グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > トップページニュース  > 医学部附属病院医師の結核発病について(第2報)

医学部附属病院医師の結核発病について(第2報)

平成25年11月1日
東京医科歯科大学医学部附属病院



医学部附属病院医師の結核発病について(第2報)


 当院の医師1名が肺結核に罹患していたことが判明しましたことは、10月21日付けで当院ホームページに掲載するとともに、院内掲示いたしました。
 その後当該医師の診療状況等を調査し、当院における第一次接触者健診の対象者を決定いたしました。対象は当該医師が始期(本年5月23日と設定)以降に診療を行った科の受け持ち患者様、症状発現後に診療を行った病棟で業務を行っていた職員および入院患者様です。対象となった患者様には、文書で健診依頼を送付し、職員には感染制御部より各自に通知をいたしました。
 健診の結果を踏まえ、当院として最善の対応をとります。対象となった患者様にはご心配とご迷惑をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。



本件に関する問い合わせ先
医学部附属病院感染制御部
03-5803-5398