グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 課題解決型高度医療人材養成プログラム(口腔保健学科)  > お知らせ  > 平成30年度 サマープログラムが開催されました

平成30年度 サマープログラムが開催されました

九州歯科大学で公開シンポジウムとサマープログラムが開催されました

9月14・15日に九州歯科大学でサマープログラムと公開シンポジウムが開催されました。
3大学から学生17名、教職員27名が参加し、特別講義、グループワークを行いました。


公開シンポジウム・特別講義Ⅰ
「口腔機能向上を支える~暮らしやすい住まいづくり~」
西工業大学デザイン学部研究センター
客員教授 竜口 隆三先生

公開シンポジウム・特別講義Ⅱ
摂食嚥下障害をその眼で見てみよう!」
九州歯科大学歯学部口腔保健学科
教授  藤井 航先生

FD・サマープログラム講義①
「地域包括医療制度に向けた多職種の動き」
園木一男先生

FD・サマープログラム講義②
「脳と摂食行動 ~脳からみた食べる~」
吉野賢一先生 

FD・サマープログラム講義3
「摂食機能と栄養状態 ~高齢者の食を選択する力を育んでいくために~」
辻澤利行先生 

FD・サマープログラム
グループワーク・発表
「チーム医療における回復期病棟患者のアセスメント~情報の整理~」 
「チーム医療における回復期病棟患者の問題明確化」

修了証授与