グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > トップページニュース  > 武部貴則教授(統合研究機構)がアメリカ国立衛生研究所(NIH)の2020年NIH Director's New Innovator Awardを受賞

武部貴則教授(統合研究機構)がアメリカ国立衛生研究所(NIH)の2020年NIH Director's New Innovator Awardを受賞

アメリカ国立衛生研究所(NIH)の2020年NIH Director's New Innovator Awardに、本学武部貴則教授(統合研究機構・先端医歯工学創成研究部門・創生医学コンソーシアム)が選出されました。

この賞は革新的でインパクトのあるプロジェクトを提案する創造的な研究者を支援することを目的とし、パラダイムシフトをもたらす可能性のある「革新的な」研究に焦点を当てています。

武部教授は米国における53名の受賞者の中の1人として受賞されました。

この受賞は「Engineering Multi-Organs in a Dish」に関するプロジェクトが評価されたものです。

武部教授は米国のシンシナティ小児病院幹細胞・オルガノイド医学センター副センター長も兼ねており、最近では「ポリジェニックリスクスコアで、薬剤性肝障害の感受性を規定する」が国際科学誌 Nature Medicineで発表されています。

関連情報

【2020年 受賞者一覧】
https://commonfund.nih.gov/newinnovator/AwardRecipients

【NIH Director's New Innovator Award】
https://commonfund.nih.gov/newinnovator

【シンシナティ小児病院での紹介記事】
https://scienceblog.cincinnatichildrens.org/takebe-receives-nih-new-innovator-award/