グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院  > 大学院保健衛生学研究科 (平成26年度より改組)

大学院保健衛生学研究科 (平成26年度より改組)

東京医科歯科大学医学部に看護学と検査技術学の2専攻から成る保健衛生学科が設置されたのは平成元年4月であり、その後平成5年4月に大学院博士前期課程が、平成7年4月には大学院博士後期課程が開設されております。

さらに平成13年4月からは、大学院保健衛生学研究科は看護学や検査学の分野ではわが国で初めて部局化(重点化)された大学院となり、大学院を中心に据えた学部・大学院の一貫教育研究体制を整え、わが国唯一の医療系総合大学として看護・医療技術系医療人の育成の中心的な役割を担っております。

そして、平成26年4月より、総合保健看護学専攻は5年一貫制博士課程「看護先進科学専攻」へと改組いたしました。また、同じく平成26年4月より、国内初である国公私立の共同教育課程である5年一貫制博士課程共同災害看護学専攻を設置し、本研究科は生体検査科学専攻とあわせて3専攻となりました。
こちらのサイトもぜひ御覧ください(医学部保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科のサイトです)
さらに、平成30年度より生体検査科学専攻は、大学院医歯学総合研究科へ改組を行ないます。
平成30年度大学院改組について)


お知らせ

特色ある教育・研究

○ 最先端・次世代研究開発プログラム(終了しました)
○ 看護職IKASHIKAキャリアパスの開発(終了しました)
○ 看護学国際人育成教育プログラム(終了しました)
○ 災害看護グローバルリーダー養成プログラム ~国内初の国公私立共同大学院~

研究科長のからのご挨拶です。


大学院保健衛生学研究科の「概要」についてご案内します。


大学院保健衛生学研究科の「組織」についてご案内します。


大学院保健衛生学研究科の「専攻」「講座」「分野」についてご案内します。


大学院保健衛生学研究科の「教育研究内容・指導教官」についてご案内します。


保健衛生学研究科の履修要項(シラバス)をご覧になれます。


大学院生の学生生活上必要な情報を掲載しております。(証明書の発行・諸手続の方法等)


検査技術学専攻の卒業生からのコメントをご覧になれます。


大学院保健衛生学研究科の「専攻」「講座」「分野」についてご案内します。