グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院  > 大学院医歯学総合研究科  > 修士課程 医歯理工保健学専攻

修士課程 医歯理工保健学専攻

平成30年度より「医歯理工学専攻」が「医歯理工保健学専攻」に改組いたします。(詳しくは,こちらをご覧ください。)
標準修業年限は2年とし、次の学位のいずれかが取得できます。修士(医科学)、修士(歯科学)、修士(口腔保健学)、修士(理学)、修士(工学)、修士(保健学)。取得できる学位は履修科目等により決まります。

なお、医歯理工保健学専攻には、医療管理政策学(MMA)コースグローバルヘルスリーダー養成(MPH)コース、先制医療学コースがあります。


修士課程 医歯理工保健学専攻の「概要」(人材育成目標、各種ポリシー)をご案内します。


修士課程 医歯理工保健学専攻の「分野構成」をご案内します。


医歯学総合研究科修士課程履修要項(シラバス)をご案内します。