グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 難治疾患研究所大学院教育研究支援実験施設  > 共通機器の利用について  > 1分子蛍光分析システム(細胞プロテオーム解析室)

1分子蛍光分析システム(細胞プロテオーム解析室)

1分子蛍光分析システム MF-20

利用対象者利用料金利用時間予約の有無
学内消耗品を各自で用意8時~20時メールにて予約

機器の特徴

【型名】    MF-20
【メーカー】  OLYMPUS

【概要・性能】
・タンパク質・DNA等の相互作用の高感度・低ノイズ解析を実現
・ハイスループット解析を実現
・低ランニングコストを実現
・多彩な解析手法を採用
・解析前の精製操作・サンプル洗浄が不要
・固相化不要でチップから解放

【仕様】
解析手法:1分子蛍光分析(FCS解析法、FIMDA解析法、FxCS解析法)
測定項目:濃度、並進拡散時間、分子蛍光強度、相互相関
レーザー波長:488nm、543nm、633nm(2波長同時計測可能)

予約方法

メールにて予約

設置場所・連絡先

設置場所:M&Dタワー21階 細胞プロテオーム解析室
担当者:技術専門職員 名和眞希子
連絡先:TEL 03-5803-4596(平日 9:00~17:00)  [学内:内線4596]
     E-Mail proteome.lcpr@mri.tmd.ac.jp

利用料金

料金表については学内限定で公開しております。

各種料金については、連絡先までお問い合わせください。


細胞プロテオーム解析室料金表(学内のみ)

・ご利用においては、本学内利用者を優先させて頂いています。

・解析に必要な試薬等はご利用者負担となります。

・機器の故障につきましては、基本ご利用者負担となります。

難治疾患研究所大学院教育研究支援実験施設