グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 脳統合機能研究センター  > 専任教員  > 味岡研究グループ

味岡研究グループ

研究紹介

私たちのグループでは、傷害を受けた脳の再生をめざし、理学(神経発生生物学)および工学(バイオマテリアル工学)研究プロジェクトを行っています。また、脳・神経疾患の克服をめざした共同研究として、理学研究者にはバイオマテリアルを提供し、工学研究者には細胞・動物実験等をサポートしています。

私たちの脳は、一度損傷すると再生しないと考えられています。例えば、脳卒中で起こる手足の麻痺は時間が経てば回復するという訳ではありません。しかしながら、近年の神経生物学研究の発展により、私たちの脳にも潜在的な再生能力があることが明らかになってきました。例えば、ニューロンは決して増殖しないと考えられてきましたが、私たちの研究によって、ニューロンにも潜在的な増殖能があることがわかってきました(Ajioka et al., Cell 2007, Oshikawa et al, Development 2013, Oshikawa et al, Development 2017)。

それでは、自然治癒力だけでは発揮しない潜在的再生能をどのように発揮させればいいのでしょうか。「理学」という学問は現存する自然現象に対して、その支配原理を明らかにすることで理解を深める学問です。その理学研究によって、なぜ私たちの脳が再生しないのか、また、どの程度再生能を持つのかなどが明らかになってきました。一方、「工学」という学問は現存しないものを新しく創り出す学問で、その創造物が社会にとって有益となることが望まれています。つまり、脳が潜在的に持つ再生能力を発揮させるためには、創造物を用いた工学的なアプローチが重要になってきます。私たちはこれまでに、ニューロンの増殖や遊走の足場となる人工足場材料を作製し、ニューロンを三次元的に増殖培養させる技術や(Ajioka et al., Biomaterials 2011)、損傷を受けた脳にニューロンを配置させる技術(Ajioka et al., Tissue Eng Part A 2015)、損傷を受けた脳に血管を誘引する技術(Oshikawa et al., Adv Healthc Mater 2017)などを開発してきました。

私たちのグループでは「脳が潜在的に持っている再生能力を理学研究によって理解し、工学研究によって発揮させる」というスローガンを掲げ、脳・神経疾患の克服に向けた研究に取り組んでいます。


メンバー

准教授  味岡 逸樹(2009.11-)(詳細研究業績
     E-mail: iajioka.cbir(at)tmd.ac.jp / TEL: 03-5803-4972
特任助教 押川 未央(2011.04-)
技術員  岡田 桂 (2010.02-2014.04, 2014.10-)

主な活動学会(味岡)

● 日本神経化学会(理事(2017-)・評議員(2009-)・国際対応委員会委員(2009-)・ダイバーシティ推進委員会委員(2015-)・ブランディング委員会委員(2017-))
● 日本生化学会
● 日本化学会
● アジア太平洋神経化学会(APSN: Asian-Pacific Society for Neurochemistry)(理事(2012-))
● 国際神経化学会(ISN: International Society for Neurochemistry)(トラベルアワード委員会委員(2014-))

トピックス

----2017年度----
2017.10.18【シンポジウム発表】
味岡が第7回CSJ化学フェスタのシンポジウム「分子技術が創り出す新しい世界と材料 ~さきがけ若手研究者たちの挑戦~」で発表をしました(東京)。

2017.9.19【論文・プレスリリース】
押川・岡田・味岡の原著論文がDevelopment誌に掲載され、プレスリリースされました。
Dnmt1-dependent Chk1 pathway suppression is protective against neuron division

2017.9.7【セミナー】
味岡が第10回神経化学の若手研究者育成セミナーで講演しました(仙台)。

2017.9.2【招待講演】
味岡がISN-APSN-JSN Advanced School で講演しました(仙台)。

2017.8.20, 22【国際学会誘致プレゼン】
味岡がISN-ESN Biennial Meetingの理事会 (8/20) と総会 (8/22) において、2021年ISN大会の誘致プレゼンを行い、日本神経化学会による京都誘致の成功に貢献しました(フランス・パリ)。

2017.8.1【論文】
押川・岡田・味岡の原著論文がDevelopment誌に受理されました。

2017.7.2【領域会議】
味岡がさきがけ「分子技術と新機能創出」研究領域の第10回領域会議で発表をしました(富岡)。

2017.6.15【論文】
押川・岡田・味岡の原著論文がAdvanced Healthcare Materials誌の背表紙に採用され、Advanced Science Newsにて論文を取り上げていただきました。

2017.5.20【研究会】
味岡が「さきがけ研究者交流会」にて研究発表をしました(東京)。

2017.5.10【論文・プレスリリース】
押川・岡田・味岡の原著論文がAdvanced Healthcare Materials誌(オンライン版)に掲載され、プレスリリースされました。
Affinity-Immobilization of VEGF on Laminin Porous Sponge Enhances Angiogenesis in the Ischemic Brain

2017.4.7【論文】
押川・岡田・味岡の原著論文がAdvanced Healthcare Materials誌に受理されました。

----2016年度----

2017.3.16【シンポジウム発表】
味岡が日本化学会第97春季年会のシンポジウム「分子設計と分子技術:社会に発展・革新をもたらす新機能の創出」で発表をしました(横浜)。

2017.2.18【口頭発表】
味岡が第12回成体脳のニューロン新生懇談会で発表をしました(滋賀)。

2017.2.15【総説】
味岡の総説が「生体の科学」(68巻1号:[特集]大脳皮質ー成り立ちから機能へ)に掲載されました。
「大脳皮質の再生ー分子技術と神経発生生物学の融合によるアプローチ」

2017.1.18【総説】
味岡の総説が「バイオマテリアルー生体材料ー」(35巻1号)に掲載されました。
「中枢神経系の発生・再生研究においてバイオマテリアルの果たす役割」

2016.12.11【領域会議】
味岡がさきがけ「分子技術と新機能創出」研究領域の第9回領域会議で発表をしました(焼津)。

2016.12.1【フォーラム発表】
味岡が第39回日本分子生物学会年会でフォーラム発表しました(横浜)。

2016.11.21【シンポジウム発表・ポスター発表】
味岡が日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016でシンポジウム発表とポスター発表しました(福岡)。

2016.11.13【ポスター発表】
味岡がNeuroscience 2016でポスター発表しました(米国・サンディエゴ)。

2016.9.26【ポスター発表】
味岡がFourth International RB Meetingでポスター発表しました(米国・オハイオ)。

2016.9.16【著書】
味岡が分担執筆した著書「細胞社会学」(コロナ社)(3章7節・中枢神経を担当)が発行されました。

2016.9.10【ポスター発表】
味岡が第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学大会・合同年会でポスター発表しました(福岡)。

2016.8.29【ポスター発表】
味岡が第14回APSN(Asian-Pacific Society for Neurochemistry)大会でポスター発表しました(マレーシア・クアラルンプール)。

2016.8.26【招待講演】
味岡がAPSN-ISN Neuroscience School 2016で講演しました(マレーシア・セランゴール)。

2016.8.24【招待講演】
味岡がUniversiti Sains Malasiaで講演しました(マレーシア・ペナン)。

2016.8.5【ポスター発表】
味岡がSDB 75th Annual Meeting / ISD 19th International Conferenceでポスター発表しました(米国・ボストン)。

2016.7.20【ポスター発表】
味岡が第39回日本神経科学大会でポスター発表しました(横浜)。

2016.7.3【領域会議】
味岡がさきがけ「分子技術と新機能創出」研究領域の第8回領域会議で発表をしました(東京)。