グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 脳統合機能研究センター  > 専任教員  > 味岡研究グループ

味岡研究グループ

研究紹介

私たちのグループでは、傷害を受けた脳の再生をめざし、理学(神経発生生物学)および工学(バイオマテリアル工学)研究プロジェクトを行っています。また、脳・神経疾患の克服をめざした共同研究として、理学研究者にはバイオマテリアルを提供し、工学研究者には細胞・動物実験等をサポートしています。

私たちの脳は、一度損傷すると再生しないと考えられています。例えば、脳卒中で起こる手足の麻痺は時間が経てば回復するという訳ではありません。しかしながら、近年の神経生物学研究の発展により、私たちの脳にも潜在的な再生能力があることが明らかになってきました。例えば、ニューロンは決して増殖しないと考えられてきましたが、私たちの研究によって、ニューロンにも潜在的な増殖能があることがわかってきました(Ajioka et al., Cell 2007, Oshikawa et al, Development 2013)。

それでは、自然治癒力だけでは発揮しない潜在的再生能をどのように発揮させればいいのでしょうか。「理学」という学問は現存する自然現象に対して、その支配原理を明らかにすることで理解を深める学問です。その理学研究によって、なぜ私たちの脳が再生しないのか、また、どの程度再生能を持つのかなどが明らかになってきました。一方、「工学」という学問は現存しないものを新しく創り出す学問で、その創造物が社会にとって有益となることが望まれています。つまり、脳が潜在的に持つ再生能力を発揮させるためには、創造物を用いた工学的なアプローチが重要になってきます。私たちはこれまでに、ニューロンの増殖や遊走の足場となる人工足場材料を作製し、ニューロンを三次元的に増殖培養させる技術や(Ajioka et al., Biomaterials 2011)、損傷を受けた脳にニューロンを配置させる技術を開発してきました(Ajioka et al., Tissue Eng Part A, 2015)。

私たちのグループでは「脳が潜在的に持っている再生能力を理学研究によって理解し、工学研究によって発揮させる」というスローガンを掲げ、脳・神経疾患の克服に向けた研究に取り組んでいます。


メンバー

准教授  味岡 逸樹(2009.11-)(詳細研究業績
     E-mail: iajioka.cbir(at)tmd.ac.jp / TEL: 03-5803-4972
特任助教 押川 未央(2011.04-)
技術員  岡田 桂 (2010.02-2014.04, 2014.10-)

主な活動学会(味岡)

● 日本神経化学会(評議員・国際対応委員会委員(2009-)・ダイバーシティ推進委員会委員(2015-))
● 日本生化学会
● 日本化学会
● アジア太平洋神経化学会(APSN: Asian-Pacific Society for Neurochemistry)(理事(2012-))
● 国際神経化学会(ISN: International Society for Neurochemistry)(トラベルアワード委員会委員(2014-))

トピックス

----2015年度----

2016.3.17【論文】
味岡の総説がRegenerative Therapy誌に掲載されました。
Biomaterial-engineering and neurobiological approaches for regenerating the injured cerebral cortex

2016.3.14【領域会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」領域会議で発表しました(仙台)。

2016.2.20【学内シンポジウム】
押川が第8回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウムにてポスター発表しました。

2015.12.1【論文】
味岡の原著論文(米国セント・ジュード小児研究病院との共同研究)がDevelopment誌に掲載されました。
Brg1 coordinates multiple processes during retinogenesis and is a tumor suppressor in retinoblastoma

2015.12.1【班会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」A03班・班会議で研究発表しました(東京)。

2015.11.24【国際シンポジウム発表】
味岡が第26回 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2015) で発表をしました(名古屋)。

2015.10.31-11.2【領域会議】
味岡がさきがけ「分子技術と新機能創出」研究領域の第7回領域会議で発表をしました(相生)。

2015.9.13【テレビ出演】
味岡がTBSテレビ「未来の起源」に出演しました。撮影の様子が医科歯科大Facebookに掲載されています。

2015.9.13【口頭発表】
味岡が第58回日本神経化学会大会で口頭発表しました(大宮)。

2015.8.25【ワークショップ発表】
味岡が25th Biennial Meeting of the ISNのワークショップ「Challenge for Central Nervous System Regeneration: A Synergistic Approach Combining Neurobiology and Biomaterial Engineering」をメルボルン大学のDr. Clare Parishと共にオーガナイズし、研究発表しました(オーストラリア・ケアンズ)。

2015.7.30【シンポジウム発表・ポスター発表】
味岡が第38回日本神経科学大会のシンポジウム「発達・障害に伴う神経再編」で発表し、押川がポスター発表しました(神戸)。

2015.7.22【新聞報道】
味岡らの研究グループと名古屋市立大学の澤本和延教授らとの共同研究によって得られた研究成果が「脳損傷 たんぱく質で修復」と題して、日経産業新聞に掲載されました(2015.7.22.8面)。

