グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患研究所大学院教育研究支援実験施設  > 共通機器の利用について  > 自動固定包埋装置(RH-12DM)(形態機能解析室)

自動固定包埋装置(RH-12DM)(形態機能解析室)

自動固定包埋装置(RH-12DM)

利用対象者利用料金利用時間予約の有無
学内お問い合わせください終日Yahoo!カレンダーで予約

機器の特徴

【型名】   RH-12DM
【メーカー】  SAKURA

【概要・性能】
組織標本を作製する際に、脱水・脱脂・パラフィン浸透を行う機器です。脱脂はキシレンの代替品である「ティシュー・クリア」を使用しているため、浸透性はキシレンよりもやや劣ります。脳や乳腺など脂肪が豊富な組織には、慎重に予備実験を行ってからご利用ください。

【仕様】
エタノール…6槽、ティシュークリア(透徹剤)×3槽、パラフィン…3槽
遅延タイマー:72時間まで、振盪装置:上下反転方式
※ 純アルコールからのスタートなので、70%および90%のエタノール処理は事前に各自で行ってください。

使用条件

・利用希望者は「形態機能解析室利用者登録申込書」に必要事項を記入し、形態機能解析室宛にご提出ください。 Yahoo!JAPAN IDは機器予約カレンダーのご利用に必要となるものですので必ずご記入ください。 IDをお持ちでない方は、利用申請をする前に予め取得手続きをお済ませくださいますようお願いいたします。

・形態機能解析室では殆どの機器の予約をオンライン化しております。 利用登録申込書の受理後、管理人が申請者のYahoo!JAPAN IDを機器予約用カレンダーへ共有設定いたします。 共有設定完了を通知するメールをお受け取りになりましたら、こちらの手順に沿って予約カレンダーをご登録ください。

・既に形態機能解析室のご利用登録をされている方が追加で他の機器をご登録される場合は、 管理人にご希望の機器をメールでお伝えください。その際、申込書の提出をする必要はございません。

設置場所・連絡先

設置場所:M&Dタワー21階 形態機能解析室
担当者:研究支援推進員 野村隆之
連絡先:TEL 03-5803-5198(平日 9:00~17:00)  [学内:内線5198]
     E-Mail keitaikinou.lacfl@mri.tmd.ac.jp

予約方法

通常は予約不要です。但し、ブロック数が多く、診療などの原因で作業時間が限られている場合などには、壁掛けカレンダーに予約を書き込んでご利用ください。

利用料金

料金表については学内限定で公開しております。

各種料金については、連絡先までお問い合わせください。

※消耗品(カセット)等は使用者が準備してください。

難治疾患研究所大学院教育研究支援実験施設