グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研究所・図書館等  > 統合研究機構  > 先端医歯工学創成研究部門

先端医歯工学創成研究部門

本学の最重点研究領域の強化推進による研究国際拠点形成及び卓越した研究領域の融合により最先端の研究を実施する。


再生医療研究センター

再生医療の発展に寄与するための人材の育成、並びに再生
医療の開発研究と実用化研究の促進。詳しくは再生医療研究センターのウェブページをご覧ください。(別ウィンドウで開きます)


脳統合機能研究センター

各種の脳・神経系機能の統合的解明とこれに基づく新規治療法開発の推進、脳・神経疾患の克服を目指した共同研究並びに若手研究者の人材育成を行う。詳しくは脳統合機能研究センターウェブページをご覧ください。


 東京医科歯科大学に平成29年9月1日に新設された創生医学コンソーシアムは、再生医療研究の豊富な経験・実績を基に、「再生から創生へ」をキーコンセプトに、従来の再生医療から歩を進めた「創生医学」という新たなパラダイムの創出、公的機関や国内外の最先端の研究者や民間企業との連携のもと、「創生医学」の国際研究拠点の構築を目指します。
 コンソーシアムは現在学内の学部・研究所の壁を越えた9つのユニットから成り、各ユニットは創生医学の基盤技術の開発を担う「基礎・探索研究拠点」と臨床応用に向けた研究を行う「新生・応用研究拠点」を構成します。


免疫不全状態の患者に発症するウイルス感染症は、非常に難治性で致死的となる場合も多く、新しい治療法の開発が求められています。
本研究室では、難治性ウイルス感染症の新規治療法・治療薬の開発を目指してウイルス感染症の発症機構の解明、ウイルス感染モデル実験動物の開発、さらに、臨床科と共同で活性化T細胞療法をウイルス感染症治療に応用する研究を行っています。