2015.7.22【研究発表】
味岡がキヤノン財団・第4回「産業基盤の創生」研究成果報告会で発表しました(東京)。

2015.7.3【ワークショップ発表】
味岡が第31回日本DDS学会学術集会のワークショップ「細胞工学と再生医療の新展開」で発表しました(東京)。

2015.7.3【領域会議】
味岡(代理:押川)が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」領域会議で発表しました(大阪)。

2015.5.23-25【領域会議】
味岡がさきがけ「分子技術と新機能創出」研究領域の第6回領域会議で発表をしました(糸魚川)。

----2014年度----

2015.3.24【シンポジウム発表】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」第8回公開シンポジウムで発表しました(東京)。

2015.3.23【領域会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」領域会議で発表しました(箱根)。

2015.3.19-20【研究会発表】
押川が第8回神経発生討論会でポスター発表しました(福岡)。

2015.3.3【班会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」A03/B01班・合同班会議で研究発表しました(東京)。

2015.2.21【学内シンポジウム】
押川と味岡が第7回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウムにてそれぞれポスター発表しました。

2014.11.21-23【領域会議】
味岡がさきがけ「分子技術と新機能創出」研究領域の第5回領域会議で発表をしました(熱海)。

2014.11.18【口頭発表】
味岡が第36回日本バイオマテリアル学会大会で口頭発表しました(東京)。

2014.10.25【領域会議】
味岡が「さきがけ・CREST・分子技術」合同キックオフミーティングで発表をしました(東京)。

2014.10.02【班会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」A03/B01班・合同班会議で研究発表しました(東京)。

2014.10.01【シンポジウム発表】
味岡が精神行動医科学分野の山本講師と共に第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学大会・合同年会でシンポジウム「精神神経疾患研究への展開を見据えた時空間的な遺伝子発現制御研究の最先端」を共同でオーガナイズし発表をしました(奈良)。

2014.10.01【人事】
技術補佐員の岡田が半年のクーリングオフ期間を経て業務復帰しました。

2014.09.26【研究事業】
味岡が研究代表を務める「低酸素状態で構造変換するタンパク質を用いた脳再生デバイスの創製」プロジェクトが、平成26年度戦略的創造研究推進事業(さきがけ)「分子技術と新機能創出」に採択されました。

2014.09.22【学会活動】
味岡がISN 2014 Special Conferenceのラウンドテーブルセッションで、神経化学研究分野と生物物理研究分野の交流がもたらす研究の活性化について議論しました(東京)。

2014.09.15【招待講演】
味岡がUniversidade Federal do Rio de Janeiroで講演しました(ブラジル・リオ)。

2014.09.11【招待講演】
味岡がSBNeC Neuroscience Meetingで研究発表しました(ブラジル・リオ)。

2014.08.25【論文】
味岡の総説(ミニレビュー)が生化学誌に掲載されました。
「神経前駆細胞において増殖と分化の協調を制御するRbファミリータンパク質の役割」

2014.08.25【口頭発表】
味岡が第12回APSN(Asian-Pacific Society for Neurochemistry)大会で口頭発表しました(台湾・高雄)。

2014.07.27【招待講演】
味岡が細胞再生医療研究会で研究発表しました(神戸)。

2014.07.14【論文】
味岡・岡田の原著論文が Tissue Engineering 誌に受理されました。
CBIR専任教員・味岡准教授の研究グループは、名古屋市立大学・医学研究科・再生医学分野の澤本和延教授との共同研究により、損傷を受けた脳組織に新生ニューロンを誘導することに成功しました(共責任著者論文)。共同研究グループは、神経幹細胞から産み出された新生ニューロンが血管を足場として損傷脳に向かって遊走するという過去の報告から、血管表面に存在する細胞外基質ラミニンを含有する多孔性スポンジ型バイオマテリアルを作製し、人工血管様足場として利用することで、損傷脳組織への新生ニューロン誘導に成功しました。
Enhancement of Neuroblast Migration into the Injured Cerebral Cortex using Laminin-containing Porous Sponge

2014.07.05【領域会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」領域会議で研究発表しました(東京)。

2014.06.17【招待講演】
味岡が金沢大学がん進展制御研究所の腫瘍分子生物学セミナー(高橋智聡先生)で研究発表しました。

2014.06.13【班会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」A03班・班会議で研究発表しました(仙台)。

2014.05.22-25【国際会議】
味岡が Cortical Development Meeting 2014 で研究発表しました(ギリシア・クレタ)。

2014.04.25【領域会議】
味岡が新学術領域「超高速バイオアセンブラ」公募研究キックオフミーティングで研究発表しました(東京)。

2014.04.03【論文】
味岡の総説がDevelopment, Growth & Differentiation誌に掲載されました。
Coordination of proliferation and neuronal differentiation by the retinoblastoma protein family