グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患研究所大学院教育研究支援実験施設  > 共通機器の利用について  > インジェクター及び蛍光顕微鏡(細胞プロテオーム解析室)

インジェクター及び蛍光顕微鏡(細胞プロテオーム解析室)

インジェクター及び蛍光顕微鏡

利用対象者利用料金利用時間予約の有無
学内消耗品を各自で用意8時~20時メールにて予約

機器の特徴

インジェクター

【型名】    Eppendorf InjectMan NI2
【メーカー】  Eppendorf

蛍光顕微鏡

【型名】    Leica M165FC
【メーカー】  Leica

【概要・性能】
初期胚、小器官、および付着細胞への核酸やタンパク質のマイクロ注入を行う装置です。
本学では、遺伝子改変小型魚類作出の際の小型魚類初期胚へのCRISPR RNA (sgRNAおよびCas9 mRNA)やplasmid DNAの導入によく使用されています。

【仕様】
高速半自動注入が可能

予約方法

メールにて予約

設置場所・連絡先

設置場所:M&Dタワー21階 細胞プロテオーム解析室
担当者:技術専門職員 名和眞希子
連絡先:TEL 03-5803-4596(平日 9:00~17:00)  [学内:内線4596]
     E-Mail proteome.lcpr@mri.tmd.ac.jp

利用料金

料金表については学内限定で公開しております。

各種料金については、連絡先までお問い合わせください。


細胞プロテオーム解析室料金表(学内のみ)

・ご利用においては、本学内利用者を優先させて頂いています。

・解析に必要な試薬等はご利用者負担となります。

・機器の故障につきましては、基本ご利用者負担となります。

難治疾患研究所大学院教育研究支援実験施設