グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 分子病態検査学分野  > 学部教育

学部教育

講義

*病理学・病理検査学総論*
  検査技術学専攻、看護学専攻共通 2年次。
  疾病病変の共通の変化、病態の本質、その成因を系統的に学ぶ。

*病理検査学各論*
 検査技術学専攻 2年次。
 主な疾病についてその臓器変化、成因を学ぶ。
 病理標本作成法、各種染色法、細胞診、電子顕微鏡など、疾病の診断、病因・病態の解明に寄与しうるようなの技術における
 知識を習得する。

実習

*病理検査学実習*
 検査技術学専攻 2年次。
 疾病病変の臓器肉眼観察、基本的な標本の作成、各種染色法、免疫組織化学、細胞診検査などの病理学的検査法を実際に
 行い、観察、スケッチすることより理解を深める。

その他

*卒業研究*
 検査技術学専攻 4年次。
 研究の進め方から論文のまとめ方・発表の仕方まで、病理学的研究を通して研究の基本を学ぶ。

*病理検査の臨地の実習*
 検査技術学専攻 4年次。
 医学部附属病院検査部・輸血部・病理部において臨地実習を実施する。

 
 
 なお、以上の講義、実習は医学科、医学部附属病院病理部などの協力のもとに行われています。