グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




総説等

Wani, S. and Kuroyanagi, H.
An emerging model organism Caenorhabditis elegans for alternative pre-mRNA processing in vivo.
WIREs RNA, e1428. doi: 10.1002/wrna.1428, 2017.
PMID:28703462

黒柳秀人.
第9章第4節. 転写と転写後の共役.
遺伝子発現制御機構―クロマチン,転写制御,エピジェネティクス―(田村 隆明 ・浦 聖惠 編著、東京化学同人)2017年4月3日.

黒柳秀人.
第26章. デコイncRNA.
ノンコーディングRNA―RNA分子の全体像を俯瞰する―(廣瀬 哲郎・泊 幸秀 編、化学同人)2016年7月15日.

桑迫香奈子、高橋真梨、黒柳秀人、武藤 裕.
組織特異的にスプライシング反応を制御するRBFOXファミリーRNA結合タンパク質およびSUP-12によるRNAの協働的な認識の機構.
ライフサイエンス 新着論文レビュー 2014年9月12日.

木村まり子黒柳秀人.
New Technology 選択的スプライシング可視化システム.
Medical Science Digest 39: 502-503, 2013.

Hidehito Kuroyanagi.
Switch-like regulation of tissue-specific alternative pre-mRNA processing patterns revealed by customized fluorescence reporters.
Worm 2: e23834, 2013.
PMID:24778931

Hidehito Kuroyanagi, Akihide Takeuchi, Takayuki Nojima and Masatoshi Hagiwara.
Chapter 28: Single cell detection of splicing events with fluorescent splicing reporters.
In "Alternative pre-mRNA Splicing: Theory and Protocols" (Stamm, S./ Smith, C./ Lührmann, R. Eds, Wiley-VCH). 2012.

大野源太黒柳秀人.
選択的スプライシングの分子機構と生命現象.
実験医学増刊号「拡大・進展を続けるRNA研究の最先端」(羊土社) 28: 1591-1596, 2010.

黒柳秀人.
みにれびゅー 選択的pre-mRNAスプライシング制御機構解明への新たなアプローチ.
生化学(日本生化学会) 82: 402-411, 2010.
PMID:20560432

黒柳秀人.
選択的スプライシングの可視化と制御機構解明への応用.
蛋白質 核酸 酵素 2009年12月号増刊「mRNAプログラム」 54: 2044-2048, 2009.
PMID:21089615

KUROYANAGI, Hidehito.
Fox-1 family of RNA-binding proteins.
Cell. Mol. Life Sci. 66: 3895-3907, 2009.
PMID:19688295

黒柳秀人萩原正敏.
HOTPRESS「選択的スプライシングを生体内で可視化する」
細胞工学(秀潤社) 26: 64-65, 2007.

黒柳秀人萩原正敏.
誘導的遺伝子発現とシグナル伝達
転写イラストマップ(羊土社) pp95-106, 2004.