グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > トップページニュース  > 東京医科歯科大学、分野別QS世界大学ランキング2015 歯学分野で日本第1位、世界第6位の高評価

東京医科歯科大学、分野別QS世界大学ランキング2015 歯学分野で日本第1位、世界第6位の高評価

PDF版(プレス用資料)はこちらから

 東京医科歯科大学は、英国の世界大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ(QS)により2015年4月29日に発表された分野別QS世界大学ランキングの歯学分野で日本第1位、
世界第6位の高評価を獲得しました。
 同ランキングの医学分野でも本学は昨年度に引き続き日本第4位、世界第101-150位の
高い評価を維持しています。

図1:QS World University Rankings by Subject

QS世界大学ランキング(QS World University Rankings)はQSが毎年発表している大学ランキングで、世界で最も広く使われている大学評価指標のひとつです。分野別ランキング(QS World University Rankings by Subject)は主要36学術分野を網羅しており、歯学分野は2015年版から新しく追加されました(図1)。

図2にあるとおり、本学は大学教員からの評価を示すAcademicの項目、雇用者からの評価を示すEmployerの項目でそれぞれ高い評価を獲得していることが分かります。

図2:分野別QS世界大学ランキングのPDF版資料
   “QS World University Rankings by Subject
    Supplement”より


本学は文部科学省の「研究大学強化促進事業」および「スーパーグローバル創成支援(タイプA:トップ型、世界大学ランキングトップ100を目指す力のある、世界レベルの教育研究を行うトップ大学)」の支援対象大学に選定されており、「知と癒しの匠を創造し、人々の幸福に貢献する」という基本理念のもと、研究力や国際競争力の強化に努めています。
本学の今後の活動にご期待ください。


世界大学ランキングに関する詳しい情報はクアクアレリ・シモンズ社のウェブサイト(英語)をご覧ください。