グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 課題解決型高度医療人材養成プログラム(口腔保健学科)  > 活動報告  > 第8回日本歯科衛生教育学会で取り組みを発表しました

第8回日本歯科衛生教育学会で取り組みを発表しました

本プログラムの取り組みを、第8回日本歯科衛生教育学会で発表しました。

平成29年11月25・26日に関西女子短期大学で開催された第8回日本歯科衛生教育学会にて本プログラムの取り組みをポスター発表しました。

演題名:口腔ケア合同実習に対する医学科・歯学科学生の学び―テキストマイニングによる自由記述の分析―


今回は、医学科・歯学科3年生と口腔保健学科3年生とで実施した口腔ケア合同実習について、発表をしました。医学科・歯学科の口腔ケアに関する理解と態職種連携協働の視点について、自由記載のデータを用いて分析し発表したところ、質疑応答では、歯科衛生士養成教育関係者との活発なディスカッションが行われました。

課題解決型高度医療人材養成プログラム(口腔保健学科)