グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院  > ポリシー  > 大学院医歯学総合研究科

大学院医歯学総合研究科

修士課程

医学、歯学、保健学、生命理工学を中心とする多分野融合を実現した体系的な教育課程を基に、医療・生命科学領域の相互連携を図り、人類の健康と福祉に関する幅広い知識及び高い倫理観を有する医学、歯学、保健学、生命理工学分野の医療人、研究者、技術者、教育者等を養成する。
なお、医療管理政策学コースにおいては医療サービスに関わる社会的ニーズに応えるため、指導的立場で活躍する人材養成課程を基に医療管理ならびに医療政策の分野において、患者中心のより良い医療を効率的に提供できる社会システムの構築に寄与する人材を育成する。
グローバルヘルスリーダー養成コースにおいては、地球規模の保健医療の課題を解決するため、疾患予防に主眼を置き、疾患をとりまく社会的要因や保健医療システム、国民皆保険、さらに気候変動や大気汚染等の国境を越える要因を同定し対策を講じるため、1. グローバルな視点に立って人類共通の健康課題に対して効果的かつ効率的な予防戦略を立案できる人材、2. 多様な専門家と同じ目標に向かって協働でき、住民の理解を得ながら社会実装できる人材を養成する。

博士課程 医歯学専攻

医学と歯学の両分野の専門的知識を熟知し、他分野との緊密な連携により世界をリードする研究者、教育戦略を打ち立て実行できる心豊かな教育者、高い倫理観を有する研究心旺盛な高度専門医療人、そして新しい時代を開拓するオピニオンリーダーを育成する。

博士課程 生命理工医療科学専攻

生命理工学および医療科学分野に精通し、生命科学と先端医療との融合的学際分野において幅広い学識と国際的な視野を有し、高度な専門性と実践的問題発見・解決能力を持った人材、とりわけ先端的な研究遂行能力を有する研究者、卓越した学識と優れた人間性を有する教育者、世界の動向や社会の要請に応じて先端的な技術革新を実現するためのマネジメント能力を身につけ医療機関・バイオ産業界で活躍できる人材を養成する。