regulation mechanisms of alternative splicing in vivo.
第59回日本細胞生物学会大会・第40回日本発生生物学会合同大会 ミニ・シンポジウム 「Frontiers in RNA biology」福岡市、2007年5月.

黒柳秀人
生体における選択的スプライシングパターンを可視化する
第2回神戸スプライシングカンファレンス、神戸市、2006年11月.

黒柳秀人
選択的スプライシングを生体内で可視化する
岡山大学大学院自然科学研究科 第309回生物科学セミナー、2006年11月.

Hidehito Kuroyanagi.
Transgenic alternative-splicing reporters reveal tissue-specific expression profiles and regulation mechanisms in vivo.
RIKEN Center for Developmental Biology、2006年11月.

Kuroyanagi, H., for Hagiwara, M.
Visualization of tissue-specific alternative splicing and cloning of the regulatory proteins in C. elegans.
Gordon Research Conference, The Biology Of Post-Transcriptional Gene Regulation, Oxford, UK, 2006年8月.

黒柳秀人萩原正敏
多細胞生物の多様性を生み出した選択的スプライシングの制御機構
日本生物物理学会第43回年会 シンポジウム「限れたゲノム情報からタンパク質の多様性はいかにして生み出されるのか?」札幌市、2005年11月.