グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > トップページニュース  > 東京医科歯科大学は最高のS評価。平成29年度に採択された「データ関連人材育成プログラム」の中間評価

東京医科歯科大学は最高のS評価。平成29年度に採択された「データ関連人材育成プログラム」の中間評価

先日、文部科学省から、科学技術人材育成費補助事業「データ関連人材育成プログラム」の中間評価結果が発表され、東京医科歯科大学は最高のS評価を受けました。

 中間評価は主に「事業の進捗状況」、「高度データ関連人材の育成」、「実施体制の構築」、「今後の進め方」、「進展計画」の五つの観点から実施され、その全ての評価項目でS評価という非常に高い評価となりました。
 連携機関をはじめ、「データ関連人材育成プログラム」の推進にご尽力いただきました皆さまには、深く感謝を申し上げるとともに、引き続き当事業へのご協力をよろしくお願いいたします。


中間評価の詳細はこちら

「データ関連人材育成プログラム」Webページはこちら