ブレストセンター

ブレストセンター

センター長 ごあいさつ

「乳がん」は女性が罹患するがんの第1位です。「ブレストセンター」は乳腺外科、形成外科、放射線診断科、放射線治療科、病理部と連携し、最善かつ最新の「乳がん」治療を提供致します。乳腺腫瘍精査の初診の患者さんから、以前手術を受けられて乳房再建を希望される方、がん治療に並行して妊娠出産を望まれる方、再発治療でお困りの方など、当ブレストセンターでは、様々な背景をお持ちの患者さんに、最適な治療を、迅速に提供することをお約束します。
ブレストセンター長 中川 剛士

専門分野

乳腺腫瘍治療全般(主に乳癌治療)

専用ホームページ

概要

ブレストセンターは乳癌治療の効率化を図るために設立されました。本センターは、乳腺外科、形成外科、放射線診断科、放射線治療科、病理部、乳がん看護認定看護師で構成され、周産女性診療科、遺伝子診療科、がんゲノム診療科、腫瘍センターとの連携も強化しました。ブレストセンターとして、乳腺外科と形成外科は同じエリアで外来を行い、受診の利便性を向上させました。定期的に、手術症例及び再発症例対象のカンファレンスを開催し、各診療科、医療スタッフの意見を集約し、治療に取り組んでいます。

問い合わせ先

03-5803-5924(ブレストセンター外来)