グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




キックオフイベント 開催報告

キックオフイベントを開催いたしました。

 「健康長寿に貢献する実践的チーム医療人育成」を推進すべく、東京医科歯科大学、広島大学、九州歯科大学の3大学がタッグを組みます。本事業は、各大学・実習先機関と連携し、各大学の歯科衛生士・歯科技工士養成教育の特色を活かしたチーム医療実践プログラム、チーム医療指導者養成プログラムを実施することにより多職種連携を推進する、5年計画のプログラムです。

 このような事業の幕開けとなりますキックオフイベントを、2015年3月6日(金)、東京医科歯科大学にて、開催いたしました。本イベントでは、連携事業の第一歩として関係者が一堂に会し、本事業が社会的に求められている背景や、3大学の現在の取り組み、今後の展望等について、情報を発信、共有いたしました。


開催情報

【日時】平成27年3月6日(金) 13:30~16:30
【会場】東京医科歯科大学 歯学部歯科棟南4階 特別講堂

1. 開会の辞|13:30-13:40

東京医科歯科大学
田上順次 理事・副学長

事業責任者の挨拶

東京医科歯科大学
森山啓司 歯学部長

2. 基調講演|13:40-14:40

文部科学省高等教育局医学教育課
吉光紗綾子 医療技術係長
「課題解決型医療人育成について~本事業への期待~」

東京医科歯科大学大学院
白田千代子 元教授
「多職種連携における歯科衛生士の役割」

3. 各大学の取り組み状況|14:50-16:20

東京医科歯科大学大学院口腔健康教育学分野 准教授
遠藤圭子
「実践的チーム医療人育成に向けた取り組み」

九州歯科大学口腔保健学科口腔保健管理学講座 教授
秋房住郎
「回復期病棟での食支援にかかる人材育成に向けての取り組み」

広島大学歯学部口腔健康科学科長
杉山 勝
「広島大学口腔健康科学科の取り組み」

4. 閉会の辞|16:25-16:30

広島大学歯学部
二川浩樹 副学部長

課題解決型高度医療人材養成プログラム(口腔保健学科)