グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




概要

修士課程 医歯理工学専攻の「概要」(人材育成目標、各種ポリシー)をご案内します。


人材育成目標

医学、歯学、生命理工学を中心とする多分野融合を実現した体系的な教育課程を基に、生命科学領域の相互連携を図り、人類の健康と福祉に関する幅広い知識および高い倫理観を有する医学、歯学、生命理工学分野の教育者、研究者、技術者等を育成する。

なお、医療管理政策学コースにおいては医療サービスに関わる社会的ニーズに応えるため、指導的立場で活躍する人材養成課程を基に医療管理ならびに医療政策の分野において、患者中心のより良い医療を効率的に提供できる社会システムの構築に寄与する人材を育成する。

アドミッションポリシー

本専攻が掲げる人材育成目標に鑑みて、本専攻では協調性に富み、自分の考えを的確に表現し伝えるとことができ、入学後の修学に必要な英語力を有している者で、下記の項目のいずれかに該当する者を求める。

医科学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
歯科学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
生命理学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
生体工学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
口腔保健学を学習するのに必要な基礎知識を有し、専門知識を体系的、集中的に学びとる意欲を有している。
医療管理政策学を学習するのに必要な基礎知識又は実務経験を有し、医療管理政策の展望について自らの考えを論理的に表現することができ、さらなる専門知識を体系的・集中的に学びとる意欲を有している。

カリキュラムポリシー

医歯理工学専攻においては、人類の健康と福祉に関する幅広い知識および高い倫理観を有する教育者、研究者、技術者等を育成するため、専門分野だけでなく、医学、歯学、生命理工学を中心とした多分野融合教育を推進する。

1.早期に研究能力が修得できるカリキュラム編成としている。
2.1年次初期において医歯科学および疾病における広範な基礎的知識を修得するための科目を設置している。
3.医療倫理、安全管理を含めた、病院実習、臨地実習科目を設置している。
4.学生の進路希望に対応した学位取得を可能とするために、各々の希望に沿った履修モデルを設定している。
5.医学領域、歯学領域、口腔保健学の教育、研究、実務に従事する人材を育成するため、専門知識の修得に必要な関連科目を設置している。
6.生命理学、生体工学の教育、研究、実務に従事する人材を育成するため、専門知識の修得に必要な関連科目を設置している。
7.所属専攻分野を超えた生命科学領域の高度な専門知識の修得のため、専門の異なる複数教員による医歯工連携科目を基礎科目として設置している。
8.所属専攻分野を超えた生命科学領域の高度な専門知識の修得のため、充実した専門発展科目を選択科目として設置している。
9.所属専攻分野における高度な知識および実務能力の修得のために、演習・実習科目を設定し複数教員による指導を行う。
10.博士課程進学希望者に対して、研究を自ら立案・遂行できる能力を修得させるカリキュラム構成としている。

ディプロマポリシー

 所定の期間在学し、医歯理工学専攻の開設科目や本専攻が認めた他大学の授業科目を履修して修了要件単位数を修得し、本専攻が行う修士論文又は課題研究報告の審査および最終試験に合格した以下のいずれかの学識および実務能力を修得した者に、対応する名称の学位を授与する。

1.修士(医科学)

医学領域の教育、研究、実務に従事できる人材となっており、高度な学識および実務能力を修得している。

2.修士(歯科学)

歯学領域の教育、研究、実務に従事できる人材となっており、高度な学識および実務能力を修得している。

3.修士(理学)

生命理学領域の教育、研究、実務に従事できる人材となっており、高度な学識および実務能力を修得している。

修士(工学)

生体工学領域の教育、研究、実務に従事できる人材となっており、高度な学識および実務能力を修得している。

修士(口腔保健学)

口腔保健領域の教育、研究、実務に従事できる人材となっており、高度な学識および実務能力を修得している。